着生植物の石斛(セッコク)が咲いていました 西国薬師 第45番 三千院門跡

京都大原にやってきました。
京阪出町柳駅から京都バスで30分(途中まで座れず)、京都駅からは60分だそうで、
遠い(;´Д`A

大原バス停から三千院まで歩いて10分。

しそ畑

大原 しそ畑


大原はしば漬けの発祥地ということなんですが、しその産地でもあったのですね。

三千院門跡への入口に到着。

三千院 入口


門前にはお食事処や土産物店が並びます。

御殿門(ごてんもん)

三千院 御殿門


近江坂本の石工集団、穴太衆(あのうしゅう)による石組みです。

魚山 三千院門跡は天台宗五箇室門跡(妙法院門跡(記事)、青蓮院門跡(記事)、毘沙門堂門跡、
曼珠院門跡)の一つで、そのうちの三つ(三千院門跡、妙法院門跡、青蓮院門跡)を
特に天台宗三門跡といいます。

三千院は悠久の昔からここにあるのかと思ったらまったくそうではなく、
伝教大師最澄が比叡山東塔南谷に堂宇を構えたことに始まり、近江坂本、
洛中を転々とし、明治4年に現在地に移り、「三千院」は梶井門跡の持仏堂の名称
「一念三千院」から取ったものだそうです。

客殿の庭園、聚碧園(しゅうへきえん)


三千院 聚碧園1



三千院 聚碧園2


お水を豊かに湛えた池泉観賞式庭園。
気持ちがいいです。

この季節はお花はあまりないのかなぁ、と思ったのですが、石灯籠にピンク色の何かが
見えます。(石燈籠は庭園の1枚目、右の日陰の中。)

ほら。

三千院 聚碧園4


カメラでぐぐぐーっとズームしてみると…

三千院 聚碧園3


どう見ても石灯籠の屋根の部分から生えてますよね。
これ、着生植物の石斛(セッコク)じゃないですか?
ラン(デンドロビウム)の仲間です。
花色は白だけかと思っていたのですが、調べてみたらピンクもあるようです。

鎌倉の御霊神社近くの木に着生していて、お花を見たいなぁ、って思っていた植物です。

アヤシい神社、御霊神社(2) 2013-01-20


お見事なところに着生(゚∀゚)
珍しいお花に出くわしてとってもラッキーでした(*^_^*)

宸殿には伝教大師作と伝わる秘仏の薬師瑠璃光如来がお祀りされ、西国薬師巡礼の
第四十五番札所になります。
宮中仏事を引き継ぐ行事である御懴法講(おせんぼうこう)は5月30日にここで行われます。

有清園(ゆうせいえん)

宸殿から往生極楽院を眺める池泉回遊式庭園です。

三千院 有清園2


京都の中心部は5月にしては大変な暑さだと思うのですが、ここでは空気や日差しが
柔らかです。

三千院 有清園1


苔のお手入れをされる方が膝をついて丁寧に作業をされていました。

三千院 有清園3



三千院 有清園4



三千院 有清園5


往生極楽院(重文)

三千院 往生極楽院


平安時代末期から大原の地にあった阿弥陀堂で、三千院の本坊が移転してきて
境内に取り込まれました。

阿弥陀如来、観世音菩薩、勢至菩薩の阿弥陀三尊像(国宝)。
大きなお姿で、見とれてしまう美しさ。
両菩薩の「大和坐り」が印象的です。
ずっとここにいたいんですけれど、後ろ髪を引かれながら先へ進みます。

朱雀門

三千院 朱雀門


往生極楽院と向かうようにあり、極楽院を本堂としていた頃の正門にあたります。

わらべ地蔵

三千院 わらべ地蔵1



三千院 わらべ地蔵3



三千院 わらべ地蔵2


弁財天

三千院 弁財天


「京の七福神」の札所なんだそうですが、「都七福神」とは微妙に札所が違っていて、
京都には札所違いの七福神巡りがいくつもある(あった)みたいですね。

金色不動堂(写真撮り忘れ(汗))の秘仏の金色不動明王は近畿三十六不動尊巡礼
第16番札所で、4月28日を中日とする約1ヶ月間、ご開扉されます。

観音堂前には奉納されたたくさんの観音像。

三千院 観音堂


10月18日には観音大祭百味供養会が執り行われます。

阿弥陀石仏

三千院 阿弥陀石仏


高さ2.25メートル、鎌倉時代のものです。

あじさい苑

三千院 あじさい苑1


涼やかなお庭です。

三千院 あじさい苑2


アジサイはまだまだですが、ミヤコワスレが花壇を彩っていました。
アジサイの見頃は6月中旬からのようです。

平成18年に開館した円融蔵(えんにゅうぞう)には往生極楽院の舟底天井が再現され、
深い空色に天女が舞う、極彩色の極楽が描かれています。
あの世はこのようである、と、もぐまま、異論はございません(*^_^*)
ずっと見ていたいと思わせる空間でした。

円融蔵の隣の御朱印所で御朱印をいただきました。

西国薬師巡礼

三千院 御朱印 西国薬師


弥陀三尊

三千院 御朱印 阿弥陀三尊


三つの梵字がかっこいい!

御影(おすがた)もいただきました。

三千院 お姿


三千院では、おすがたは上部の裏に糊をつけて、御朱印の上に貼り付ける
(めくれる)よう推奨されておりました。



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


薔薇会式、奥の院、そして薬草風呂でリラックス 西国薬師 第2番 霊山寺(3)

富雄の霊山寺(りょうせんじ)、5月19日午後1時から「薔薇会式」、
「えと祭り」の始まりです。

大辯才天の大鳥居から行列が練り歩きます。

先頭は天平の衣装を身に着けた鼓笛隊(まつぼっくり少年少女合唱団)。

霊山寺 えと祭り1


音楽に合わせ、続いて入ってきたのが十二支のお面をつけた干支面者。

霊山寺 えと祭り2



霊山寺 えと祭り3



霊山寺 えと祭り4



霊山寺 えと祭り5


工夫の凝らされた(卯、巳はそうきたか(笑))、ユニークなお面の楽しい行列ですね(^^)

霊山寺 えと祭り6


バラ神輿がやってくると、お祭りの気分。

八体仏霊場で薔薇会式が執り行われます。

霊山寺 薔薇会式


バラのお花をお供えして、平和と、人々の健康、幸福を祈願します。
散華や般若心経の読経などもありました。

この後、本堂にも移動して、ご本尊の薬師如来に祈願を行います。
本堂には参列しなかったのですが、「お薬師さまにローズティーとお菓子を奉納します」と
聞こえてきて、微笑ましかったです(^^)
合唱団による歌の奉納もありました。

私はもう少しお寺探検を(゚∀゚)

腰抜地蔵というのに行ってみようと境内の外れのほうへ…

前を通ったのがゴルフ練習場(^◇^)

霊山寺 ゴルフ練習場


霊山寺の経営なんですね。
お寺が栄えるならよきよき(^^)

腰抜地蔵

霊山寺 腰抜地蔵


胴の部分が二つに分かれていて、縄でぐるぐる巻きにされています。
詳しいことはよくわからないそうです。

三重塔(重文)

霊山寺 三重塔


鎌倉時代の建立。

行者堂

霊山寺 行者堂


神変大菩薩(役行者)、不動明王、青面金剛が祀られています。

開山大師堂

霊山寺 開山大師堂


古くは開山行基菩薩をお祀りしていましたが、江戸時代より弘法大師を本尊と
しています。
歴代徳川将軍の位牌が祀られています。

ここまででもかなーり堂宇を回ったので、奥の院はやめておこうかな、と
思ったのですが…

霊山寺 奥の院 入口


自分より年配の女性のかたがひとりで下りてこられたので、俄然行く気になってしまい
ました(^◇^)

上りの曲がりくねった道ですが…

霊山寺 奥の院1


途中までは舗装されていて、その先は砂利道ですが、整備された歩きやすい道です。

鳥居がありました。

霊山寺 奥の院2


はぁー、ちょっとくたびれました。
霊山寺さん、どんだけお山を持っておられるのでしょう。

ここから下ります。

霊山寺 奥の院3


せせらぎが見えました。

霊山寺 奥の院4


樹齢800年の大杉守護神。

霊山寺 奥の院6


奥の院到着です。
もぐままのへなちょこな足で15分ぐらいだったので、霊山寺にお参りの際は、
ぜひこの神聖な空気を味わっていただきたいです。

霊山寺 奥の院5


弘法大師が霊山寺に訪れた際に感得した大龍神を辯才天としてお祀りします。

伽藍のある境内に戻りましたが、汗をかいたし、足も疲れました。

さぁて、お楽しみの…

薬師湯殿

霊山寺 薬師湯殿


薬草風呂ですヽ(´∀`)ノ
タオル持ってきましたー!

霊山寺のある富雄というところは古事記に「登美」の地(日本書紀では「鳥見」)
として登場して、神武東征の場面で、登美能那賀須泥毘古(トミのナガスネビコ)が
軍勢を率いて東征を迎え撃ったという、神様の住まう土地。
時代は下り、遣隋使の小野妹子の息子、小野富人(おののとびと)は壬申の乱で官職を辞し、
熊野本宮に参籠したところ薬師如来を感得。
登美山に薬草風呂を建て、薬師三尊を祀り、人々の病を治したので、小野富人は
鼻高仙人と称されました。

薬師湯殿は無人で、隣にある仙人亭というお食事処(売店)で受付を済ませます。
タオルがなくてもこちらで購入できます。

男湯は岩風呂、女湯はタイル風呂です。
とても清潔な脱衣所。
要望により42℃に設定されていると書いてあったと思うのですが、もぐままには
ちょっと熱かったですが、熱いお風呂は入ったという満足感がありますね。
そして、薬草がぎっしりと詰まったネットが沈められていて、漢方薬のようでもあり、
でも、とっても安らぐ良い香りの薬草です。
しっかり成分が出ているようで、お湯は緑色をしています。
疲労は早めに取ったほうが回復が早いですよね。
お参りの最後に薬草風呂に入ればバッチリです(´∀`*)

バスの時間まで仙人亭でひと休み。



(霊山寺はバラ庭園を含め飲食はできないので仙人亭をご利用くださいね。)

霊山寺はお楽しみがいくつもあるパラダイスなお寺(´∀`*)
充実した1日を過ごすことができ、お勧めです~o(≧▽≦)o





にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
原三溪の美術 伝説の大コレクション@横浜美術館 2019/08/15
IKEA港北 99円朝カレー 2019/08/03
DIYでダイニングチェアの座面の張り替え 2019/08/02
開花4日目、ドラマの終幕 2019/07/25
ハスの開花3日目、西方浄土感ある花の色 2019/07/24
ハスの開花2日目、綺麗に咲きました! 2019/07/23
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR