上野の森に残る江戸 上野東照宮

東京国立博物館のついでに上野東照宮へ。

上野東照宮1


もっと奥まったところにあるのかと思っていたのですが、噴水池を抜けたら
すぐでした。

上野公園のほぼ全域が寛永寺(ブログ記事)の旧境内で、最盛期は今の上野公園の
2倍の面積だったそうで、その繁栄ぶりが偲ばれます。

上野東照宮の現在の御祭神は徳川家康(東照大権現)、吉宗、慶喜です。
家康危篤の病床に招かれ、駿府城にいた津藩主藤堂高虎と天台宗僧侶天海僧正は、
三人一処に末永く鎮まる所を作って欲しいと遺言されました。
天海僧正は高虎の屋敷地であった上野に東叡山寛永寺を開山、寛永4年(1627)に
寛永寺境内に創建された東照社が上野東照宮の始まりで、
正保3年(1646)朝廷より正式に東照宮という宮号を授けられました。
現在の社殿は慶安4年(1651)三代家光により造営替えされたものです。

関東大震災でも傾かなかったという大石鳥居を抜けると表参道。

上野東照宮2


現在の社殿の造営の年(1651)に諸大名から奉納された約200基の石灯籠。
壮観です。

上野東照宮 五重塔


五重塔(国重文)は明治の神仏分離で寛永寺に譲渡され、現在は東京都の管理下、
上野動物園内にあります。

神楽殿

上野東照宮 神楽殿


明治7年、深川木場組合の奉納。

狛犬の石工、酒井八右衛門寄進の鈴

上野東照宮 鈴


とっても大きな鈴です。
明治7年の寄進で、昭和30年頃、この水屋につけられました。

銅灯籠(国重文)

上野東照宮 銅灯籠


寛永慶安年間に諸大名が奉納した48基です。

狛犬、唐門、拝殿

上野東照宮 3


狛犬は大きな鈴を奉納した、井亀泉(せいきせん)の名で江戸三大石匠の酒井八右衛門の作。

上野東照宮 狛犬


東照宮にふさわしいマッチョな狛犬です。

唐門

上野東照宮 唐門1


慶安4年(1651)造営、国重文。

唐門両側の6基の銅灯籠は内側より紀伊、水戸、尾張の徳川御三家から2基ずつ
寄進されたものです。

上野東照宮 唐門2


昇り龍、降り龍の彫刻は左甚五郎作。

上野東照宮 唐門3


拝観料を納めると唐門の向こう側へ入ることができます。
なにせ初めてなもので行ってみます(*^^*)

上野東照宮4


透塀(すきべい)が社殿をぐるりと取り囲んでいますが、規模としては日光東照宮とは
比較にならないほど小さいですね。

慶安4年(1651)造営の透塀には生き物(上段には野山の動物・植物、下段には
海川の動物)の彫刻が極彩色で施されています。

生き物が「つがい」で彫刻されていて、意外な生き物もいたりして、とても微笑ましいです。

上野東照宮 透塀2



上野東照宮 透塀1



上野東照宮 透塀3


こんな「つがい」(!)も(^◇^)

上野東照宮 透塀4



大楠

日光東照宮 大楠


樹齢600年以上、高さ25m、幹の太さ8m、上野公園一を誇るご神木です。

モデルさんかバービー人形か(!)と思うような美しい外国人女性が、
"It's beautiful..."と話しかけてこられ、よほど心を動かされるものを
感じられたのでしょう。

透塀の突き当りのところにある栄誉権現社。

上野東照宮 栄誉権現社1


「栄誉権現」ってどなた?って思ったら・・・

上野東照宮 栄誉権現社2


御狸様です(^◇^)
江戸時代、大奥などで災いをもたらし、大正年間に東照宮に寄贈されて以来、災いが
なくなったそうです。
「他を抜く」たぬきから、受験、就職、必勝祈願の神様として信仰されています。

透塀の中へと入ります。

社殿(1651年造営、国重文)

上野東照宮 社殿


金色殿とも呼ばれる、まばゆいばかりの社殿です!
カメラがどう調節していいのかとまどうようで(笑)、なかなか綺麗な金色が出ないです。

左手が奥側の本殿で、幣殿、拝殿と3つの部屋で構成された権現造りとなっています。

表参道側へ回ってみます。

拝殿

上野東照宮 拝殿


まぶしー!

唐門も・・・

上野東照宮 唐門4


社殿側からは間近で拝見することができます。

上野東照宮 唐門3


御朱印をいただきました。

上野東照宮 御朱印


創建当初の御祭神「東照神君、天海僧正、藤堂高虎」の印が押されています。

上野東照宮にはぼたん苑があり、冬ぼたん、春のぼたん祭り、秋のダリアも楽しめます。


(11月8日参拝)


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」展@東京国立博物館

東博に行ってきました。

京都・大報恩寺(だいほうおんじ)、通称千本釈迦堂。
(大報恩寺って聞いたら、どこ?って思いますよね。)

大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」展2


京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」(HP

千本釈迦堂 大報恩寺は残念ながらまだ参拝できていないのですが、鎌倉時代初期の
安貞元年(1227)に義空上人により開創されました。
本堂(釈迦堂)には応仁の乱の際の刀傷がたくさん残っているということですが、
その応仁の乱でも奇跡的に焼失を免れて、京都市内最古の建造物として国宝に
指定されています。

今回の展示の見どころは、慶派仏師の快慶、定慶(じょうけい)、行快(ぎょうかい)による
仏像群です。

大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」展1


快慶の弟子・行快作の秘仏本尊、釈迦如来坐像(重文)が寺外初公開。
快慶作の十大弟子立像(重文)や大きな六観音菩薩像(重文)は運慶の弟子の
肥後定慶作。




平成館、マルセル・デュシャン展と半々の面積ながら、仏像ファン大満足の展示でした!
会期後半(10月30日)からは、六観音菩薩像は光背が取り外され、後ろ姿までまるっと
拝見することができました。

六観音のうち一番最後の聖観音像は撮影可能となっていて、やはり撮影する方が多く。

大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」展3


素敵!

たまにフラッシュを光らせてしまう方がいらして、係の方が大変そうでした。
仏像はガラスケースや柵もなく、間近で拝見することができ、それは係員の方の監視と
入場者の自主的なマナーにより可能となっているのでしょう。
規制がまたきつくならないよう観覧マナーには気を付けましょうね。

興味のある展示になると美術館は疲れます。
初めて、平成館ラウンジの鶴屋吉信のカフェを利用しました。

小さなお弁当やあんみつ、アイスクリーム、あんトーストなどもあって、どれも
おいしそうなのですが、鶴屋吉信の代表的な和菓子が個包装で販売されています。

大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」展4



「つばらつばら」にしました。
大報恩寺展に合わせてなのでしょう、「おかめ」が押されています!
かわいい!
千本釈迦堂にはおかめの悲話からおかめ塚が建てられ、おかめ信仰の発祥と
なったのですね。
コーヒーももぐまま好みのこくがあってとってもおいしかったです(*^^*)

(11月8日)



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術


プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
上野の森に残る江戸 上野東照宮 2018/11/17
京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」展@東京国立博物館 2018/11/09
茅ヶ崎をブラタモリ 2018/11/01
「花と鳥のエデン」小原古邨展@茅ヶ崎市美術館 2018/10/31
秩父・横瀬町 寺坂棚田の彼岸花(2) 2018/10/10
再び参拝 秩父観音 第25番 彼岸花の久昌寺 2018/10/08
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR