都の裏鬼門を守護 国宝 石清水八幡宮

法界寺から京阪六地蔵駅に戻り、さてこの後どうしようか、と。
できれば「京の冬の旅」(HP)の伏見稲荷の御茶屋の公開に
行ってみたいな、と思っていたのですが、そろそろ終了時間の4時で、
タイムアウト(>_<)

ちょうど京阪電車の車内にはこのような広告が。

石清水八幡宮 厄除大祭中吊り広告


以前「宇治・伏見1dayチケット」では八幡市駅では下車できなかったと思うのですが、
八幡市駅と男山ケーブル(乗り降り自由)が利用できるようになったので
石清水八幡宮へ行ってみます(*^^*)

男山ケーブル駅

男山ケーブル駅



男山ケーブル


約3分で男山山上駅へ。

男山ケーブル 男山山上駅


石清水八幡宮、もぐままはなぜか「男山」というほうが馴染みがあります。

石清水八幡宮 境内図


男山は標高142.5メートル。都の裏鬼門(南西の方角)にあたり、
鬼門の比叡山延暦寺とともに都を守護してきました。
裏鬼門の方角の、木津川・宇治川・桂川が合流し淀川となる交通の要所に
ちょうどぽっこりお山があり、そこが信仰の対象となったのは当然のことでしょう。

男山山上駅からはほぼ平坦な山道を歩き、南総門前に出てきました。

石清水八幡宮 山上


三ノ鳥居から続く石灯籠

石清水八幡宮 参道の石灯籠


手水舎

石清水八幡宮 手水舎


いずれも関西の酒造会社の酒樽でしょうか。

石清水八幡宮 酒樽


南総門

石清水八幡宮 南総門


御本殿

石清水八幡宮 本殿2


平成28年、本殿、幣殿、舞殿、楼門、回廊、武内(たけうち)社を含む十棟などが
国宝に認定されました。
御祭神は、東御前・神功皇后、中御前・応神天皇、西御前・比咩大神 (ひめおおかみ)の
3柱です。

楼門(国宝)

石清水八幡宮 本殿1


石清水八幡宮の厄除信仰の歴史は古く、厄除大祭の日ではありましたが
もう夕暮れ時で、人影もまばら。
御朱印だけでも、と思ったところ、授与所の戸がぱたぱたと閉じられ始め・・・
御朱印も諦めましたです(^^;)
ええ、今回は気まぐれにお参りさせていただいたので、
また日を改めて伺いたいと思います。

御本殿前でお参りした後、まだ少し明るかったので徒歩で下山してみます。

伊勢神宮遥拝所

石清水八幡宮 伊勢神宮拝所


東総門に続く石段の脇に細橋(ささやきばし)。

石清水八幡宮 細橋


石清水井の源流が通るために、渡らずとなっている橋なのだそうです。

つづら折りの急な石段にびっくり!

石清水八幡宮 石段


湧き水がありました。

石清水八幡宮 湧き水


裏参道から下山したところに頓宮殿、左手には高良神社。

石清水八幡宮 頓宮殿1


高良神社は、吉田兼好の徒然草に、『仁和寺の法師が山麓の極楽寺と高良神社を
本宮と勘違いして山上まで上がらずに帰ってしまった』という話があるそうです。

高良神社


本殿の前に舞殿でしょうか、立派です。

頓宮では何やらお祭りがされているようだったので、近づいていくと、
警備員のかたがいらして、「ご招待のかたですか?」と。
青山祭という、青柴垣で囲いを作り日没とともに道を司る神々を迎えて
国家安泰と厄除開運を祈るお祭りの最中でした。

石清水八幡宮 頓宮殿2


境内には入れなかったので、外から写真を1枚だけ。

頓宮殿への入り口で、八幡市駅近くにあるのが一ノ鳥居なんですね。

石清水八幡宮 一ノ鳥居


一ノ鳥居 扁額

石清水八幡宮 一ノ鳥居 扁額


「八幡宮」の文字は、平安の三蹟・藤原行成の書を寛永の三筆・松花堂昭乗が
書写したもので、「八」が神使の双鳩になっています。

日暮れの安居橋です。

石清水八幡宮 安居橋


(1月18日参拝)


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

羅怙羅(らごら)尊者の顔出しパネル 都七福神 萬福寺(3)

今回萬福寺に来ているのは、京都「都七福神」の布袋尊にお参り・・・

宇治 萬福寺 天王殿2


御朱印をいただくためなのですが、ちょうど書き手のかたがお昼休みを取られており、
先に、もう少し境内を拝観させていただきます。

関帝君

宇治 萬福寺 関帝君


うぉう、これぞ中国の寺院・・・といった、きらびやかな趣ですね。

関帝(かんてい)は中国後漢末期に劉備に仕えた武将の関羽が神格化されたもので、
「財神」、つまり商売繁盛やお金儲けの神として信仰されています。
ご利益も、うぉう!ですね(*´ω`)

関帝君の前になぜかゆるキャラ・・・

宇治 萬福寺 いんけんまめ太郎

「いんげんまめ太郎」だって( *´艸`)
日本三禅宗(臨済、曹洞、黄檗)の黄檗宗の大本山にこんなゆるゆるなのが
いるなんて、なかなかにギャップ萌えです(笑)。

黄檗宗の開祖の隠元禅師は、インゲン豆のほか、西瓜、蓮根、孟宗竹(タケノコ)、
煎茶、精進料理の一種・普茶(ふちゃ)料理なども伝えました。
あらー、最近、孟宗竹が大繁殖し、里山の環境を破壊している、と聞きましたが、
タケノコを取るために植えたものの、人の手に負えなくなってしまっているんですね。
隠元禅師が伝えたものだったとは(>_<)
普茶料理は予約すると萬福寺でいただけるそうですよ。

お寺の中に売店があって、中国風の色鮮やかな飾り物や、開梆(かいぱん)の
魚をモチーフにしたグッズ、お菓子まで、いろいろ販売されていて見ているだけで
楽しいのですが、おいしそうだったので買ってしまったのが・・・

宇治 萬福寺 お土産の餅


お餅(*´▽`*)
豆大福、よもぎ、枝豆あんのずんだ、3個セットだとバラで買うより少しお安くて。
いやー、これ買っておいてよかったんですよ。
この後、昼食を取る時間がなくて、移動のバス停のベンチでよもぎ餅をほおばる、という
場面がございまして、助かりましたんです(^^;


都七福神・布袋尊の御朱印をいただきました。

宇治 萬福寺 布袋尊 御朱印


ドライヤー台にて(笑)。
この末広(扇子)の御朱印台紙、素敵でしょう?
どうやらこの末広タイプのものは今のところ六波羅蜜寺でしか手に入らないらしく。
四角い色紙じゃなくこちらが欲しいかたは、六波羅蜜寺から回ってくださいね(*^^*)

-----
ブログ記事 都七福神 六波羅蜜寺の弁財天

六波羅蜜寺5


-----

法堂(重文)を望む。

宇治 萬福寺 法堂


創建当初のままの主要な建物、回廊、額、聯などが国の重要文化財です。

で、ここにあるベンチ。

宇治 萬福寺 ベンチ


真ん中のは葵の御紋ですが、両脇がナゾ・・・。
西洋の王冠のように見えます。
徳川四代将軍家綱が隠元に帰依し萬福寺が開創され、後水尾法皇も帰依しました。
葵は理解できるとして、王冠は何なのでしょうね。

法堂の巡照板

宇治 萬福寺 巡照板


雲水(修行僧)が朝と夜、この板を打ち鳴らして各寮舎を回り、
起床と就寝を知らせるそうです。

法堂の勾欄と大雄宝殿の裏

宇治 萬福寺 勾欄


法堂の勾欄(こうらん)は卍くずしの文様になっています。

大雄宝殿(だいおうほうでん)(重文)

宇治 萬福寺 大雄宝殿


萬福寺の本堂になります。

日本で唯一最大のチーク材を使った歴史的建造物。

宇治 萬福寺 大雄宝殿2


香炉も中国仕様!

宇治 萬福寺 大雄宝殿3


扉には「桃符」と呼ばれる桃の実の装飾。

宇治 萬福寺 大雄宝殿4


萬福寺は写真撮影禁止とはどこにも出ていないのですが、
さすがに堂内では気がひけまして・・・。
ご本尊の釈迦牟尼佛、脇侍の迦葉(かしょう・向かって右)、阿難の二尊者像は外から1枚さくっと。

宇治 萬福寺 大雄宝殿5


堂内には迫力の十八羅漢像がずらりと!
みなさま、エキゾチックなお顔立ちでいらっしゃいました。

と、またここでゆるいものが・・・。

宇治 萬福寺 ラゴラ尊者顔出しパネル


お釈迦さまの実子で弟子の羅怙羅(らごら)尊者の顔出しパネル(^^)
胸を開いて、自分の心に仏が宿っていることを示します。
仏の笑顔でどうぞ(゚∀゚)

合山鐘(がっさんしょう)(重文)

宇治 萬福寺 合山鐘


回廊に吊るされている鐘というのは珍しいですね。

中和園と中和井

宇治 萬福寺 庭園


禅寺の象徴的なお庭ですね。
ここに何を見るかは個人の自由かな。

寿塔(重文)

宇治 萬福寺 寿塔


隠元禅師の墓所です。

旱蓮木(カンレンボク)

宇治 萬福寺 カンレンボク


冬枯れの中に、おもしろい形の実だなぁ、と思って写真を撮ったのですが、
植物全体にカンプトテシンという抗がん物質が含まれていて、
英名では、Cancer tree、Tree of Life、Happy treeなどで知られるそうです。
アメリカでは抗がん剤としての開発を断念したそうですが、日本のヤクルトが
イリノテカンという抗がん剤の開発に成功しています。
ヤクルト、すごい!

開山堂(重文)

宇治 萬福寺 開山堂


こちらの勾欄はみごとに卍になっています。

宇治というと平等院ですが、黄檗では平等院周辺の喧噪が嘘のようです。
萬福寺は仏像も素晴らしいですし、ひとり静かに物思いに耽るのには
最高の寺院です(*´ω`)


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

テーマ : 七福神巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
最新記事
聖武天皇勅願所 西国薬師 第17番 国分寺 2018/02/22
都の裏鬼門を守護 国宝 石清水八幡宮 2018/02/15
日野家菩提寺、親鸞誕生の地 西国薬師 第38番 法界寺 2018/01/18
羅怙羅(らごら)尊者の顔出しパネル 都七福神 萬福寺(3) 2018/01/18
時を知らせる雲版と開梆(かいぱん) 都七福神 萬福寺(2) 2018/01/18
まるで中国 金ぴか布袋様がお出迎え 都七福神 萬福寺(1) 2018/01/18
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR