生姜の収穫

横浜地方、10月12日~13日の台風19号以来、晴天が3日と続くことが
なかったのですが、ようやくここにきて晴れてきたので、プランター栽培の生姜を
抜くことにしました。

ポット苗から育てているショウガ 2019-07-03


台風19号で盛大に倒れてしまいました。

ショウガの収穫2019年1


掘ってみました。

ショウガの収穫2019年2


今年はタネ生姜を買いそびれて2株のポット苗からでした。
大身しょうがはがっつり収穫できますね(^◇^)
(実は昨日の夜お料理に生姜を使いたくて、ひとかけ分を先に抜いてしまいました。)
手前がタネしょうがなのですが、この様子だと、プランター栽培でも
うまくやれば10倍ぐらいに増えますね。

今年は、すぐ使う分以外はすべて、すりおろし、スライス、千切りにして冷凍で保存しようと
思います。
昨年の収穫物は常温保存は結局すべてダメになり、冷凍したものがお料理に
とっても役に立ちました。

来年は4月頃のタネしょうがの出回りをうっかり逃さないようにしないと(^_-)


庭であまり見かけない雑草を見つけると、名前がわかるまでわざと放置してしまう
性癖があり…(^◇^)

イヌホオズキ


クリスマスローズの鉢に、ナスっぽい葉っぱの雑草が生えてるので観察(笑)していたら、
小さな花が咲き、実もなりました。

調べてみたらナス科のイヌホオズキのようです。
緑色の実は黒に変わり、有毒のソラニンを含みます。
名前からして迷惑な雑草なんだろうなと思ったら、別名バカナスだそうです(^◇^)


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用


円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(14) 中尊寺

毛越寺から中尊寺に向かいました。

武蔵坊弁慶大墓碑

中尊寺 弁慶の墓


月見坂の入り口付近、松の木の下の弁慶の墓。
奥に見えるのが五輪塔です。
「色かへぬ 松のあるじや 武蔵坊」 素鳥

中尊寺入口

中尊寺 入り口


有名な月見坂が始まりました。

中尊寺 月見坂


八幡堂

中尊寺 八幡堂


緑あふれる参道です。

弁慶堂

中尊寺 弁慶堂


文政10年(1827)再建。
ご本尊は火伏の神として勝軍地蔵菩薩を祀ります。
愛宕宮と称していましたが、明治以降は弁慶堂と呼ばれるようになりました。
義経と弁慶の木造を安置します。

中尊寺では13種類ぐらいの御朱印がいただけるそうですが…。
弁慶堂の御朱印です。

中尊寺 弁慶堂 御朱印


東物見

中尊寺 東物見


弁慶堂向かいの展望所から、束稲山、北上川、衣川が眺望できます。

地蔵堂

中尊寺 地蔵堂


薬師堂

中尊寺 薬師堂


小さなお堂が続きます。

本坊表門

中尊寺 本坊表門


本堂

中尊寺 本堂


天台宗東北大本山 関山中尊寺は嘉祥3年(850)慈覚大師円仁によって開創。
奥州藤原氏初代清衡は前九年・後三年合戦で亡くなった人々の霊を敵味方の別なく慰め、
仏国土を建設しようと、大規模な堂塔の造営を行いました。

中尊寺は山全体の総称で、本寺である中尊寺と山内17ヶ院の支院で構成されます。

現在の本堂は明治42年に再建。
本尊は丈六の釈迦如来坐像で、清衡が「丈六皆金色の釈迦如来」を安置したことにならい、
平成25年に現在の仏像が開眼、安置されました。
黄金に輝く立派なお釈迦様で、転法輪印を結んでいます。
本尊の両脇には延暦寺から分燈された「不滅の法灯」が護持されています。

本堂の御朱印をいただきました。

中尊寺 本堂 御朱印


そして、四寺回廊の御朱印帳には「佛」の印をいただき、四寺回廊結願です!

四寺回廊 御朱印


「仏法僧宝」の四文字が集まりました。

さらに…

中尊寺 四寺回廊結願の色紙


結願の記念に、「尊」の字の色紙です。
今回の巡礼、ミッションコンプリートです\(^o^)/

不動堂

中尊寺 不動堂


峯薬師堂

中尊寺 峯薬師堂


讃衡蔵(さんこうぞう)に安置されている丈六の薬師如来は、もとはこの堂の
本尊でした。

目の病にめちゃめちゃご利益ありそうです(^◇^)

中尊寺 峯薬師堂2


鐘楼

中尊寺 鐘楼


康永二年(1343)鋳造の梵鐘。
銘文には建武四年(1337)、山内の堂塔が火災により焼失したことが刻まれています。

讃衡蔵(さんこうぞう)という宝物館で金色堂・讃衡蔵の拝観券を購入するのですが、
レンタカー返却の時間も迫っており、まずは金色堂へ。

中尊寺 金色堂


天治元年(1124)造立の金色堂は国宝建造物第1号で、現存する唯一の創建遺構です。
テレビで再三見てきた金色堂が目の前に…。
究極の極楽浄土とはこういうことか、と。

本尊阿弥陀如来の脇侍に観音・勢至、地蔵菩薩が左右に3体ずつ、最前列に持国天・増長天。
この構成は金色堂独特のものです。
そして荘厳(しょうごん)は、螺鈿や蒔絵、透かし彫り金具など、平安仏教美術の集大成と
なっています。

中央の須弥壇には初代清衡、向かって左の壇に二代基衡、右の壇に三代秀衡のご遺体と
四代泰衡の首級が納められています。
親子四代のご遺体の存在は世界にもほかに例がないということです。

金色堂で御朱印をいただきました。

中尊寺 金色堂 御朱印


芭蕉句碑

中尊寺 芭蕉句碑


「五月雨の 降り残してや 光堂」

旧覆堂(重文)

中尊寺 旧覆堂1


現在の覆堂(1965年)ができるまで、金色堂を風雪から守るために、正応元年(1288)
鎌倉幕府によって建てられたと伝わります。
近年の調査では、金色堂は建立50年ほどで簡素な覆屋根がかけられ、
何度かの増改築を経て、この覆堂に至ったようです。

中尊寺 旧覆堂2


白山神社と能楽堂

中尊寺 白山神社と能楽堂


白山神社は中尊寺の北方を鎮守するため、慈覚大師が勧請しました。
その境内にある能楽堂(重文)は伊達藩の再建。
毎年5月4日、5日に古実舞(古実式三番)と神事能が中尊寺一山の僧侶によって
奉納されます。

讃衡蔵(さんこうぞう)

中尊寺 讃衡蔵


三千点を超える、国宝・重要文化財を収蔵します。
入ってすぐに三体の丈六仏。
中央は本堂の前のご本尊の阿弥陀如来、右は峯薬師堂の前のご本尊の薬師如来、
左は旧閼伽堂の薬師如来で、すべて重要文化財。

…と最後は急ぎ足になりましたが、3泊4日・四寺回廊を中心に東北を巡る旅、
無事結願もでき、充実の巡礼となりました。


(8月29日参拝)


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
生姜の収穫 2019/11/06
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(14) 中尊寺 2019/10/04
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(13) 毛越寺 2019/10/02
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(12) 厳美渓の郭公だんご 2019/08/29
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(11) 骨寺村荘園遺跡 2019/08/29
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(10) 達谷窟毘沙門堂 2019/08/28
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR