金沢文庫 運慶展 ~鎌倉幕府と霊験伝説~

行ってきました、金沢文庫の特別展「運慶」。

チラシのキャプションとして「鎌倉ナクシテ運慶ナシ」
最新の研究成果から大仏師運慶を読み解く
重要文化財指定記念公開曹源寺十二神将像

開催は3月11日(日)までです。





金沢文庫 運慶展


平成29年の東京国立博物館での「運慶展」(ブログ記事)との協力開催ということですが、
そこは鎌倉文化圏の意地(笑)、東京の「運慶展」とはまた違うものを見させて
いただけましたよ(*^^*)

金沢文庫の「運慶展」の「売り」は、なんといっても、金沢文庫が管理している、
(お隣)称名寺塔頭光明院の重要文化財・運慶作「大威徳明王像」ですね。

金沢文庫 観覧券 大威徳明王像


こちらは東京の運慶展にも出陳されていましたが、平成18年の修理時に世紀の大発見があったという
曰く付きの作品で、取り出された像内納入品の紙から運慶の作(運慶最晩年)とわかりました。
金沢文庫では、この巻紙のようなもの、同時に納められていた蓮のタネの舎利容器、密教修法に
用いられる丁字(ちょうじ)と抹香も展示されていました。

東京の運慶展でも話題となった極彩色の滝山寺(愛知)の梵天立像(重文、運慶・湛慶合作とされる
源頼朝供養像)、康慶作の地蔵菩薩坐像(重文、静岡・瑞林寺)など、重なる展示もあるので、
展示規模は小さいものの見どころがありますので、東京で見逃したかたにもおすすめします。

また、鎌倉文化圏ならでは、ともぐままが感銘を受けたのは、鎌倉三十三観音巡礼の
いくつかの札所の寺院からの出品物(仏(笑))です。

鎌倉観音第七番札所の光触寺(こうそくじ)(ブログ記事)から、札所本尊の観音ではなく、
お寺のご本尊の阿弥陀三尊像(重文)、通称頬焼(ほおやけ)阿弥陀、そしてお軸に描かれた
阿弥陀三尊像、頬焼阿弥陀縁起絵巻(重文)の出陳です。
お寺では通常拝見できない頬焼阿弥陀には以前から興味があり・・・頬に焼印の跡があるという
仏様とはいったい・・・?

<ネタばれ>
実際に拝見したところ、中尊の阿弥陀さまは火災に遭ったかのようで、前面が黒く焼けている
ように見えました。肝心のお顔ですが、額から顎にかけてやはり焼けているようで、
確かに両頬は焼けているのですが、意外にもこめかみから下の顔のサイドは焼けていないようでした。
「焼印」にあたるものは見当たらなかったように思うのですが、焼けていないところと焼けているところ、
はっきりと分かれるので、それをもって「焼印」としたのでしょうか。

鎌倉観音第十二番札所の教恩寺(ブログ記事)から、お寺のご本尊の阿弥陀三尊像。
第二十四番札所の寿福寺(ブログ記事)から薬師如来坐像(重文)。
いずれも慶派の特徴がよく出ているようで、慶派仏師によるものか、あるいは慶派の仏像を
真似たものなのでしょう。
改めて、鎌倉と慶派仏師が密接につながっていたのだ、ということがわかりました。
鎌倉観音巡礼をやっていても、これらは拝見できる機会がほとんどない仏像なので
とてもありがたい気持ちになり、思わず会場で手を合わせたくなりました。




もっと詳しく↓




金沢文庫を出て・・・

金沢文庫 トンネル


お隣の称名寺に行ってみました。

称名寺


本堂にお参り。

称名寺 本堂1


称名寺 本堂2


カメラを持っていなくて、スマホの写真はだめですわ~(>_<)

2013年5月の称名寺ライトアップ(ブログ記事)の時の画像です^^

称名寺10


今年のライトアップは4月28日から5月6日、また、5月3日には野村萬斎さんも出演される
称名寺薪能が催されます。


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

横浜の地下迷宮!定泉寺「田谷の洞窟」

「大船 to 大船渡」(ブログ記事)のイベントでお祭り気分を味わった後、
「田谷(たや)の洞窟」に向かいました。
今回は車でしたが、バスならJR大船駅西口(観音側)から
神奈中バス「戸塚バスセンター」行きで「洞窟前」下車です。
駐車場はお寺の向かいにあり、駐車料金はお寺で支払います。

田谷の洞窟 定泉寺1


田谷の洞窟は話には聞いていたのですが、なかなか訪れる機会がなく、
今回、もぐぱぱが「大船」繋がりでアイデアを出してくれたので、やってきた次第です。

ちょっとした台地か山の地形になっています。

田谷の洞窟 定泉寺2


通称は「田谷の洞窟」ですが、田谷山 定泉寺(じょうせんじ)という真言宗のお寺です。
そして、最寄駅が大船なので鎌倉のイメージがあるのですが、住所は
横浜市栄区田谷町になります。
タイトルに「横浜の地下迷宮」と入れましたが、年がら年中工事をしていて、
「日本のサグラダ・ファミリア」と呼ばれる横浜駅以外に、
横浜に地下迷宮があったのです(笑)。

境内です。

田谷の洞窟 定泉寺3


静かで、こぢんまりとしており、至って質素な雰囲気です。

田谷の洞窟 定泉寺4


新しそうな大日如来の石像がありましたが、こちら側はお墓で、プライベートの敷地です。

玉石

田谷の洞窟 定泉寺7


子授け、安産にご利益があるそうです。

本堂

田谷の洞窟 定泉寺5


お参りして、堂内をガラス越しに拝見したら、阿弥陀さんのようなお姿が見えました。
開創は室町時代、御本尊として厄除け身代り阿弥陀如来、不動明王、弘法大師を
お祀りされます。

本堂前の修行大師像

田谷の洞窟 定泉寺6


本堂脇の受付で拝観料ひとり400円、駐車料金500円を支払い、
パンフレットとローソクを受け取りました。
御朱印もあるとのことで、御朱印帳をお預けしました。

休憩所のような建物があり・・・

田谷の洞窟 定泉寺8


『行楽気分の人へお願い、当洞は信仰の霊場ですから静かに参詣してください』
- 住職合掌 -

んーと、もぐまま、行楽気分ではないですが、ワクワク感でいっぱいです。
小学生ぐらいの子供たちを連れたグループがちょうどここで洞窟についての
レクチャーを受けていました。

奥に見えるのは子安地蔵尊で、たくさんのお地蔵さんが並べてあって、
ややプライベート感があったので、写真を撮るのは控えました。

洞窟前です。

田谷の洞窟 定泉寺9


正式には田谷山瑜伽洞(たやさんゆがどう)といい、元鶴ヶ岡二十五坊の修禅道場で、
現在でも修行の道場なんだそうです。
観光施設ではなく神聖な場、洞窟内は撮影禁止です。

右手に見えるのは輪導院(朝比奈弁財天)のお堂。
境内には鎌倉時代の武将・和田義盛の子、朝比奈三郎義秀の館があったと伝わります。

左手には・・・

田谷の洞窟 定泉寺10


注意書きがあり、手燭(ローソク立て)が用意してあります。
さて参りますよ。

田谷の洞窟 定泉寺11


洞窟入口で種火からローソクに火をつけます。
手燭を持ち洞内に入っていきますが、
裸電球がところどころについており、真っ暗というわけではありません。

もぐまま、田谷の洞窟は、鎌倉の「やぐら」みたいなものかと想像していたのですが、
パンフレットの地図を見るとものすごく奥が深い。
しかも、江戸時代まで拡張され続け、上下に3層、総延長が1kmにも及ぶという
壮大なものだったのです。
宗教施設を比較するのは不謹慎と知りつつ、規模の面からいうと、鎌倉・長谷寺の
弁天窟(ブログ記事)より遥かに大きいです!

この洞窟の詳しい由来はよくわからないそうなのですが、ただ単にトンネル状の
洞窟になっているのではなく、壁面にはノミの跡が残り、
人工的な造作物であるのがよくわかります。

洞窟内撮影禁止で内部の様子を言葉で説明するのも困難なので(苦笑)、
定泉寺のHPから
洞窟拝観のページにリンクを張っておきますね^_^;

この図からでも、「阿吽の獅子・昇龍 降龍・迦楼羅(かるら)」の彫刻に始まり、
18もの見所ポイントがあります。
腰をかがめないと進めないところもあれば、どうやって掘ったのか?と思うぐらい
天井高のある円筒状のスペースがいくつもあり、それらにはぐるりと、
四国・西国・坂東・秩父の写し本尊の彫刻が彫られています。
訪れたことのある観音霊場のことを思い出しながら、
この壮大な地下伽藍を目の当たりにし、
信仰への情熱に畏怖の念を覚えずにはいられませんでした。

この洞窟内の御本尊である一願弘法大師に、ひとつだけお願いを叶えていただけるよう
お祈りしたり、高野山奥の院を模した空間には、金剛水という聖水が湧いていて、
大きな亀の立体彫刻があったりと、現在でも人家もまばらなこの土地に、
このような素晴らしい宗教世界が広がっているとは、誰が想像できるでしょう。

薄暗い縦横無尽の巨大地下迷宮を歩くうち、平衡感覚がおかしくなるような
感覚にも襲われたので、足もとには十分にお気をつけくださいヾ(・ω・`;)ノ

洞門からの外の明かり見えてきました。
ロウソクを消し、洞窟を出て、思わず洞窟に向かって頭を下げていました。

先ほどの休憩所に戻ってきました。
いやいや、ここはテーマパークのダンジョンなどでは決してありません。
マナーを守って、慎み深く拝観をしていただきたいものです。
拝観前は休憩所が人でいっぱいだったので気付かなかったのですが、
テーブルの上の冊子のようなものに目が行きました。

『日本のミステリー・ゾーン』

???

いやいや、ここはれっきとした宗教施設だろう、とツッコミを入れつつ、
何かと手に取ってみたら、ムック本でした。
しかも、記事のトップが「田谷の洞窟」(^◇^)

洞窟内の写真があり、新しそうだな、と思ったら、発行日が2017年
10月6日となっていて、できたてほやほやの本ではないですか。
絶対に欲しいです(o・∀・)b゙

受付で御朱印帳を受け取りました。
御朱印です。

田谷の洞窟 定泉寺 御朱印


ご本尊の厄除阿弥陀如来の墨書きで、
『四国西国坂東秩父 全国百八十八札所 総拝
となっており、この洞窟参拝は大きなご利益がありそうです(*^_^*)

本堂は外から参拝させていただいたのですが、本堂内にある厄除木魚を
厄年の人は年齢の数、他の人は二十一返叩いて厄除祈願ができると
パンフレットにはあるので、お願いするとさせていただけたのかもしれません。
ぜひともまた訪れたい印象深いお寺となりました。


<追記>

『日本のミステリー・ゾーン』、すぐに手に入れたいと帰りに本屋さんに立ち寄ったのですが、
店頭になく、店員さんに調べていただいたら、出版社のほうでもすでに「在庫僅少」という
ことです。



日本の書店さんを応援したいので店頭で購入したいところだったのですが、取り寄せに
日数がかかり、またそこは自宅近くの本屋さんではなかったので、結局アマゾンで
ポチしてしまいました。

鎌倉の「腹切りやぐら」(過去記事)や「まんだら堂跡」(過去記事)、
西国三十三所の札所・竹生島(過去記事)、将門の首塚(過去記事)、
蘇我入鹿首塚(過去記事)など訪れたことのあるところ、
これからじっくり回ってみたいと思っている明日香村の奇石群、
日本にある「キリストの墓」、「モーゼの墓」、「ピラミッド」??
つちのこ、かっぱ、人魚などのなんちゃってミステリー(笑)まで
64ページの薄いムック本ですが、写真もきれいですし、
ワンコインちょいで結構楽しめる内容になっています(≧∀≦)♪

それから「田谷の洞窟」の記事には、この定泉寺は関東大震災で倒壊してから
無住の時期が続いて、寺伝や古文書などが散逸し、洞窟の由来が
不詳となった、とあります。
横浜市の文化財指定はされていますが、資料が少ないため、文化財としての
ランクが上がらないそうです。保存、修繕をすべてお寺がまかなっているそうで、
もぐまま、大変に残念に思った次第です。


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
しなびたじゃがいもを埋めてみた…掘ってみた! 2018/07/19
お勧めプランター菜園 葉ショウガの収穫 2018/07/15
ハストモ募集!(タネからハスを育てる) 2018/06/27
新たなハスの花芽、発見! 2018/06/26
ハス 開花中継 3日目(2) 2018/06/25
ハス 開花中継 3日目(1) 2018/06/25
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR