葉山御用邸から昭和天皇皇位継承の地・葉山しおさい公園、頼朝創建・森戸大明神

運慶仏の浄楽寺からバスに乗り、厨子駅方面に戻るかたちで長者ヶ崎のバス停で
下車しました。

5体の運慶仏を拝観 横須賀市 勝長寿院 浄楽寺


浄楽寺は神奈川県横須賀市ですが、ここは神奈川県三浦郡葉山町になります。
海岸に降りて行きます。

長者ヶ崎1


ここは大浜海岸といいます。

満潮でなければ磯や砂浜を伝って岬の先端まで行けるそうです。

長者ヶ崎2



長者ヶ崎3


葉山御用邸に向かって歩きます。

大浜海岸から江の島


江の島が見えます。(ズーム)

歩く先に見えてきたのが小磯の鼻。

小磯の鼻1


この辺で砂浜から葉山公園に上がって昼食。

葉山公園


ここはかつては御用邸付属の馬場でした。

時間が押していたので、昼食休憩は20分ぐらいで切り上げて
また砂浜を歩きます。

臨御橋(りんぎょばし)

臨御橋1


ここまでが大浜海岸で、この先が一色海岸。
臨御橋は御用邸敷地を流れてきた下山(しもやま)川に架かるのですが、
老朽化が酷く、渡るのが怖いぐらいです(>_<)

臨御橋2


架け替えするとなっても、臨御橋は道路法上の道路ではなく、避難路にも当たらないため
予算が出ず、現在も寄付を募っているそうです。
上皇上皇后両陛下は最近も利用されたそうですが、今後も利用していただくには
このままではいけませんよねぇ(^^;)

そしてやってきたのは小磯の鼻。

小磯の鼻3



小磯の鼻2


この背後が葉山御用邸で、塀に小さな通用口があり、そこから上皇上皇后両陛下が
お出ましになっていたそうなのですが、御用邸は撮影禁止で、もしカメラを向けると、
周辺のあちこちにある哨舎に詰める皇宮護衛官から注意を受けるそうです~(^^;)

ということで、ニュース映像より(*^^*)



「小磯の鼻」を散策 天皇皇后両陛下 葉山で静養に(18/02/19)


葉山御用邸から葉山しおさい公園へ。

葉山しおさい公園1


昭和62年、葉山御用邸付属邸跡地に開園。
大正天皇崩御・昭和天皇皇位継承の地として葉山町の史跡に指定されています。
ここは、明治期に造営された岩倉具定、金子堅太郎、井上毅の別荘があったところで、
大正8年に葉山御用邸付属邸が落成、その後関東大震災により御用邸本邸が被災し、
修復の間は御用邸機能が付属邸に移されました。
大正15年、大正天皇は付属邸で静養されていましたが、12月25日未明に崩御、
付属邸で直ちに皇太子裕仁親王が践祚(せんそ・皇位継承)し、早朝に第124代天皇
(昭和天皇)が誕生しました。

勉強になりました(;・∀・)

葉山しおさい博物館の入口は旧御用邸付属邸の御車寄せを移築したものです。

葉山しおさい公園2


見学する時間がなかったのですが、館内には葉山周辺の海に生息する生物が展示され、
昭和天皇御下賜の標本室もあるそうです。

現在の展示はこんなの。

葉山しおさい公園3


美しい日本庭園。

葉山しおさい公園4


海岸側にある黒松林からは、富士山や伊豆半島、大島などが一望できるということですが、
散策する時間がなかったので、冬場の空気が澄んでいる時期にまた訪れたいです。

隣接するのが神奈川県立近代美術館葉山館。

神奈川県立近代美術館葉山館1


海が見える、美術館の素敵なレストラン!
歩き疲れた、休憩した~い(;・∀・)

イサム・ノグチの「こけし」と、後ろは岩戸山古墳出土の「石人」の作品。

神奈川県立近代美術館葉山館2


と、屋外展示だけ眺めて、森戸海岸の森戸大明神に向かいます。
暑い中、道路沿いを歩き、結構距離もあり、きつかったです。

森戸大明神(森戸神社)、ゴールです。

葉山の総鎮守 森戸大明神 2016-08-06
葉山・森戸海岸の史跡と美しい景観 2016-08-06


森戸大明神1



森戸大明神2


森戸神社は縁結びのご利益で人気だそうで、若い女性のお参りが多かったです(*'ω'*)

森戸大明神 恋し鯛みくじ


御朱印をいただきました。

森戸大明神 御朱印


令和になっても、平成時代と特に変わりはないようです。

かながわ名木100選のひとつで葉山町指定天然記念物の飛柏槇
(=飛柏杉・びびゃくしん)。

森戸大明神3 飛柏杉


千貫(せんがん)松

森戸大明神4 千貫松


源頼朝が岩上の松を褒めたところ、和田義盛が「千貫の値ありとて千貫松と呼びて候」と
答えたと伝わります。

石原裕次郎記念碑

森戸海岸2


葉山灯台は通称「裕次郎灯台」。

森戸海岸1


鎌倉ガイド協会の「特別拝観 浄楽寺運慶仏と葉山御用邸」ツアー、ここで解散となりました。


(6月1日)



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行


5体の運慶仏を拝観 横須賀市 勝長寿院 浄楽寺

鎌倉ガイド協会(HP)が主催するガイドツアーの「特別拝観 浄楽寺運慶仏と葉山御用邸」に
参加してきました。

JR逗子駅に集合、バスで浄楽寺に向かいました。

浄楽寺1


浄楽寺は正式には、金剛山勝長寿院大御堂 浄楽寺といいます。

鎌倉の大本山光明寺の末寺にあたる浄土宗のお寺です。

鎌倉観音第18番-第20番 材木座 光明寺、蓮乗院、千手院 2015-05-05
鎌倉 光明寺の観桜会(1) 寺集(てらつど) 2018-03-31
鎌倉 光明寺の観桜会(2) 大聖閣と山門公開 2018-03-31


江戸時代の地誌(新編相模国風土記稿)には、元々和田義盛が建立した阿弥陀堂を
光明寺二世住職の寂恵が中興したとあります。

和田義盛は三浦氏の一族で源頼朝の挙兵に参加、鎌倉幕府では初代侍所別当に任じられました。
頼朝の死後、北条氏との対立で挙兵に追い込まれ、義盛は鎌倉で敗死しました(和田合戦)。

寂しさただよう和田塚 2013-01-20
地元で初詣 和田義盛ゆかり 関東三十六不動 第4番 和田不動尊 2018-01-03


さて、横須賀市の浄楽寺といえば運慶仏を5体も持つお寺として有名です。
運慶作の仏像は現存31体といわれてきましたが、先日のNHKスペシャル
運慶と快慶 新発見!幻の傑作」で、興福寺の四天王像が新たに運慶作との
見方が出たので、それでも35体中の5体って凄いですよね。

運慶仏は現在は収蔵庫に安置されていて、まずは本堂でお参りです。

本堂に入ると、右遶三匝(うにょうさんそう)という方法でお参りします。
初耳、初体験の参拝方法なのですが、インドでは右手を浄、左手を不浄とする思想があり、
体の右が仏様の方に向くよう、本堂の須弥壇の周りを時計回りに3回回ります。

須弥壇には運慶作の阿弥陀三尊像の代わりに、新しく納められた阿弥陀如来、
観音、勢至の阿弥陀三尊像がお祀りされています。

副住職様による法話がありました。
右遶三匝について、運慶仏のお話、御朱印のお話、仏教における罪の
お話などがありました。

初めて見聞きし、体験した右遶三匝のお参りについて。
礼拝には下品礼(げぼんらい)(手を合わす)、中品礼(手のひらを上に向け
頭の脇につける)、上品礼(五体投地)とあるのですが、右遶三匝はその上の
最上級のお参りの方法なのだそうです。
勉強になりました。

御朱印に関しては、昨今のブームもあり、お参りもせずに御朱印をもらおうとする方、
浄楽寺さんでは5種類の御朱印があるそうですが、「おすすめはどれですか?」と
常識外れなことを聞かれる方(笑いが起きましたが)などいらっしゃると
苦言を呈されることもありました。
マナーは守りたいですね。

南無阿弥陀仏をお唱えして法話は終わりました。

本堂裏手に回ると収蔵庫があるのですが、ガイドツアーのグループの順番待ちで、
先に前島密(まえじまひそか)のお墓へ。

前島密の墓


前島密って?
意外にもおなじみ(^^;)
1円切手の肖像画のかたです。



近代郵便制度の創始者で、「郵便」や「切手」、「葉書」という名称を定めるなど、
郵便制度の父と呼ばれます。
晩年は浄楽寺境内にあった、如々山荘という別荘で過ごしました。
墓標は境内から見ることのできる富士山を模しているそうです。
大正8年(1919)4月27日に84歳で没し、毎年郵政省により墓前祭が行われてきました。
今年はちょうど没後100年にあたります。

ガイドの方が、「皮肉なことに、郵政省を壊したのが当地の政治家の・・・」(;・∀・)

いよいよ収蔵庫で運慶作阿弥陀如来坐像、観音・勢至菩薩立像の阿弥陀三尊像、
不動明王立像、毘沙門天立像と、運慶展以来の再会です。

『運慶展』@東京国立博物館(平成館) 2017-09-29


浄楽寺 収蔵庫


とっても間近で参拝、拝観できてありがたい時間でした。
どれも大きい。そして保存状態が良くて、とても美しいです。
5体は長らく奈良仏師の成朝作とされてきて、旧国宝でしたが、国宝の基準が変わり、
大正15年に阿弥陀三尊像は国指定重要文化財となりました。
昭和34年に毘沙門天と不動明王の像内から月輪形銘札が発見され、和田義盛と夫人の発願で、
運慶と弟子10人が造立したことがわかりました。
また、三尊の像内には陀羅尼(お経)が墨書きされており、筆跡が銘札と一致したため
5体すべてが運慶作と確定しました。
昭和45年に収蔵庫が建立され、昭和50年に毘沙門天と不動明王も国重文となりました。
収蔵庫ができるまでは本堂に安置されていてこの美しさですから、奇跡的です。
三尊像の静謐さと、毘沙門天、不動明王の力強さと躍動感がとても対照的です。
運慶30代中頃の作品ということで、運慶の若々しい情熱が感じられました。
運慶仏は春の特別開扉(3月1-3日)、秋の特別開扉(10月19日)で拝観でき、
また予約での拝観も(できれば10人以上で)可能だそうです。

御朱印をいただきました。
御朱印帳もそろそろ終わりだったので新しいものを(*'ω'*)

浄楽寺 御朱印帳


御朱印帳、紐綴じ式で、デザインがすっごくかっこいい!
モチーフは阿弥陀如来の光背ですね。


浄楽寺 御朱印


御朱印もご本尊の阿弥陀如来で。

さてこの後は、令和の改元に因んだガイドツアーの企画で、葉山御用邸に向かいます。


(6月1日参拝)


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
原三溪の美術 伝説の大コレクション@横浜美術館 2019/08/15
IKEA港北 99円朝カレー 2019/08/03
DIYでダイニングチェアの座面の張り替え 2019/08/02
開花4日目、ドラマの終幕 2019/07/25
ハスの開花3日目、西方浄土感ある花の色 2019/07/24
ハスの開花2日目、綺麗に咲きました! 2019/07/23
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR