鷺の楽園? 坂東観音第5番 勝福寺

もぐぱぱ、もぐ娘と共にドライブ。
久しぶりの坂東三十三観音巡礼(もぐままは2巡目)へ。
もぐ娘が坂東デビューしているのでね(*^_^*)

お昼をとっくに回ってから出掛けたので混雑もなく
横浜から50分で小田原市飯泉にある坂東三十三観音第五番
勝福寺(しょうふくじ)飯泉(いいずみ)観音に到着。

仁王門

坂東 勝福寺1


2014年5月24日の様子

お寺にまつわる伝承として、日本三大仇討ちの一つ、「曽我物語」の主人公、
曽我十郎、曽我五郎兄弟が、仇討祈願のために日参し、
仁王門の仁王像から、五郎が百人力、十郎が十人力を授かり、
富士の裾野で仇討ちに成功したそうです。

仁王門を入ってすぐ左手に、「坂東五番」の標石と石仏群。

坂東 勝福寺2 坂東 勝福寺3


右のほうの石碑には『奉納 修行大師御足下 西国坂東秩父 百霊場御土砂』
と刻んであり・・・

坂東 勝福寺4


こちらの弘法大師像の下には百霊場の砂が埋めてあると思われます。

勝福寺の青銅水鉢

坂東 勝福寺 青銅水鉢


青銅、龍頭舟の形で船尾に十一面観音坐像。
水鉢には銘文が刻まれていて、それによると、
作者は江戸神田の鋳物師小沼播磨守藤原正永とあり
江戸時代の宝永元年(1704)七月と記してあります。

勝福寺の銅鐘

坂東 勝福寺 銅鐘


参拝の作法としては、手水舎で手と口を清めた後、
鐘をついてよいところでは鐘をつきます。
巡礼にも慣れてくると、鐘楼があると、つけるかどうか
必ず確認するようになりました(笑)。
ついてもいいようだったので、それぞれ鐘をつきました。
なお、参拝後に鐘をつくと、「出鐘」といって、
参拝の功徳が消えてしまうそうですよ(*^ ^)b

勝福寺の銅鐘は、青銅製の和鐘で、銘文より
江戸時代初期の寛永6年(1629)小田原の鋳物師
青木源右衛門が作りました。
小田原の鋳物業は、戦国時代に北条氏から庇護を受け、
関東の鋳物業の中心であったそうです。
江戸時代になってからも鋳物は栄え、山田、長谷川、青木家から
名工が生まれ、この梵鐘もそのひとつだそうです。

金堂(観音堂)

坂東 勝福寺5


宝永3年(1706年)に再建。
勝福寺は真言宗東寺派で、奈良時代、神護元年(765)の創建。
唐の高僧、鑑真和上の招来した十一面観音をお祀りしています。
鑑真和上は観音像を孝謙天皇に献上、その後、弓削道鏡(ゆげのどうきょう)に
下賜されました。
道鏡が下野国薬師寺戒壇院再興のため東へ下る途中、
足柄郡千代の里のあたりで観音像が急に重くなり進めず、
そこに一宇を建て、観音像を祀ったのが始まりだそうです。
その66年後に現在の場所に移されたそうですが、
4kmほど離れたその地から優秀な天平の瓦が出土しています。

観音堂外陣

坂東 勝福寺 本堂外陣


極彩色の欄間彫刻は見ものです!
前回は御簾が降りていてお前立ち観音が見えなかったのですが、
今回はちょっとすき間が開けてあり、お前立十一面観音像が見られました。
内陣への扉が開けられるようになっているので、どうやら内陣で拝観も
可能なようでしたが、外陣から拝見できたので入りませんでした。
お前立ちの背後には、33年に一度ご開帳されるご本尊の厨子があり、
ご本尊は像高2尺8寸(約85cm)の素木造りで、眼や唇以外は彩色されて
いないそうです。

かながわの名木100選、勝福寺の大イチョウ(神奈川県指定天然記念物)

坂東 勝福寺 大イチョウ


落葉した状態はなおさらその大きさを感じさせますね。

この大きなイチョウの脇にも背の高い巨木が何本もあるのですが、
木の上に大きな鳥が多数見えて、
「ギャーッ!ギャーッ!・・・」
ってまるで動物園にいるかのような大声が聞こえるのです。

もぐぱぱカメラがキャッチしていました。

坂東 勝福寺 アオサギ2 坂東 勝福寺 アオサギ1


画像検索で調べたところ、これはアオサギのようですね。
近くを流れる酒匂川に生息しているのでしょう。
アオサギは集団営巣して繁殖するそうで、これをコロニー、
俗にサギ山というそうです。
お寺は鳥にとっても安全な安らぎの場所であるのでしょうね(*^_^*)

水向十三佛

坂東 勝福寺 水向十三佛


前回訪れた時も、この仏様たちはどういう存在なのだろうと思っていたのですが、
観音堂に経木が置いてあり、それに願い事を書いて、こちらに奉納し、
仏様にお水を掛けてお祈りするとよいようですね。

御朱印をいただきました。

坂東 勝福寺 御朱印


うーむ、飯泉観音 勝福寺、深いなぁ。
今は西国をメインに回っていますが、坂東のお寺は
西国の大寺とはまた違う味わいや歴史、渋さ(笑)があるんですよね。
いいなぁ(*´-`)

本坊(納経所)の脇には瀟洒な庭園があり、紅白の梅が咲いていました。

坂東 勝福寺 庭園


境内のいたるところに札所番の入った石仏が並んでいるのですが、
真言宗のお寺なので、四国八十八箇所巡りになっているようです。


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

もうすぐ満開!鎌倉・大町 安養院のオオムラサキツツジ

鎌倉三十三観音巡り、材木座方面に向かう前に、
大町の安養院(あんよういん)へ、オオムラサキツツジを見るために
拝観しました。

もぐまま、GW中のお勧めルートとして、
この大町方面をご紹介したのですが・・・

混雑回避、GW中の鎌倉観光

申し訳ございません<(_ _)>
別願寺の藤は完全に終了しておりました^_^;

そこで安養院!
通り沿いは結構赤いです!

2015安養院オオムラサキツツジ1


まず、安養院のツツジは、身の回りで咲いているツツジより
ちょっと時期が遅いように思います。
そして、通り沿いのツツジは、これだけ大きな株なので、
一部ではお花が終わり、頂上付近はまだつぼみが多い、
といったところでした。

また、以前から感じていること・・・
鎌倉市役所さんに申し上げたいのですが、
標識やミラーは安全のために必要だとは思いますが(警察の管轄でしょうが)
このおびただしい数の電線はどうにかならないでしょうか。
写真撮影のお好きなかたはみなさんご苦労なさっていると思いますヾ(・ω・`;)ノ
この素晴らしいロケーションを電線が台無しにするという・・・
世界遺産登録のためにはこういうところの配慮も必要なのではないでしょうか。

安養院正面です。

2015安養院オオムラサキツツジ2


多少まだつぼみがありますね。

山門側に回ってみます。

2015安養院オオムラサキツツジ4


うーむ、ちょっとまだ満開とは言い難いですね。
2013年5月6日には満開のツツジを見ることができました。
こちらは2014年5月14日の、少しピークは過ぎていますが、まだ美しいツツジです。

花時ってなかなか微妙なものですね^_^;

本堂前です。

2015安養院オオムラサキツツジ5


美しいです。
お参りをして、本堂脇から裏に回ってみます。

2015安養院オオムラサキツツジ7


ここ、もぐままお気に入りの撮影スポットです♪
ガラスに映り込むツツジが好きなんです。

石仏と石塔が並んでいるところの手前から。

2015安養院オオムラサキツツジ3


本堂裏。
暗く陰になっているところには北条政子の供養塔があります。
真ん中に見えているのは、安養院の以前にあった善導寺を開山した
尊観上人の供養塔。

2015安養院オオムラサキツツジ6


お昼を過ぎると、とてもいいお天気になりました。

2015安養院オオムラサキツツジ8


こちらでは、坂東三十三観音(2巡目)の御朱印をいただきました。

坂東3番 安養院 御朱印


坂東観音第3番 安養院

安養院さんでは、12時から1時までお昼休憩を取られますので
基本的には御朱印はいただけません。
GW中はお参りが多いので、特別にいただいていたかたもあったようです。
また、御朱印帳を持参していないと書いていただけません
(紙での対応はありません)ので
ご注意くださいね。


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
快慶作の文殊菩薩 安倍仲麻呂と安倍晴明ゆかりの寺 安倍文殊院 2017/07/19
桜井遺跡散策 メスリ山古墳から安倍寺跡へ 2017/07/14
天平のイケメン仏像 国宝十一面観音 聖林寺 2017/07/12
秘仏・談峰如意輪観音の特別公開 談山神社(4) 2017/07/05
大阪 都島神社の大祓式 2017/06/30
期間限定御朱印と紅葉おみくじ 談山神社(3) 2017/06/28
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR