「最後の浮世絵師」月岡芳年@横浜市歴史博物館



真夏の巡礼は健康に悪いので控えています(苦笑)。
ということで涼しいところへ。

横浜市営地下鉄「センター北」駅、徒歩5分のところにある横浜歴史博物館(HP)にやってきました。
センター北駅から「都筑まもる君」のところまで来てしまうと行き過ぎです^_^;

7月29日(土)から始まった(8月27日(日)まで)企画展
丹波コレクションの世界Ⅱ 歴史(れきし)×妖(あやかし)×芳年(よしとし) 
“最後の浮世絵師”が描いた江戸文化

を見に来ました。

もぐまま、横浜歴史博物館は初めてです。
平成7年(1995)の開館で、当時横浜市内には住んでいましたが、幼子の育児の真っ只中で、
博物館や美術館などには縁遠く、よく知らないまま今に至ったのだなぁ。

月岡芳年 横浜市歴史博物館1


月岡芳年(つきおかよしとし)は歌川国芳の弟子で、幕末から明治の
激動の時代に活動。「最後の浮世絵師」とか、「血まみれ芳年」で知られます。

神奈川県立歴史博物館が所蔵する「丹波コレクション」(横浜で貿易商を営んだ
丹波恒夫が収集した浮世絵コレクション)から約80点の展示です。

月岡芳年 横浜市歴史博物館2


丹波恒夫という人は、特に芳年の「名品」と呼ばれるものを集めたのではなく、
また「グロ作品」も少ないそうで(お子様には・・・のような注意喚起はありましたが
展示には「首チョンパ」的なものが数点あったのみ)、しかしながら、
これまで芳年をまとめて見る機会がなかったもぐままですが、今回の展示で、
芳年がどんな浮世絵師であったのか、おおまかにつかむことができました。

細密描写が多く、とにかく線が細かい。まるでペン画のような筆致です。
芳年の浮世絵の彫師さんたちはたいそう苦労なさったのではないでしょうか(笑)。

「金太郎 師弟の競演」という小特集のコーナーで、師匠の国芳との比較がありましたが、
師弟でありながらも画風はまったく違っていて、国芳は劇画タッチの大胆な筆遣いで
物語の名場面を画面いっぱいに描きますが、芳年は繊細で、漫画チック。
1枚の浮世絵から物語のストーリーが浮かび上がるような、物語を知っている人が見れば
1コマ漫画のごとく、あれがそうなってこうなっている、とわかるような絵とでもいうのでしょうか。

時代は幕末から明治にかけて・・・当時は江戸時代や過去の時代への回顧趣味があったり、
一方で、現実の世界では数々の事件が起こり、それを時事ニュースのように
浮世絵で表現することがあったようです。

芳年は史実や伝説、物語をとてもよく勉強していたのでしょうね。芳年の浮世絵で描かれる
物語の解説を読むのがおもしろかったですし、当時の人々もその絵を見て
情景を思い浮かべることができて、教養があったということですね。
もぐままは「舌切り雀」からの「おもゐつゝら」(おもいつづら)という、つづらから妖怪が飛び出し、
おばあさんが腰を抜かしてしまっている浮世絵を見て、子供の頃読んだ絵本の場面を
懐かしく思い出しました(*^_^*)

この展覧会のチケットを・・・

15018562380.jpeg


東京の浮世絵専門の美術館である太田記念美術館(HP)で開催の
「月岡芳年 妖怪百物語」「月岡芳年 月百姿」で提示すると
100円の割引が受けられるそうです。
そちも行きたいなぁ(*´-`)

また、横浜市歴史博物館の常設展では横浜の歴史を学ぶことができます。

横浜市歴史博物館 常設展6


「はまっ子」なら学校で横浜の郷土史なども学習するのかもしれないのですが、
もぐままは20代まで大阪人でしたので、テレビ番組でやっているような
横浜の開港あたりのことなら見聞きするのですが・・・。

横浜市歴史博物館 常設展5



横浜市歴史博物館 常設展2



横浜市歴史博物館 常設展3



横浜市歴史博物館 常設展4


ぼんやりと、横浜は古代は海だったのではないか、なんて思っていたんですが、
そういえば、自宅近くのマンション建設地で遺跡が出たと、工期が延期になっていました。

横浜市歴史博物館 常設展1


古墳時代の立派な埴輪がたくさん出土していますし・・・

縄文時代の遺跡もあり・・・

横浜市歴史博物館 常設展8



横浜市歴史博物館 常設展7


驚くべきことに、縄文時代より前の先土器時代に、すでに横浜の地で人間が
生活をしていたんですね。

横浜市歴史博物館 常設展9


びっくりするような発見ばかりでした。

そして、横浜市歴史博物館から連絡橋を渡り道路を超えると、大塚・歳勝土(さいかちど)遺跡公園に
行くことができます。

大塚・歳勝土遺跡公園3



大塚・歳勝土遺跡公園1



大塚・歳勝土遺跡公園2


弥生時代中期の遺跡の大塚遺跡

大塚・歳勝土遺跡公園5


竪穴住居や高床倉庫が復元されています。

大塚・歳勝土遺跡公園6


ムラは環濠に囲まれています。

大塚・歳勝土遺跡公園7


現在では九州から関東まで多くの環濠集落が見つかっていますが、
全体の様子を明らかにすることができたのは大塚遺跡が初めてだったそうです。

竪穴住居跡の発掘調査時の姿

大塚・歳勝土遺跡公園8


竪穴住居を間近で見るのは初めてです^_^;

大塚・歳勝土遺跡公園9


歳勝土遺跡

大塚・歳勝土遺跡公園4


方形周溝墓と呼ばれるお墓で、大塚のムラに住んでいた人たちの墓地だそうです。

と、いうわけで、センター北に来ると、横浜歴史博物館で学んだり、遊んだり、
たくさんあるショッピングセンターでお買い物や食事もできる、
まる1日楽しめる場所だったと再確認いたしました(*^_^*)


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)
関連記事

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

8月10日は「鳩の日」 鳩サブレー、今年の限定商品は…

台風は日本海に抜けたとのことで、ここ横浜は蒸し暑いです(汗)。

暑さのため夏は巡礼をお休みしているのですが、どういうわけかアクセスが
少しアップ↑していて、多分、8月10日の「鳩の日」 (^^)
「鳩の日」は、鳩サブレーでおなじみの鎌倉の豊島屋さん(HP)にとって大切な日。
ということで「鳩の日」リマインダーです(*^_^*)

豊島屋さんでは毎年「鳩の日」に限定商品が出るようです。

2015年の「鳩の日」に鳩サブレーの記事を書きました。
2015年の限定商品はポーチ付き鳩サブレーでした。

鳩の日 鳩サブレー ポーチ付き1



豊島屋 鳩の日 鳩サブレー ポーチ入り



鳩の日 鳩サブレー ポーチ付き4

(画像は2015年のもの)


もぐまま、横浜在住ですので現地で確認できていないのですが、
どうやら2017年の限定商品は、鳩サブレー8枚入り2017年限定缶と、
スライダーポーチ入りの鳩サブレーのようです。
8月10日に鎌倉観光にお越しのかたにとっては、ちょうどよい
鎌倉のお土産になりますね(*^ ^)b









豊島屋さんのいくらかの店舗限定商品になるようですが、東京の百貨店や
横浜そごうでも手に入るのは、多くのかたにとって朗報ですね(^^)/


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)
関連記事

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
コスモスと石の寺 西国薬師 第3番 般若寺 2017/11/13
玄奘三蔵院ご開扉 西国薬師 第1番 薬師寺 2017/11/11
鑑真の情熱を伝える寺 唐招提寺 2017/11/08
うめだ阪急「イタリアフェア」 2017/11/02
大町阿礼作 WEB小説「北円堂の秘密」 2017/10/21
『運慶展』@東京国立博物館(平成館) 2017/09/29
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR