「興福寺仏頭展」 トークショー

2013年9月3日(火)から11月24日(日)まで
東京藝術大学大学美術館で「国宝 興福寺仏頭展」が
行われています。

その記念イベントとして、トークショーが行われたので
最近なかなかつかまらない娘と、どうにか都合をつけて行ってきました。

トークショー

10月3日(木)午後7時30分〜午後9時
日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7)

第1部 対談「興福寺ってどんな寺院なの?」
講師:籔内佐斗司(彫刻家、東京藝術大学大学院 教授)、
辻明俊(興福寺 録事)
「せんとくん」(平城遷都1300年記念マスコットキャラクター)の生みの親でもある籔内佐斗司教授と、興福寺で広報・企画事業を担当されている辻明俊録事が、1300年に渡る興福寺の歴史や法相宗についてわかりやすく紹介します。

第2部 「仏像装束ショー&仏像鑑賞基礎講座」
講師:中村志野(東京藝術大学大学院 保存修復彫刻研究室 教育研究助手 博士(文化財))
仏の世界観や仏像の種類・技法など、展覧会をより楽しむための知識を概説します。また、会場からモデルを募って、「如来、菩薩、明王、神将」の装束を体験するショーも実施します。同研究室の小沼祥子さんが制作した模刻「興福寺蔵 八部衆のうち乾闥婆立像」もステージに展示します。


本展のほうにはまだ行けていないのですが
予習のためにはとてもよい勉強になりました。

内容はご覧の通りなんですが、前半の東京芸大大学院レベル(?)(笑)の
講義はとても楽しいものでした。
籔内佐斗司先生って、あの、最初人々がどん引きしてあまり評判が芳しくなく、しかし今では
超人気者となったせんとくんの産みの親の偉~い彫刻家の先生であります。

せんとくん

(2012年9月、東京日本橋「奈良まほろば館」にて撮影)

籔内先生、せんとくんと同じ顔でよく似ていらっしゃり、大阪弁で
飄々とお話され、また興福寺の録事でいらっしゃる
(8人のお坊様の中で上に3人いらっしゃるお立場で
虎視眈眈と頂点を狙っていらっしゃるという(笑))こちらも偉~いお坊様。
おふたりの、知識に裏打ちされた軽妙な掛け合いやりとりがとてもおもしろく
ややもすれば退屈で、重くなりがちな仏教のお話も、時々笑い声も聞かれるような
とても興味深いトークショーとなりました。

難しいことは私もよくわからないのですが、メモしてきたことをかいつまんでみます。

興福寺は法相宗(ほっそうしゅう)の大本山で、法相宗は南都六宗のひとつであり
中国起源(唐の時代)の仏教の学問でありながら、今では奈良にしか残っていないそうです。
「法」と「相」、「唯識(ゆいしき)」などというこの学問のコアの部分の簡単な説明もあったのですが
こういうのがありました。
「手を打てば はいと答える 鳥逃げる 鯉は集まる 猿沢の池」という歌があり
(関西風味のウィットのある歌ですね(笑))
はいと答えるのは猿沢の池の旅館の従業員のことだそうで
ひとつの事柄でも、三者三様の受け止め方がある、ということでした。
なるほど、このことがわかっただけでも、トークショーに参加した意義がありました(*^_^*)

そして、「白鳳の貴公子」と呼ばれる「銅造仏頭」です。
興福寺は焼け慣れした火災の多いお寺らしく
すでに100回以上の火災を経験しているそうです。

興福寺東金堂に安置された「銅造仏頭」に応永18年(1411)12月、またもや転機が訪れます。火災のために東金堂が焼け、「仏頭」は運び出すことができないまま破損してしまいました。その後の所在についての記述は途絶え、所在不明となっていましたが、昭和12年(1937)10月、東金堂の解体修理中に現本尊台座内にあるのが偶然発見されました。「仏頭」は台座の中で木箱の上に乗せられ、本尊と同じ西向きに置かれていたのです。誰がどのような思いで「仏頭」をここに収めたのか、それがどうして伝えられずに来たのか。謎は深まるばかりです。


「国宝 興福寺仏頭展」ホームページより

頭部だけで1メートル近くあり、中は空洞なんだそうですが
重さが562㎏あり、そもそもそんな巨大な仏像(8000㎏の重さと推定される)が
飛鳥の山田寺から興福寺東金堂にどうやって運ばれたのかも謎で
金メッキされた仏像であっただろうとは言われれいますが
残った頭部に螺髪(らほつ・丸まった髪)があったのかどうか
立像だったのか坐像だったのか
如来だったのか菩薩だったのか
すべてが謎に包まれており、想像するしかありません。
また、526年の時を経て発見されたというのも驚きです。

実物の白鳳の貴公子を見られることに
ワクワク感が搔き立てられます!

さて、一転して、第二部は仏像ファッションショー♪
会場から仏像モデルを挙手にて募集。
勇敢な仏像コスプレ志望のかた多し!(笑)
東京芸大の籔内先生の学生さんたちが着付けをして
ステージで実演。

仏像とか仏画とか、衣装は適当に空想で創られたものかと思っていたら
ちゃんと着方があり、再現もできるのですね。
目の前で見て、驚きでした。
一枚の布を体に巻き、体の前でひだを作り、腰ひもで縛って
ひだを出すときれいなひらひらができます。
右肩を出して、布を斜めがけ、
寒い時には腰布を巻いたり、肩から布をまとったり。
菩薩さまは王族ですから、煌びやかな首飾りや腕輪を
身に付けたりもします。

勇敢なコスプレーヤーの皆さまに拍手を!

仏像コスプレ

左にいらっしゃるのがせんとくん籔内先生です(*^_^*)


興福寺蔵 八部衆のうち乾闥婆立像模刻


(興福寺蔵 八部衆のうち乾闥婆立像模刻)


いや~、ものすごく興味を掻き立てられるトークショーとなりました。
仏像ファンになってしまうかも、です( ̄ー ̄)

おみやげに興福寺より「南円堂創建1200年記念」の
「にほひ袋」をいただきました。
中金堂の余材を刻んで白檀などの天然香料を配合してあるそうです。
只今パソコンの周辺に強烈なお寺の香りが漂っております(*^_^*)


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)
関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

切腹最中

えー、ワタクシ、事をしくじって、切腹の最中・・・
というわけではございません( ̄ー ̄)

「切腹最中」(せっぷくもなか)という和菓子のことです。

興福寺仏頭展トークショーに向かうのに、東京・新橋で乗り換え。
少しだけ時間があったので、以前から機会があったら立ち寄ってみたかった
和菓子屋さんの「新正堂」(しんしょうどう)さん。

もぐまま、お店のホームページの地図を印刷して持ってはいたんですが
近くまで行っているはずなんですが、結局場所がわからず。
もぐ娘がスマホで位置確認してくれました(*^_^*)

やっと見つけた~。

新正堂1


お店のかたも、よくお越しくださいました、とにこやかに迎えてくださいました。

『当店は「忠臣蔵」の起こりとなった田村右京太夫屋敷跡にあり
浅野内匠頭が3月14日にお預け
即日切腹をされた場所にあります』
と、お店でいただいたチラシに書いてあります。
日本の歴史を刻んだ場に、この和菓子店があるのですね。

今の店主さんは三代目とのことですが、アイデアマンでいらっしゃるのでしょうね、
酔っぱらいおやじビジネスマンの街、新橋にマッチした
楽しいネーミングの和菓子がたくさんあって、どれもおいしそうだし
とっても迷いました。

新正堂2


どうです、このもなかの見事な切腹ぶり(^◇^)
巻いてある紙のテープは鉢巻きのイメージだそうですよ。
たっぷりのつぶあんの中に求肥のおもちが入っています。
満足感もたっぷり~♪

某ドラマの影響で、世の中、土下座ブーム(?)のようですが
いやいや、そんなみっともないことをしないで
失敗があったり、決死の覚悟を見せたり
腹を割って話すなら(笑)、潔く、この切腹最中で。

R25「お詫びの品」第一位(笑)をはじめ、
メトロガイド「東京うまいもの大賞」読者投票第一位、
「全国ANAスイーツ」第一位など
錚々たる受賞歴のお品でございます。

「景気上昇最中」は小判形の皮に黒字にちなんで
黒糖を使ったこしあんが入っています。
景気上昇を祈願し、箱の上には
右肩上がりに「景気上昇最中」の千社札シールを貼ってくださるそうです。
こちらのもなかは、お口の中でほろほろとろけて
とてもやさしい味わいです。

愛宕山にちなんだ「出世の石段」、ずっしりとした忠臣蔵陣太鼓「どら焼き」、
歌川国芳の武者絵で四十七士を揃えた「義士ようかん」(もぐ娘お気に入り)など
いろいろ買っちゃいました(*^_^*)

これは東京みやげとしてぴったり!
下心用途に合わせたお持たせにも
とっても喜んでいただけそうですよね(*^_^*)

新正堂ホームページ


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)
関連記事

テーマ : ご当地名物
ジャンル : グルメ

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
コスモスと石の寺 西国薬師 第3番 般若寺 2017/11/13
玄奘三蔵院ご開扉 西国薬師 第1番 薬師寺 2017/11/11
鑑真の情熱を伝える寺 唐招提寺 2017/11/08
うめだ阪急「イタリアフェア」 2017/11/02
大町阿礼作 WEB小説「北円堂の秘密」 2017/10/21
『運慶展』@東京国立博物館(平成館) 2017/09/29
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR