京都 都七福神まいり

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

大阪に帰省中で、京都へ初詣。
2017年に始めたものの途中になっていた「都七福神まいり」。
これまでに3つの札所を巡り、今日は松ヶ崎大黒天、赤山禅院の福禄寿、
革堂行願寺の寿老人を参拝しました。

都七福神 六波羅蜜寺の弁財天
都七福神巡り 京都・ゑびす神社のゑびす神
まるで中国 金ぴか布袋様がお出迎え 都七福神 萬福寺(1)
時を知らせる雲版と開梆(かいぱん) 都七福神 萬福寺(2)
羅怙羅(らごら)尊者の顔出しパネル 都七福神 萬福寺(3)


松ヶ崎大黒天は正式には松崎山妙円寺という日蓮宗のお寺で、
元和2年(1616)の建立です。

20200104102630894.jpg


参詣道は住宅地から山に向かって続いているのですが、
背後の山は五山の送り火で、「妙法」の「法」の字の送り火になるそうです。

予想通り神仏習合感の強い寺院でした。
大黒堂に祀られる大黒天は、伝教大師の作で、日蓮聖人が比叡山で修業中に
開眼したと伝わります。

年の初めの運試し、おみくじを引いたら「大吉」でした^^

境内には「大黒天そば」のお店があり、ご縁日の日などに開くそうです。

ここから赤山禅院に向かうのですが、バスといってもごく短距離のつなぎで、
バス便も少なく、結局徒歩で30分ほどかかってたどり着きました。

20200104104758eef.jpg


巨大なお数珠に願掛け巨大巡拝 京都 赤山禅院(1)
京都 都七福神の福禄寿 赤山禅院(2)


比叡山の麓で空気もかなりひんやり。

もう一つ回れそうだったので革堂行願寺へ。

20200104105913de8.jpg


西国唯一の尼寺 西国三十三所 第19番 革堂行願寺


都七福神まいりは札所がバラバラに点在していて、とても巡りにくいのですが
残す札所は東寺の毘沙門天のみとなりました(*^_^*)


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデン(マンション)へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


声明の声と同調し音が聞こえなくなった 京都大原 音無の滝

京都大原、来迎院から音無(おとなし)の滝に向かいます。

来迎院のある山は魚山(ぎょざん)と呼ばれますが、標識によると、
中国の山東省にある声明(仏教の儀式音楽)の聖地魚山に、この辺り
一帯が似ていることから名づけられた、ということです。

ここは大尾山(だいびさん)への登山口なんですね。

音無の滝1


律川に架かる一本橋が見えるんですけど…。

音無の滝2


ひぇ~~

音無の滝3


まじ、こぇええ~~(;´・ω・`)

よっしゃ、もう少し。

音無の滝4



音無の滝5



音無の滝6


見えました。

音無の滝7



音無の滝8


豪快、っていうほどではないですが、れっきとした滝です!
やっぱりを足を延ばしてよかった(*^_^*)

来迎院の聖応(しょうおう)大師良忍(りょうにん)はこの滝に向かって声明の修行をし、
初めは声明の声が滝の音に消されていたが、滝の音と声明の声が同調するようになり、
ついに滝の音が無くなって、声明の声だけが聞こえたといいます。

短いビデオを撮ったので、声明の声と競った滝の音をお聞きください(^^)




帰り道、三千院の参道で、しば漬けとすぐきを買い、しそソフトを食べました(*´`)



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデン(マンション)へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


天台声明の修行道場 京都大原 来迎院

三千院周辺にはいくつか寺院があるのですが、相も変わらず一つ目のお寺での
滞在時間が長く、このあと複数のお寺を回れるかんじではありません(^^;)

着生植物の石斛(セッコク)が咲いていました 西国薬師 第45番 三千院門跡
 

で、向かったのは来迎院(らいごういん)。

来迎院3


呂川(ろがわ)に沿って、山手のほうに上がっていきます。

来迎院1


三千院のあかぬけした佇まいとはまた違った雰囲気です。

魚山(ぎょざん) 来迎院

来迎院2


拝観受付で堂守のかたが「初めてですか?どちらから?」と。
「横浜在住ですが、大阪出身で今日は大阪から」と告げると、
来迎院を建立し、後に融通念仏の教えを説いた聖応(しょうおう)大師
良忍(りょうにん)は大阪の平野に総本山大念仏寺を開いたと
教えてくださいました。

御朱印帳をお預けして境内へ。

大原の地は平安初期に、伝教大師最澄の弟子の慈覚大師円仁が声明(しょうみょう・仏教音楽)の
修行道場として開山したところです。
良忍は円仁が伝えた声明を統一し、魚山流声明を集大成しました。

鐘楼

来迎院5


室町時代の梵鐘は撞くことができます。

本堂

来迎院4


苔むした境内で、ワイルド感あり。
比叡山を感じさせます。

本堂には本尊として、薬師如来、釈迦如来、弥陀如来(藤原時代・いずれも重文)が
三尊像のように安置され、こういった配置は珍しいですし、ご利益があるとすれば
最強です!
脇侍に不動明王と毘沙門天、内陣天井には天女が描かれ、暗いお堂に照明で
照らされた仏像群は、神々しく、美しく、結局他に誰もお参りがなかったので、
贅沢な空間を独り占めさせていただくという、ありがたいひと時でした。

本堂ではまた春季特別公開として、大きな涅槃図や曼荼羅図など、間近で素晴らしい
絵画も拝見できました。

境内の律川(りつがわ)を渡ります。

来迎院6


声明のふるさと、大原の呂川と律川。
声明には呂曲と律曲があり、呂律が合わさった声明の音階が合わないと
「呂律が回らない」といって、一般の言葉としても使われるようになったとか。

御廟

来迎院7


御廟の聖応大師良忍上人三重石塔(重文)。

来迎院8


御朱印をいただきました。

来迎院 御朱印


京都大原は夕方でも昼間と変わらないバス便があるので、律川のさらに上流にある
音無の滝に行ってみたいと思います。



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデン(マンション)へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
Twitterで話題、夏野菜の簡単おかず 2021/07/28
今夜の『せみ銀座』の様子 2021/07/22
先祖返りした「ししとう」 2021/07/19
近所の『せみ銀座』 2021/07/15
シシトウの葉に白い紙っぺら? 2021/06/27
ベランダ栽培のハスの様子 2021/06/22
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR