地元で初詣 和田義盛ゆかり 関東三十六不動 第4番 和田不動尊

自宅から徒歩圏内にある和田不動尊に初詣に行ってきました。

和田不動尊 真福寺1


昨年12月から始めた関東三十六不動霊場巡り(ブログ記事・等々力不動尊)、
2回目はちょーお近くでお参りです^^

和田不動尊 真福寺10


相鉄線(相模鉄道)和田町駅から和田町商店街を抜け、徒歩で10分足らずのところにある
大聖山 真福寺。
真福寺の創建に関しては不詳のようなのですが、源頼朝の重臣・和田義盛の夢枕に
不動明王が現れ、お告げがあったので、義盛がここに堂宇を建てお不動さんを祀った、とか、
観音菩薩のお告げに、お稲荷様!とあったので稲荷を祀った、とか、諸説あるようなのですが、
いずれにせよ土地の名前の「和田」は和田義盛に由来するということです。

満願地蔵尊

和田不動尊 真福寺2


元和田町駅裏手の台地にあったもので、その台地には浅間宝寺というお寺があり、
平家残党を隠した疑いで焼き討ちに遭い、焼け跡からたくさんの遺骨が出ました。
その慰霊のため地蔵堂を建てお祀りしたものです。
お体を石で叩いて祈ったので窪んでいるそうです。

毎年8月23日、24日には和田町商店街から真福寺にかけて、「和田地蔵まつり」が
盛大に行われます。
和田町駅から和田町商店街に向かって帷子川(かたびらがわ)の橋を渡ったところに
和田地蔵尊という小さなお堂もあります。

昔、地蔵まつりにはよく来てたわけですわ(^^)
でも、当時・・・

和田不動尊 真福寺3


参道に、西国、坂東、秩父の百観音や四国八十八箇所のお砂踏みがあったとか、
そんなことを知りもせずに歩いていました(^^;)

参道の突き当りにいらっしゃるのが修行大師(弘法大師)。

和田不動尊 真福寺5


高野山真言宗のお寺です。

突き当りを右に曲がると本堂です。

和田不動尊 真福寺6


昨年の丁酉(ひのととり)総開帳のお手綱がそのまま残されていて
ラッキーでした。

和田不動尊 真福寺7


ご本尊のお不動さまと繋がっていて、塔婆に触れることで、お不動さまと
ご縁が結べます。

ちょうど護摩供養の時間で、もぐままはお護摩はお願いしなかったのですが、
本堂内の納経所に上がらせていただいたら、般若心経のお唱えのところまで
いらしてくださって結構ですよ、とのことで、ご一緒させていただきました。

和田不動尊 真福寺8


不動明王は御開帳されており、照明の加減で、玉眼がキラリン☆と光り、
神々しいお姿でした。
気品があり、穏やかなお姿に見えるお不動さまでした。

関東三十六不動の御朱印をいただきました。

和田不動尊 関東三十六不動 御朱印


あのねぇ・・・

和田不動尊 真福寺9


真言宗のお寺って・・・

和田不動尊 真福寺4


いろんな仏様が・・・

和田不動尊 真福寺11


わちゃわちゃわちゃ~ってたくさんいらして・・・

和田不動尊 真福寺12


もぐまま、癒されるんですよねぇ(*´ω`*)

そして真福寺の東隣りにあるのが和田稲荷です。

和田不動尊 真福寺 和田稲荷3


急な坂道の途中の絶壁にある、見た目、ちょいカオスな感じの神社です。
真福寺より歴史が古いそうです。

和田不動尊 真福寺 和田稲荷2


とても小さなお社ですが、和田義盛ゆかりです。

見上げるとお寺の鰐口と、神社の鈴。

和田不動尊 真福寺 和田稲荷1


素敵な神仏習合感・・・( *´艸`)

2018年はますます世界の平和が求められることでしょう。
もぐまま、最近では神仏習合に全然違和感がなくなってきて、むしろ大好きなのですが、
この世の中から宗教間の争いごとがなくなったらどれほど穏やかな世界になるでしょう。
たくさんの、さまざまの種類の仏様や神様がひとところに仲良く鎮座する寛容さ。
八百万の神々とたくさんの仏様に世界平和を祈りたいと思います(*^^*)


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


関東三十六不動 第17番 等々力不動尊で発願 等々力渓谷(2)

等々力渓谷散策(ブログ記事)、奥のほうへ歩いて行くと、ちょっと雰囲気が
変わってきました。

等々力不動尊2


手水があり・・・

等々力不動尊3


稚児大師御影堂

等々力不動尊1


ここは明らかに宗教施設の敷地内に入っていますよね^_^;
このお像は幼少時代の弘法大師で、立て札には満願寺となっています。

利剣の橋

等々力不動尊4


眼前に絶壁と何かのお堂。

等々力不動尊5


絶壁にはふた筋の滝、そして石の仏像もあります。

等々力不動尊6


お地蔵様と観音様ですね。

不動の滝

等々力不動尊7


これは修行するところですわ~(☆。☆)

滝の上にはお不動さま。

等々力不動尊8


随分暗くなってきたのでボケてしまいました^_^;

稲荷堂

等々力不動尊9


お稲荷さんと、石造の不動明王像がお祀りされています。

そして見えてきたのが、かなりの急こう配の石段です。

等々力不動尊10


灯籠に灯がともってきれいです。
ここを上がると渓谷から脱出するのでしょう。

いい眺めです!

等々力不動尊11


岩肌をくり抜いて、神変(しんぺん・じんべん)大菩薩がお祀りされています。

等々力不動尊12


神変大菩薩とは、 修験道の開祖・役小角(えんのおづの・えんのおづぬ)
=役行者に贈られた諡(おくりな)ですね。

そして目の前に現れたのが美しい紅葉!

等々力不動尊13


この息を飲むような美しさは等々力渓谷の中では随一です(*^_^*)

龍の手水がありました。

等々力不動尊14


そして出たのが等々力不動尊の境内でした。

等々力不動尊15


これはまったくの想定外で、等々力駅から等々力渓谷を歩いた先に
こんなに立派なお不動さんがあったとは・・・。
しかもですね・・・こちら、関東三十六不動霊場(HP)の第十七番札所でして^_^;

関東三十六不動はもちろん知ってはいたのですが、今、関東で巡礼中なのが、
鎌倉三十三観音(2013年から巡礼しているのになぜかまだ結願しておりません(汗))、
鎌倉二十四地蔵尊、それから日本百観音(西国、坂東、秩父)の満願を目指して、
残る秩父を回っている最中です。
だから他の巡礼には興味を持たないことに(苦笑)していたのですが、
ここで関東三十六不動の札所に出ちゃうとは^_^;

すでに夕方の4時を回っていたのですが、寺務所はまだ開いており、
関東三十六不動の専用納経帳(3種類の色がありました)が、こんにちは~♪
これはね、ご縁ですわ(笑)。
「やれ!」って上の方からお告げを受けた気がしましたです(爆)。

やっぱりお不動さんといえば赤のイメージがありますので、
赤の御朱印帳をいただきました。

関東三十六不動 御朱印帳1


御朱印帳が紐で綴る様式になっていて、御朱印は墨書きされた紙面で
いただきます。

関東三十六不動 等々力不動尊 御朱印2


同時に、「小袋」をくださったので、何かなぁ?と思ったら・・・

関東三十六不動 等々力不動尊 御朱印1


札所本尊の不動明王、童子のお姿、そして散華のシール!

お姿はこのように紙面に貼るようです。

関東三十六不動 等々力不動尊 御朱印3


これは巡礼クラスタの収集癖を刺激する、心憎い仕様ですね(^◇^)

で、御朱印帳を開いてみたら・・・

関東三十六不動 御朱印帳2


「平成二十九年丁酉(ひのととり)総開帳」っていうページが綴られ、
散華シールを貼るようになっています。

えーっ!お不動さんの守り本尊が「酉」で、酉年の今年はお不動イヤーだったのですね(@_@;)
巡礼モノにはあまり手広く興味を持たないようにしていたとはいえ、12月に至って
初めて知るとか、ねぇ( ´,_ゝ`)

関東三十六不動霊場会(HP)によりますと・・・

(引用ここから)

総開帳記念 散華シールの授与について

年内に巡拝を終えられなかったお方の為、散華シールの授与のみ一年間延長いたします。

平成29年年末から巡拝を始めても間に合います。

ただし数に限りがございますので、平成30年はお早めに巡拝ください。なくなり次第、散華シールの授与は終了となります。

各寺院によって、終了するタイミングは異なることになると思います。

「参拝しました」と申し出れば、一ヶ寺ですべての散華シールが入手できるような話もありますが、そのようなことはございません。

正式なものは各寺院のみで、授与しております。

尚、カラー版の童子図は、今後も継続いたします。

散華シールを貼る台紙は、本年12月31日で授与を終了いたします。

平成29年7月30日


(引用ここまで)

ということなんですよ。

酉年の御開帳(予定一覧)はどうにもならないですけれど、
散華はいくらかは間に合うかも、ですかね^_^;
もぐまま、頑張れば、東京、神奈川はそこそこ行けるかもしれませんが、
埼玉、千葉はちょっと難しく・・・お不動さまの札所をお参りできる機会があれば
参拝させていただく、というスタンスでいましょうかね(´~`ヾ)

稚児大師御影堂のところで満願寺とありましたが、等々力不動尊は
満願寺というお寺の別院です。
真言宗中興の祖・興教大師の夢に、役行者が作ったお不動さまが現れ、そのお不動さまを
背負って関東に入ると、夢と同じ渓谷があり、錫杖で岩をうがつと瀧が流れ出たそうな。
そこにお不動さまをお祀りしたのが等々力不動尊の始まりということなんですね。

等々力不動尊の境内には展望台があり・・・

等々力不動尊16


見下ろした風景は紅葉谷と言ってよいでしょう・・・(☆。☆)

めちゃくちゃきれいです(*´-`)

等々力不動尊17


夕暮れの境内も素敵です!

等々力不動尊18


等々力不動尊の正式名称は瀧轟山(りゅうごうさん)明王院。

等々力不動尊19


等々力不動尊の山門にて、九品仏浄真寺(ブログ記事)から、等々力渓谷、等々力不動尊へと、
東京紅葉参拝は終了です♪

等々力不動尊20


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(14) 中尊寺 2019/10/04
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(13) 毛越寺 2019/10/02
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(12) 厳美渓の郭公だんご 2019/08/29
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(11) 骨寺村荘園遺跡 2019/08/29
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(10) 達谷窟毘沙門堂 2019/08/28
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(9) 歴史公園えさし藤原の里 2019/08/28
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR