晩秋を満喫 横浜 三溪園の紅葉

晩秋といってももう12月!
お天気もいいので、近場で紅葉を、と思ったら、三溪園はまだ見頃、
ということだったので、行ってきました(*^_^*)

京都の西方寺から移された海岸門はネコちゃんたちの集会所。

三溪園2016秋1



三溪園2016秋2


イチョウの絨毯。

三溪園2016秋3


特別公開中の聴秋閣(重文)。

三溪園2016秋4


二条城にあったといわれる、徳川家光・春日局ゆかりの楼閣建築です。

渓谷遊歩道を通って・・・

三溪園2016秋5


聴秋閣を上から。

三溪園2016秋6



三溪園2016秋7



三溪園2016秋8



三溪園2016秋9



三溪園2016秋22


横笛庵(よこぶえあん)も公開中。

三溪園2016秋23


奈良・法華寺からの移築といわれる田舎家風草庵。

横笛庵の小窓から。

三溪園2016秋11


旧矢箆原家(きゅうやのはらけ)住宅(重文)の囲炉裏。

三溪園2016秋12


暖かくてほっこりするのですが、住宅の2階まで煙が満ちていて、
いぶされた虫の気分です。


三溪園2016秋13


旧東慶寺仏殿(重文)

三溪園2016秋14


縁切寺で知られる鎌倉・東慶寺にあった禅宗様の仏堂。
東慶寺(ブログ記事


三溪園2016秋15



三溪園2016秋17



三溪園2016秋16


旧燈明寺三重塔(重文)

三溪園2016秋18


京都・木津川市の燈明寺(廃寺)にあった建物。
関東地方にある木造の塔では最古のものです。


松風閣

三溪園2016秋19


伊藤博文が命名。東京湾の絶景を望むことができましたが
関東大震災で消失。

ありし日の松風閣。

三溪園2016秋20


現在は展望台に松風閣の名前を残します。
どんな絶景が見えるのかとわくわくすると・・・

三溪園2016秋21


海や三浦半島、房総半島まで見ることはできますが、現在は見渡す限り
工業地帯、コンビナート群となっております。
初めてここに上った時にはがっかりしたものです(´・ω・`)
今日は富士山が少し顔を出していたのが救いでした。


(関連記事)
桜満開!国指定名勝 横浜 三溪園
春爛漫!横浜 三溪園にて


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)
関連記事

テーマ : 桜や紅葉の名所・観光地情報
ジャンル : 旅行

底脱の井と十六の井 鎌倉観音第26番 海蔵寺(1)

鎌倉三十三観音巡礼、なんと10ヶ月ぶりに、共に巡礼しているもぐ娘と
第二十六番札所の海蔵寺(かいぞうじ)に参拝してきました。(実は初めて訪れます。)
鎌倉はまだ紅葉が見られるので、今行かないともったいないですもんね^_^;

横須賀線の線路から外れて歩いて行くと、みごとな紅葉のトンネル!

海蔵寺へ 紅葉のトンネル


臨済宗 建長寺派 扇谷(せんこく)山 海蔵寺(かいぞうじ)

海蔵寺1


山門を入る前にちょっと右手へ。

底脱(そこぬけ)の井

海蔵寺3


鎌倉十井の一つ。中世の武将安達泰盛の娘・千代能が
ここに水を汲みに来た時、水桶の底がすっぽり抜けました。

海蔵寺2


「千代能がいただく桶の底脱けて
水たまらねば月もやどらじ」

海蔵寺4


実は、心の底が抜けて悟りが開けた、という歌だということです。

山門を抜けると、こぢんまりとはしているものの、お堂とお庭が美しく
配置された境内がぱっと広がりました。

海蔵寺5



海蔵寺7


赤い傘のところに「弘法大師遺跡 十六井戸」という案内がありました。

海蔵寺6


「十六の井戸の扉を開けてあるので、百円を納め、縁記書を受けて
参拝願います」とあります。
お参りの前に行ってみたいと思います。

仏殿(薬師堂)の脇を入っていきます。

海蔵寺8


先が見えなくてわくわくする細道ですヽ(^。^)ノ

と、思ったら、思いがけずパン屋さんが(≧∀≦)♪

海蔵寺9


お茶することもできるみたいですね。今度来た時は寄ってみよう( *´艸`)

と、思ったら・・・

おおっ!

海蔵寺10


目の前に、洞門ともいうべきトンネルが!
冒険心をくすぐられます(☆。☆)
そしてここを通り抜ける瞬間・・・

クールジャパン!(涼)

空気が変わりましたですよ( ´艸`)

洞門のその先には・・・

海蔵寺11


ありました。やぐらのようなほら穴のような・・・。

石が湿っていて滑りやすくなっています。注意しながら上がります。

覗きました。

おおっ!

海蔵寺12


暗くて見えにくいのですが、きれいにならんだ丸い穴に
水が湛えられております。

鎌倉時代の遺跡で、径70cm、深さ40~50cmぐらいの井が16穴並んでいるということなんですが、
枯れもせず、水没することもなく、透明度のある清水がうまい具合に
溜まっているかんじがします。

奥には弘法大師像と・・・

海蔵寺13


観音菩薩像がお祀りされています。
不思議な光景に、思わず手を合わせてしまいます。

弘法大師が掘った「閼伽の井戸」や「金剛功徳水」と伝わり、
観音菩薩のお告げの通りにすると、霊験あらたかな水であったということです。

納骨穴であるという説もあるそうなんですが、海蔵寺の住職によると
湧水地と十六という数字(十六菩薩)を思えば、菩薩にお供えする閼伽の水で
あろう、ということで、現在でも謎に包まれているようです。

海蔵寺が「水の寺」と呼ばれる由縁ですが、もぐまま、鎌倉ミステリースポットの
ひとつに認定したいと思います( ´艸`)


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)
関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
快慶作の文殊菩薩 安倍仲麻呂と安倍晴明ゆかりの寺 安倍文殊院 2017/07/19
桜井遺跡散策 メスリ山古墳から安倍寺跡へ 2017/07/14
天平のイケメン仏像 国宝十一面観音 聖林寺 2017/07/12
秘仏・談峰如意輪観音の特別公開 談山神社(4) 2017/07/05
大阪 都島神社の大祓式 2017/06/30
期間限定御朱印と紅葉おみくじ 談山神社(3) 2017/06/28
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR