浴室のリフォーム

トラブって止まっていた浴室のリフォームが昨日ようやく終了しましたヽ(*´∀`)ノ
これで水回りのリフォーム、すべて完了です。
しかし、この殺人的な猛暑の中、風通しの悪い洗面所・浴室で
作業をしていただくのは本当に気の毒でした。
私のできることといったら、扇風機を利用していただいて、
いつもクーラーボックスに氷水に浸けたペットボトル入りのドリンクを
用意するぐらい。

時々、「ここ、どうしますか?」や「水道止まります!」
「ブレーカー落とします!」とかあるので、
私のほうも常に待機していないといけなかったので
短期間(1週間の予定が、浴室の修正が終わったのが3週間後(汗))でしたが
結構気疲れ、暑さ疲れ(?)しました。
今回はうちは水回りだけでしたが、お宅によって全室リフォームなど長期に渡ると
家人のかたが本当に病気になってしまわれることもあるそうです。
年に1回など、計画的に、部分的に手直しをして行かれるというお宅もあるそうです。

お風呂、できました!
20数年前にスタンダードだった全面ベージュ色、ま四角の浴槽で、
床が冷たく冬はとても寒く、油断するとすぐカビの生えてしまっていた暗い浴室が
(どんだけひどいねん(笑))

ジャーン!

浴室のリフォーム TOTOクレアライトグレー


浴室もまた、このように1面だけ「アクセントパネル」にするのが流行のようで
これはTOTOのバスルームで一番人気らしいクレアライトグレーというパネルを使用しています。
モデル的にはそこそこ標準的な仕様なんですが、
最近のお風呂はおしゃれですね~!
壁面パネルの色や模様だけでなく、浴槽、床、水栓、シャワーやミラー、
照明、収納棚に至るまで、すべて自分の好みに合わせてタイプを選べるので
結果的にはかなりオリジナルなものになります。
浴室や浴槽、洗い場も広がる工夫がされていて、
ゆったり感もアップ!
床も冷たくなくて、タイル調なんですが、クッション性があり、
タイルに見えるけれど、タイルじゃない・・・
それはひとつひとつ実際のタイルを型取りして再現している床材だからだそうです。
(やるな、TOTO!)
浴槽はもちろん「魔法びん浴槽」で冷めにくく、
省エネ住宅ポイントの対象になります。

予算的にこだわったのはひとつだけ、浴室換気暖房乾燥機
「三乾王」をつけました。
これで冬は暖かく、そして何日も雨が続いても最低限のお洗濯ものを
浴室で乾かすことができます。
助かります~!
小さなスペースですが、かくして理想の浴室を完成させることができました(*´-`)


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)
関連記事

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

孤独になっためだかちゃん

昨日の朝、ハス鉢にいるめだかのペアにエサをやろうと
ハス鉢を覗いてみたら・・・

うわぁ~、メスのめだかちゃんが鉢の隅っこで☆んでる ヽ(ι´Д`)ノ
ここ数日、卵を抱かなくなり、ペアのどちらも
元気も食欲もなく、気にはしていたんです。
それでも、1日数匹ほど赤ちゃんめだかを見つけており、
見つけたら、プラレンゲで掬って
シェルターに移していました。

赤ちゃんめだかをレンゲで掬うんですが、糸くずみたいなのが
生きていける術は「逃げ足」だけなので、なかなか捕まらないんです。
掬い損ねたところを、このメスめだかがパクッと口に入れたのを目撃した時は
ちょっとクラクラしましたil|li _| ̄|● il|li

赤ちゃんは生まれているし、食欲がないのは
お召し上がりになっていて、お腹がいっぱいだからなのかな、と思っていたのです。

このめだかのペアは、うちに来た時からとても仲良しで、ほほえましかったので
残念でなりません。




気温が高い時期は水質が急激に変わりやすく
お魚にとっては危険です。
かわいらしかったメスのめだかちゃん、安らかに。

実は、どんどん生まれるめだかの赤ちゃん、
百数十匹は「救った」と思うのですが、
シェルター内で増えたり減ったりはしていたようで、
減るということは☆んでいる、ということで
もっと早く気づくべきだったのですが、
シェルターのストッキングに藻が生えて水の流通が悪くなっていて、
シェルター内で☆んだメダカから病気が発生し、
どんどん数が減っていたのですね。

それに気付いた時はかなり手遅れで、
生き残った赤ちゃんをプラの飼育ケースに移したのですが、
それ以降も1日十匹単位で落ちて行き、
落ち着いたところでまたハス鉢のシェルターに戻したのですが、
結局生き残ったのは23匹でした。
小さな命を維持するというのは本当に大変です。

親メダカにとって、ハス鉢の環境が悪くなっていた可能性が
考えられるので、残されたオスちゃんは引き上げることにしました。
急遽1リットルボトルを立ち上げて、オスちゃんを避難させました。

メダカ ボトルアクアリウム


この子は瞳がクリクリとして大きく、とても愛嬌のある顔をしているのです。
一匹で、寂しそうにぼんやりと浮かんでいるだけです。
健康に問題があるのかもしれませんし、良き伴侶を失って
ショックなのかもしれません。
まだ食欲も戻りません。
もしかしたらあまり長くないかもしれません。

あまりにも淋しそうなので、エアコンのあるリビングにボトルを置きました。
そして、玄関の出窓に置いているアカヒレのボトルも、北向きにもかかわらず
水温が32度ほどになり、これ以上上がるとアカヒレとミナミヌマエビが
茹でられてしまうという判断もあり、こちらもリビングへ移動。
(ボトルアクアリウムは移動が簡単なのが助かります。)
ふと、このふたつのボトルを隣り合わせでくっつけてみると・・・

メダカ アカヒレ ボトルアクアリウム


オスめだかは、賑やかでいつも大騒ぎしているアカヒレのボトルの中を覗き込み
ちょろちょろ動くようになりました。
お隣さんの喧騒を眺めて、淋しさが紛れるといいのですが。
(めだかをアカヒレボトルに入れてしまうか、とも考えたのですが、
それはあまりにも問題が多いと思われるのでやめました。)

オスめだかを引き上げた結果、ハス鉢の狭いシェルターに閉じ込めていた
赤ちゃんめだかをリリースすることができました。

ハス鉢のめだかの赤ちゃん


23匹のめだかの赤ちゃん。
何匹かでも残すことができるでしょうか。

ところで種から育てているハスなんですが、大きなレンコンのほうのハス、
今まで見たことのないような立派な葉が立って、
今年こそ花をつけるかと期待したのですが、
そのまま終わってしまったようです。
またまた来年までお預けです(;-ω-) =3


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)
関連記事

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
快慶作の文殊菩薩 安倍仲麻呂と安倍晴明ゆかりの寺 安倍文殊院 2017/07/19
桜井遺跡散策 メスリ山古墳から安倍寺跡へ 2017/07/14
天平のイケメン仏像 国宝十一面観音 聖林寺 2017/07/12
秘仏・談峰如意輪観音の特別公開 談山神社(4) 2017/07/05
大阪 都島神社の大祓式 2017/06/30
期間限定御朱印と紅葉おみくじ 談山神社(3) 2017/06/28
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR