日光・第二いろは坂 明智平からの眺望

坂東三十三観音巡り、いよいよ関東北部へは最後の遠征地となる
中禅寺に向かいます。

台風18号の接近が心配されましたが、前日夜の天気予報では
日光地方、お昼頃は太陽マークひとつ、降水確率ゼロでした。

中禅寺湖に向かういろは坂、第二いろは坂(上り専用)に入ろうかと
いう時、何ですか?このフロントガラスに点々とついているものは・・・?

第二いろは坂1


さて第二いろは坂に突入です!
43秒のビデオですが乗り物に弱いかたは酔います。)





海抜1173メートル地点。

第二いろは坂2 第二いろは坂3


うーん、残念過ぎる眺望です。

第2いろは坂終点近くにある明智平(標高1274メートル)です。

第二いろは坂3


真っ白です~(*´Д`)=з

こちらから下りの第一いろは坂、方等ノ滝と般若ノ滝が見えます。





方等ノ滝

方等ノ滝

(豪快なように見えますが、どうやらそれは堤防で、
滝はその下の部分だそうです。)

般若ノ滝

般若ノ滝


ロープウェイで中禅寺湖や華厳ノ滝を見渡せる
明智平展望台へ行けるのですが、もやがかかってきました。
展望台へ上がる人もあまりないのか、頻繁に運行していないような・・・。

明智平ロープウェイ


すでに紅葉も始まっていましたし
この景色で満足することにいたしましょう。
先へと急ぎます。


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


立木に彫った観音様 坂東観音第18番 中禅寺(1)

第二いろは坂を下りると間もなくで中禅寺湖です。

中禅寺1


立木観音入口。二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)の扁額のかかった大きな鳥居、
そして中禅寺湖です。
この先には日光二荒山神社中宮祠(ちゅうぐうし)があります。
日光二荒山神社は、標高2486メートルの二荒山(男体山)を御神体山と
仰ぐ神社で、日光の氏神様です。
湖畔に中宮祠、男体山山頂に奥宮、日光山内に御本社があります。
日光連山をはじめとしてこれらすべてが御神域になります。

「ふたら」とは観音浄土の補陀落(ふだらく)から出ており、
日光の地名は、二荒を音読みにしたものといわれています。
延暦元年(782)、前人未到だった男体山山頂をきわめたのが勝道(しょうどう)上人で、
頂上に二荒山神社を祀りました。
その2年後、修行の場として建立したのが中禅寺(立木観音)です。

ここを中禅寺湖に沿って左手に行くと
坂東観音第十八番札所中禅寺に至ります。

中禅寺2


ここが我々が訪れるべき関東北部の最後の札所です。
ちょっと感慨深いです。

入口が仁王門になっています。

金剛力士像

中禅寺4 中禅寺3


仁王門の天井

中禅寺5 中禅寺6


仁王門裏の風神、雷神像

中禅寺7 中禅寺8


いきなりいいですね~♪
心がはやりますo(*^▽^*)o

梵鐘

中禅寺9


ここ、どうやら中に入れそうですよ。

中禅寺10


もう、もぐぱぱが先に潜入しようとしています。
上がれそうなところはどこでも上がるもぐぱぱ。

狭くて急な階段を上がると、いきなり頭上に梵鐘が。

中禅寺11


低い。狭い。

中禅寺12


しかも鐘つき棒が外に出ちゃってます!

中禅寺13


外には男体山と中禅寺湖にボートが浮いているのが
見えています。

しゃがんで鐘をつきました。

ここからの中禅寺湖の眺望が素晴らしい。

中禅寺15 中禅寺14


早春に紅色の花をつけるという桂の木。

中禅寺16


中禅寺のご本尊である立木観音は、勝道上人が
これと同種類の桂の巨木を選んで、立木のまま刻んだということです。
これが立木観音の名前の由来なんですね。


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


立木に彫った観音様 坂東観音第18番 中禅寺(2)

「延命水」と出ていましたが、野趣溢れる霊泉です。

中禅寺17


石像 不動明王坐像・護摩壇

中禅寺18


日光修験の護摩を焚く炉を置く場所のようですが
ちょっと珍しいですよね。

本堂のほうに向かいます。

中禅寺19


身代りの瘤(こぶ)

中禅寺20


杉の木でしょうか、立派なこぶですね。

本堂

中禅寺21


お坊様がガイドツアーをしてくださいます。
勝道上人が桂の木に彫ったという立木観音はこの中に。

写真が・・・ないんですよね。
撮影禁止です。
では、ご本尊の十一面観音菩薩は中禅寺のサイトでご覧ください。

この素晴らしくて大きくて(像高6メートル)黒っぽい観音さまが間近で見られるんです。
国の重文で、常時拝観できます。
脇侍の四天王像は源頼朝の寄進によるものだそうです。
ちょっと圧倒されるかんじです!
立木に彫られたということなので、根っこが生えているそうです!

ガイドツアーのお坊様、
「皆さまは12年に一度の素晴らしい年にお参りにいらっしゃいました。
観音さまの手に結ばれたお手綱を触って、お願いごとを叶えていただけるように
ご縁を結んでくださいね。
この中禅寺は檀家さんがおられないんです。
より深いご利益をいだだけるように、
この午年の記念として、午年限定、お手綱と同じ色のお守りをご用意しております。
腕に巻いてもかばんにつけてもいいですね。
それから観音さまを表す梵字が入ったお守り、
手のひらに握っておりますと七色に色が変わります。
お色によって運気が変わります。
黄色になったかたが宝くじで63万円当たった、というご報告もいただいております。
お守りは他の寺社のお守りと一緒に持ってもまったく構いません。
ぜひこの機会にお求めください。」

えーっと、素晴らしいご本尊の前でこの催眠商法の営業トークお話を聞くと
ついふらふら~~っとお守りが欲しくなってしまいますよね。
こんなに立派なお寺に、檀家さん、いないんですよね。
もぐぱぱは七色のお守りに敏感に反応した模様。
もぐままは期間限定ものに弱し。
お守りふたつ、お買い上げ~(*´-`)

七色に変わるお守りとお手綱と同じ色の午年限定お守り

中禅寺22


お寺を出てから、もぐままはさっそく腕につけました。
もぐぱぱのほう、握っていると、本当にオレンジや緑、
青や、きれいな紺色にころころ変わります。
(さあ、このお守りを握りしめて宝くじ買いにいくべ!)

さて、立木観音のお参りの後、五大明王が安置された
五大堂に上がれます。
大雲龍の立派な天井画がありました。

五大堂からの眺め。

中禅寺23



中禅寺24


下から見た五大堂

中禅寺25


美しいですよね。

御朱印をいただきました。

坂東十八番
日光山 中禅寺
大悲殿
午歳結縁

中禅寺27


観音様も眺望も建物も、なかなか素晴らしかったです。
とても満足して中禅寺を後にしました。

中禅寺26


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
オオシオカラトンボの産卵(@横浜市) 2021/06/08
大葉(青じそ)の水耕栽培(6月1日更新) 2021/06/01
『天皇家のお葬式』(大角 修・著) 2021/05/25
手作りキャラメルナッツ 失敗の理由 2021/05/16
シャクヤク「レディー・イン・レッド」をお部屋に 2021/05/07
シャクヤク「レディー・イン・レッド」 2021/05/03
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR