京都散策 錦市場

関西に戻ったら、京都に行くのをとても楽しみにしていました。

本日、さっそく京都へ。
暑くなりそうな気配だったので、日焼け止め、帽子、サングラスで
完全防備。
阪急電車で烏丸に向かいます。

さあ、京都に着いたぞ、と思ったら
何やら怪しげな雲行き。
ぱらぱら雨粒も落ちてきます。

まあ、これぐらいなら大丈夫でしょう。

歩いて到着したのは錦市場です。

錦市場1


「京都の台所」、錦市場。
魚屋さん、京野菜を並べる八百屋さん、お漬物屋さん、
天ぷら(関東で言うところのさつまあげ)屋さん、卵焼き屋さん、
おばんざい(お惣菜)屋さん・・・
ありとあらゆる京都らしい生鮮食品が並びます。
130店舗もあるそうです。

賑やかな焼き魚屋さん。

錦市場2


京都といえばお漬物も名物ですね。

錦市場4


店頭で調合して販売している七味屋さん。

錦市場5


ここの和食器のお店も、京都らしい雰囲気の陶器が並んでいますね!

錦市場7


魚屋さんで一口サイズのあなごやうなぎや「はも」のお寿司を売っていたり、
天ぷら屋さんでは、串に刺したおでんみたいなのを売っていたり、
揚げたてフライに生ビール、買ってその場で食べられるものもたくさん!

私はたこ焼きを食べました(*^_^*)
関東にはない関西の青ねぎてんこ盛りのたこ焼きや~ん!

錦市場3


さてと、おなかも膨れたところで
今回の目的地へ・・・向かおうとしたら
雨が本格的に。
それが、本格的どころか、あともう少しで目的地というところで
バケツをひっくり返したような状態に。
私、完璧に日よけ対策して来たんですけど。
写真を撮るので傘持ってなかったんですけど・・・。

慌ててとあるマンションの駐輪場へ避難させていただく。
雷もひどくて、ああ~、今のどこかに落ちたよ~、みたいな。
傘を持って歩いているかたもびしょ濡れです。

お向かいに自転車やさん。
すさまじい豪雨。

錦市場6


民家の雨どいから、噴水のように水が噴き出していました。

本当に行けるのか?目的地。
もうほんのすぐそば。自転車屋さんの軒に
案内の看板が出ています。


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

洛陽三十三所観音 第1番札所 六角堂頂法寺

突然の雷雨の中、どうにかたどり着いたのが
洛陽三十三所観音巡礼、第一番札所の六角堂頂法寺。

六角堂1


洛陽三十三所観音巡礼は、西国三十三所巡礼が広域で巡礼が困難だと、
それに代わるものとして、平安時代末期に後白河天皇が定めたのが
起源とされるそうです。

そうなんですよ、西国巡礼を調べたら、発願をしたい第一番からして
那智勝浦の青岸渡寺で、いきなり最難関。
ちょっと気持ちが折れました。
そしたら、京都にも観音巡りがあるのがわかり
大阪に帰省した折には、ぜひお参りを始めたいと思いました。

六角堂2


その第一番札所が紫雲山頂法寺です。
本堂が六角形の屋根になっており、「六角さん」として
親しまれているそうです。

傘もなく到着できたのはよかったのですが
またばらばら雨が降り出してきて・・・。

まずはお参り。
開基は聖徳太子(!)で、ご本尊は聖徳太子の持仏といわれる
如意輪観音菩薩です。

嵯峨天皇が境内で美女に出会い、妃に迎えたという伝説にちなみ
縁結びのご利益があるといわれています。
参拝者が引いたおみくじは、「地ずりの柳」に結びつけられます。
みごとな柳ですよね!

その柳のそばには六角形の礎石があり
この場所が、京都の中心にあたるとされてきたことから
「へそ石」とも呼ばれるそうです。

六角堂5


雨に濡れる柳や礎石は美しいのですが、雨、やみません・・・。
お寺の境内をいろいろ見て回りたかったのですが
先に納経所へ。

六角堂6

(茶所のテーブルにて)

洛陽三十三所観音専用の御朱印帳を求め、
同じ建物内にある売店で、きれいな鳳凰柄の御朱印袋も
見つけてしまい、買ってしまいました。
あとねー、お数珠を持ってくるのを忘れちゃって
ちょっと買うかどうしようか悩んだんですが、
ブレスレットタイプの(恐らく紫檀と赤いめのうでできた)
「六角堂」の文字と「ご本尊の種字(梵字)」入りのご祈祷済み
お数珠もいただきました。
これをつけていれば、いちいちバッグがらお数珠を取り出す必要が
なくなりますし(*^_^*)
いや~ん、ますます巡礼にミーハーですわ(笑)。
よく見かけるみやげものに加え、かわいらしいお寺オリジナルの鳩グッズなどもあり、
(境内にたくさんの鳩がおり、鳩の餌も売られていて、鳩はお寺のシンボルのようです)
煩悩をコントロールするのが難しい納経所兼茶所売店です(*^_^*)

御朱印をいただきました。

六角堂8


解説付きの専用御朱印帳となっております。
いい字ですね!
それから、洛陽観音巡り用の納め札は販売されていないそうです。
六角堂は西国巡礼の十八番札所でもあり、白衣に菅笠、長い杖をついた
本格的な巡礼者も時々いらっしゃり、ちょっとびっくりしました。

雨の様子を伺いつつ、境内散策。

庭園の十六羅漢と邪気、合掌地蔵さま

六角堂3


六角堂4


聖徳太子をお祀りする太子堂と太子沐浴の池跡

六角堂10


この池のほとりに小野妹子を始祖とする住持の寺坊が
あったことから「池坊」と呼ばれ、
この池坊代々の執行により、いけばなが完成されたそうです。
六角堂はいけばな発祥の地なんですね。

雨はまだ上がりません。しかし、傘がない~。
それで、隣接する"WEST18"というビルに行きました。

展望エレベーターというシースルーのエレベーターがあって
展望台はないのですが、中から六角堂を上から眺めることができます。

六角堂9


これが六角堂の六角の屋根。
展望エレベーター、ガイドブックにはないかもしれませんが
上から眺めるのもお勧めします(*^_^*)

この後もお寺巡りをしたかったので、"WEST18"の1階にある
スターバックスでしばし雨宿り。

六角堂11


こんな素敵な眺めのスタバ、なかなかないですよね(*^_^*)
カフェラテとドーナツで、雨の京都もまたいいな~、と。

結局、雨は上がらず。
"WEST18"からすぐのところにバス停があり
お寺巡りはあきらめて戻ることにしました。

土曜、休日限定の100円循環バスというのがあるのですね。
知りませんでした。
(祇園祭期間中は交通規制のため運休あり。)
傘がなくても河原町まで出ることができ助かりました。

六角堂7


河原町の繁華街はもう祇園祭の盛り上がりで
とても賑わっていました。
雨でも楽しい京都の一日でした。


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
岩手復興支援でグルメ満載!「大船 to 大船渡」 2017/09/24
田んぼの土からキモかわいい生物発生!ホウネンエビ 2017/09/22
「月百姿」月岡芳年@太田記念美術館 2017/09/18
名作お寺番組再放送『古都浪漫こころ寺巡り』 2017/09/09
浄土庭園構想・・・ 2017/09/03
ハスの鉢増し、そしてこれからの庭作り 2017/09/02
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR