西国三十三所の散華(さんげ)



(↑訂正 青岸渡寺)

わざと完成させない建築があるぐらいですから、いずれまた那智勝浦に
行けることを願って、しばらくこれでいいかと(^^)

最近、熊野三山に行きたいと思うようになり、熊野三山のうち
青岸渡寺と熊野那智大社は訪れましたが、
熊野本宮大社と熊野速玉大社はまだです。

大阪からでもものすごく遠くて、この世の果て感はんぱないのですが、
熊野が平安時代から浄土の地であると信じられたのも
うなずけます。


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


トーハク特別展「平安の秘仏」櫟野寺の大観音とみほとけたち

上野の東京国立博物館にやってきました。

「平安の秘仏」展


特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺(らくやじ)の大観音とみほとけたち」が
開催中(2016年9月13日~12月11日)です。
展覧会公式サイト

「平安の秘仏」展2


滋賀・櫟野寺(らくやじ)の通常非公開の秘仏、
十一面観音菩薩坐像が寺外初公開!
像高3.12m、台座・光背を含めると5mを超えるという
重文の坐像の十一面観音菩薩としては日本最大です。

音声ガイドに、みうらじゅんさんといとうせいこうさんの「櫟野寺での思い出」が
収録されているということで、つい借りてしまいました(*^_^*)

展示は一区画でこぢんまりとしていますが、中央にドーンとお座りになった
十一面観音はやっぱり圧巻!
衣の紋様もよく残っていて、本来は色鮮やかな衣を纏っていらっしゃったのが
わかります。
お顔はふっくらとして柔和、厚い唇が魅惑的です。



頭と体は1本の木で作られており、櫟野寺のある滋賀県甲賀市は
最澄が延暦寺を建立するのに良木を求めて訪れた場所で、
櫟野寺の櫟は「いちい」(の木)なんですね。
甲賀は仏像のふるさとと言えるのかもしれません。

お寺のお坊さんが彫ったものではないか、といわれるような
ちょっとびみょーな仏さまもいらっしゃいましたが
平安時代の、癒し系の優しさのある仏像ばかりでした。

平成30年(2018)の秋には櫟野寺にて33年に一度の大開帳が行われるそうです。


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術


上野で御朱印散歩(寛永寺、輪王寺、護国院)

上野、東京国立博物館で「平安の秘仏」の展覧会を見にきたついでに、
上野周辺の神社仏閣にお参りしたいなぁ、と上野散歩。

上野恩賜公園は元々徳川将軍家の祈祷所・菩提寺の寛永寺の
広大な境内地でした。
戊辰戦争(上野戦争)や明治政府による境内地の没収で
寛永寺は壊滅的な打撃を受けました。
明治12年(1879)寛永寺の復興が認められ、現在地(旧子院大慈院跡)に
川越喜多院より本地堂を移築し、根本中堂として再建されました。

竹の台噴水

上野恩賜公園 竹の台噴水


竹の台にはかつて寛永寺の壮大な根本中堂がありました。

東叡山寛永寺 本堂(根本中堂)

寛永寺


寛永2年(1625)創建。開基は徳川家光、開山は天海、
本尊は最澄が刻んだと伝わる秘仏の薬師瑠璃光如来(国重文)。
京都御所の鬼門に位置する比叡山延暦寺にならい、
江戸城の鬼門に位置する上野の寛永寺は、東の比叡山ということで
東叡山という山号になりました。

徳川歴代将軍15人のうち6人が寛永寺に眠るということですが、
現在では非常にあっさりとしたお寺になっています。
徳川将軍御霊廟(国重文)は5名以上の団体で申し込むと
参拝できるそうです。

上野公園周辺の神社仏閣は徳川家ゆかりということで、
日光東照宮でいただいた御朱印帳で回ることにしました。

日光東照宮 御朱印帳


寛永寺の御朱印です。

寛永寺 御朱印


寛永寺に先だって訪れた(上野駅に近い)のが東叡山輪王寺 開山堂(両大師)。

開山堂(両大師)


輪王寺はもと寛永寺の伽藍の一部で、御本尊は阿弥陀如来。
天海(慈眼大師)と良源(慈恵大師、元三大師)をお祀りすることから
両大師と呼ばれます。

「祈武運」の碑が建つ阿弥陀堂。

輪王寺 阿弥陀堂


左から、地蔵大菩薩、阿弥陀如来、虚空蔵菩薩。

輪王寺 阿弥陀堂2


本堂前の参道左右にある銅燈籠はもと上野の大猷院(徳川家光)霊廟に
奉納されたものだそうです。

輪王寺 灯籠2



輪王寺 灯籠1


本堂

輪王寺 本堂


御朱印をいただきました。

輪王寺 両大師 御朱印


寛永寺旧本坊表門(国重文)

寛永寺旧本坊表門


現在の東京国立博物館の敷地はもと寛永寺本坊であり、その正面にあった門が
輪王寺に移築されました。

寛永寺の次に向かったのが寛永寺の最初の子院、東叡山護国院。

護国院4


東叡山釈迦堂の別名があり、谷中七福神の1つである大黒天を安置します。

護国院1



護国院2


こぢんまりした小院に見えますが・・・

護国院3


お堂の中は意外に広いです。
そして大黒様だけではなく、なかなかの仏像コレクション!

御朱印をいただきました。

護国院 御朱印


寛永寺は4時になったらパタパタと蔀戸(しとみど)を閉められましたが
護国院は5寺までのようです。
しかしここで時間切れ。

寺社情報は「ご朱印びと」の上野恩賜公園でいただける御朱印10個
参考にさせていただきました。
また上野の美術館に訪れることがありましたら、次回は上野東照宮周辺を
お散歩してみたいと思います。


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
オオシオカラトンボの産卵(@横浜市) 2021/06/08
大葉(青じそ)の水耕栽培(6月1日更新) 2021/06/01
『天皇家のお葬式』(大角 修・著) 2021/05/25
手作りキャラメルナッツ 失敗の理由 2021/05/16
シャクヤク「レディー・イン・レッド」をお部屋に 2021/05/07
シャクヤク「レディー・イン・レッド」 2021/05/03
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR