巨大なお数珠に願掛け巡拝 京都 赤山禅院(1)

京都の北東方面、修学院に来ています。
関西に帰ってきたので、京都のどこかに、と思い、いつもは京都の中心地しか
行かないので、ちょっと端のあたりに訪れてみました。

比叡山


なんとっ、比叡山がこんなに近いです。

比叡山に向かって歩いて行くと、住宅地に鳥居です。

赤山禅院2


赤山禅院(せきざんぜんいん)の鳥居です。

赤山禅院1


赤山禅院の本尊が赤山大明神(泰山府君)。
陰陽道の祖神(おやがみ)とされる中国の神、泰山府君を勧請したのだそうです。
これは後水尾天皇が修学院離宮へ行幸の際に賜った勅額のレプリカです。

山門

赤山禅院3


赤山禅院は京都の都七福神の札所のひとつ(福禄寿)です。

赤山禅院4


もみじ寺と呼ばれる紅葉の名所でもあり、1ヶ月前ならここはきれいな
紅葉のトンネルだったことでしょうね。

拝殿

赤山禅院6


赤山禅院は慈覚大師 円仁の遺言により、仁和4年(888年)に創建された
比叡山延暦寺の塔頭です。
京都御所から見て表鬼門の方角(東北)に位置し、方除けの神として
信仰されました。

拝殿の屋根には表鬼門を守護する猿。

赤山禅院5


御幣と鈴を持っています。
夜になると暴れ出し、いたずらをするので金網の中に閉じ込めたと
伝わります。

拝殿前に境内の案内図があったのですが・・・

赤山禅院7


いろいろなお堂があるようです。

地蔵堂(本地堂)

赤山禅院8


赤山大明神は地蔵菩薩の化身とされているそうです。
お厨子がありお前立ちの形でお地蔵様がいらっしゃいました。
お前立ちのお地蔵様って珍しいんじゃないでしょうか。

地蔵堂の前に寒桜が咲いていました。

赤山禅院10


かわいらしいですね(*^_^*)

ここでふと・・・あー、ここ、テレビでやっていました!
紅葉の季節に、寒桜、 カエデ、イチョウの彩りの競演が
一枚の写真に収まると。

赤山禅院9


手前から寒桜、カエデ、お堂の向こうがイチョウですね。
今はどれも葉はありませんが、紅葉のスポットとして
紹介されていたのは赤山禅院だったんですね^^
次回はぜひ紅葉の季節に来てみたいです。

本殿の手前にあるのが・・・

赤山禅院11


「正念誦(しょうねんじゅ)」という巨大なお数珠です。

赤山禅院12


境内を正しい順に巡ると、最後にもうひとつ、「還念珠(かんねんじゅ)」というのが
待っていて、最初のお数珠をくぐりながらお願いごとをして、参拝の間思い続け、
還念珠でやはりその願いが大切だと考えるなら、努力をすることを誓い、
仏さまに力を貸していだだけるよう祈るとご加護があると。

もちろんお願いごとを思いながら巡拝いたしました(*^ ^)b

本殿

赤山禅院13


ご本尊の赤山大明神がお祀りされています。

赤山禅院は天台宗のお寺ですが・・・

狛犬さん・・・

赤山禅院14


鬼のついた「鏡」に梵字??

赤山禅院15


お寺なんだけど、神様がお祀りされていて・・・

二礼二拍手はしたほうがいいのよね?ヾ(・ω・`;)ノ

ワカラン・・・。

三十三観音

赤山禅院16


十六羅漢

赤山禅院17


フォトロケーションとしても、あちこちが絵になります。

弁財天堂

赤山禅院18


出世弁財天として信仰されています。

お堂の中に鳥居!!

赤山禅院19


絵馬掛けのところ、こちらが赤山大明神のお姿でしょうか。

赤山禅院20


都七福神の札所の福禄寿堂に向かいます。


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


京都 都七福神の福禄寿 赤山禅院(2)

赤山禅院の福禄寿堂です。





七福神が勢ぞろい。

赤山禅院21 赤山禅院22


福禄寿堂が赤山禅院の御朱印所となっています。

お寺の御朱印



福禄寿の御朱印



京都の都七福神の御朱印は掛け軸、専用の御朱印帳(七福神のイラスト入り)、
大きな色紙などにいただけます。

御朱印をいただきなから・・・



福禄寿のおみくじ・・・(-_-)ジロジロ

「手作りの福禄寿で、中におみくじが入っているんですよ。」
それでピンセットが置いてあるんですね。

手作りだし可愛らしいし、ついいただいてしまいました(*^^*)

お正月には1日早いですが、来年の運試し。

めったにおみくじはしないんですが、大吉でしたヽ(^0^)ノ
いい年になるといいなあ。

この福禄寿のおみくじはおうちに飾っておいて、何かの折りに
読み返してみるといいそうです。

福禄寿堂の先は奥の院といった風情です。



鬼門方除けの神、金神(こんじん)を祀った金神社、歓喜天のお社、
そして縁結びの神、相生社。



相生社の絵馬は「おしどり絵馬」として知られます。



御滝堂

  

不動明王がお祀りされていますが・・・

裏が滝になっています。



これは・・・清水寺のように、ひしゃくでお水をいただくのじゃなくて
お水をかぶるほうですよね(^。^;)
(追記:清水寺の音羽の滝もそもそもは修行の場だったそうです。)

不動堂



比叡山延暦寺と赤山禅院を結ぶ雲母坂(きららざか)にあった
雲母寺(うんもじ)の本堂と不動明王が移されたものです。
不動明王像は伝教大師最澄の作とも伝わります。
雲母寺は平安時代に千日回峰行の創始者、相応和尚が開いた寺院です。

千日回峰行は天台宗随一の荒行で、7年間かけて行われる苦行です。
赤山禅院の住職は千日回峰行を満行した大阿闍梨が務めます。

君は比叡山延暦寺の荒行「千日回峰行」を知っているか? - NAVER まとめ
 
還念珠



ここまで願い事を思い続けてきましたが、はてさて叶うのでしょうか( ´艸`)

赤山禅院は仏教、神道、陰陽道、七福神信仰など、様々な宗教・信仰が混沌としていて
お堂ごとに神様なのやら仏様なのやら戸惑います(^^;)
でも神仏習合カオスのお寺に来るとテンション上がりまくりで、
写真の数も増えてしまいます(^o^)
異質な存在が仲良く隣り合い、混淆し、ひとつ所に調和を保ってとどまるように
現実の世界もそうあったらどれほど平和な世の中になるだろうと
ふとそういう思いがよぎるお寺なのでした。


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
原三溪の美術 伝説の大コレクション@横浜美術館 2019/08/15
IKEA港北 99円朝カレー 2019/08/03
DIYでダイニングチェアの座面の張り替え 2019/08/02
開花4日目、ドラマの終幕 2019/07/25
ハスの開花3日目、西方浄土感ある花の色 2019/07/24
ハスの開花2日目、綺麗に咲きました! 2019/07/23
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR