金沢文庫 運慶展 ~鎌倉幕府と霊験伝説~

行ってきました、金沢文庫の特別展「運慶」。

チラシのキャプションとして「鎌倉ナクシテ運慶ナシ」
最新の研究成果から大仏師運慶を読み解く
重要文化財指定記念公開曹源寺十二神将像

開催は3月11日(日)までです。





金沢文庫 運慶展


平成29年の東京国立博物館での「運慶展」(ブログ記事)との協力開催ということですが、
そこは鎌倉文化圏の意地(笑)、東京の「運慶展」とはまた違うものを見させて
いただけましたよ(*^^*)

金沢文庫の「運慶展」の「売り」は、なんといっても、金沢文庫が管理している、
(お隣)称名寺塔頭光明院の重要文化財・運慶作「大威徳明王像」ですね。

金沢文庫 観覧券 大威徳明王像


こちらは東京の運慶展にも出陳されていましたが、平成18年の修理時に世紀の大発見があったという
曰く付きの作品で、取り出された像内納入品の紙から運慶の作(運慶最晩年)とわかりました。
金沢文庫では、この巻紙のようなもの、同時に納められていた蓮のタネの舎利容器、密教修法に
用いられる丁字(ちょうじ)と抹香も展示されていました。

東京の運慶展でも話題となった極彩色の滝山寺(愛知)の梵天立像(重文、運慶・湛慶合作とされる
源頼朝供養像)、康慶作の地蔵菩薩坐像(重文、静岡・瑞林寺)など、重なる展示もあるので、
展示規模は小さいものの見どころがありますので、東京で見逃したかたにもおすすめします。

また、鎌倉文化圏ならでは、ともぐままが感銘を受けたのは、鎌倉三十三観音巡礼の
いくつかの札所の寺院からの出品物(仏(笑))です。

鎌倉観音第七番札所の光触寺(こうそくじ)(ブログ記事)から、札所本尊の観音ではなく、
お寺のご本尊の阿弥陀三尊像(重文)、通称頬焼(ほおやけ)阿弥陀、そしてお軸に描かれた
阿弥陀三尊像、頬焼阿弥陀縁起絵巻(重文)の出陳です。
お寺では通常拝見できない頬焼阿弥陀には以前から興味があり・・・頬に焼印の跡があるという
仏様とはいったい・・・?

<ネタばれ>
実際に拝見したところ、中尊の阿弥陀さまは火災に遭ったかのようで、前面が黒く焼けている
ように見えました。肝心のお顔ですが、額から顎にかけてやはり焼けているようで、
確かに両頬は焼けているのですが、意外にもこめかみから下の顔のサイドは焼けていないようでした。
「焼印」にあたるものは見当たらなかったように思うのですが、焼けていないところと焼けているところ、
はっきりと分かれるので、それをもって「焼印」としたのでしょうか。

鎌倉観音第十二番札所の教恩寺(ブログ記事)から、お寺のご本尊の阿弥陀三尊像。
第二十四番札所の寿福寺(ブログ記事)から薬師如来坐像(重文)。
いずれも慶派の特徴がよく出ているようで、慶派仏師によるものか、あるいは慶派の仏像を
真似たものなのでしょう。
改めて、鎌倉と慶派仏師が密接につながっていたのだ、ということがわかりました。
鎌倉観音巡礼をやっていても、これらは拝見できる機会がほとんどない仏像なので
とてもありがたい気持ちになり、思わず会場で手を合わせたくなりました。




もっと詳しく↓




金沢文庫を出て・・・

金沢文庫 トンネル


お隣の称名寺に行ってみました。

称名寺


本堂にお参り。

称名寺 本堂1


称名寺 本堂2


カメラを持っていなくて、スマホの写真はだめですわ~(>_<)

2013年5月の称名寺ライトアップ(ブログ記事)の時の画像です^^

称名寺10


今年のライトアップは4月28日から5月6日、また、5月3日には野村萬斎さんも出演される
称名寺薪能が催されます。


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術


「仁和寺と御室派のみほとけ」展@東京国立博物館 平成館

3月11日まで東京国立博物館(平成館)で開催の「仁和寺と御室派のみほとけ」展に
行ってきました。

仁和寺と御室派のみほとけ展 


夜間開館の土曜日、4時過ぎに入館しましたが、平成館前に少しだけ列ができていて、
会場内はそこそこ混んでいました。

仁和寺(にんなじ)は光孝天皇が仁和2年(886)に建立を発願、次の宇多天皇が
仁和4年(888)に完成させた真言密教の寺院です。

前半は仁和寺の歴史的、芸術的な宝物や文書(もんじょ)が中心。

仁和寺ゆかりの天皇の宸翰(しんかん・天皇の直筆)の数々・・・
もぐまま、書道をやっていたわりには書があまりわからなくて(汗)。
国宝や重文、指定なしなど、文化的価値がどう違うのかなー、と
考えつつ拝見。

見どころは、空海が中国で書写して持ち帰った真言密教の書、三十帖冊子
(さんじゅうじょうさっし・国宝)。空海直筆の部分が見られます。
また、仁和寺の秘仏で像高わずか12センチの白檀の彫刻・薬師如来坐像(国宝)。
光背や台座にも、それはそれは細かくて繊細なたくさんの仏像が彫られています!

絵画もたくさんあったのですが、絵具や紙が黒ずんでしまって、辛うじて何が描かれているか
わかる程度のものもあり、年月の経過の無慈悲さを感じました。

ミュージアムショップを挟み、後半へ。

「仁和寺の江戸再興と観音堂」のコーナー。
仁和寺の修行道場で一般には非公開の観音堂を再現!
そしてここだけは写真撮影可という大サービス展示です!

仁和寺と御室派のみほとけ展 観音堂


今回の展覧会の目玉とあって、大迫力で圧倒されます(゚д゚)!

仁和寺と御室派のみほとけ展 観音堂2


ここだけまったくお寺の内部のようです!
・・・が、写真で見ると、静寂のお堂にいるかのように見えますが、
この展示の前は黒山の人だかりです(^^;)

千手観音を中心に

仁和寺と御室派のみほとけ展 千手観音菩薩立像


不動明王や・・・

仁和寺と御室派のみほとけ展 不動明王立像


風神・・・

仁和寺と御室派のみほとけ展 風神


雷神・・・

仁和寺と御室派のみほとけ展 雷神


二十八部衆の迦楼羅王(かるらおう)・・・

仁和寺と御室派のみほとけ展 迦楼羅王(かるらおう)


婆藪仙人(ばすせんにん)

仁和寺と御室派のみほとけ展 婆藪仙人(ばすせんにん)


などなど、33体の仏像が一堂に勢ぞろいです!

お堂の裏が回廊のようになっており、ここも、巨大なスキャナーで壁画をスキャンして、
全部で407億画素という高解像度の写真で再現です(;・∀・)

仁和寺と御室派のみほとけ展 観音堂の柱


観音菩薩 三十三応現身

仁和寺と御室派のみほとけ展 観音画1



仁和寺と御室派のみほとけ展 観音画2


六道絵

修羅道(阿修羅)

仁和寺と御室派のみほとけ展 阿修羅


畜生道

仁和寺と御室派のみほとけ展 地獄絵図1


これは地獄ですね(>_<)

仁和寺と御室派のみほとけ展 地獄絵図2


この後は御室派寺院の仏像の数々・・・。
仁和寺創建時の本尊で国宝の阿弥陀三尊像は、3体ともふっくらとしたお顔におちょぼ口、
上品な仏像でした。

そして、後期展示のみ、西国三十三所・第五番札所の葛井寺(ふじいでら)から
天平彫刻の最高傑作、国宝の千手観音菩薩坐像!
江戸時代の出開帳以来初めて東京にお越しです!

ブログ記事 リアル千手観音!西国三十三所 第5番 葛井寺

もぐまま、葛井寺のご本尊にお会いするのは実は3回目。
まあ、拝見したことはあるし・・・と思っていたのですが・・・。

ガラスケースなし、お厨子から出ていらしたお姿は、
合掌の手が2本、持物(じもつ)を持つ手が40本、小さな脇手が1001本、
体から千本の手が出ているなんて、ありえないお姿なのに
なんとも絶妙なバランスの取れたプロポーションのリアル千手観音の偉大さに、
手を合わせてひれ伏しました(´Д`)

お厨子に入っていると、脳内でサイズ感が縮小されるのか、
お寺の観音堂が大きくて小さく思えるのか、記憶とは大きさがだいぶんと違っていました。
さすがに、こちらも人だかりになっており、人々が打ちのめされている様子がわかりました。

遠目のお厨子の中のお姿では確認できなかった持物(じもつ)をじっくり拝見しました。
向かって左側にお持ちのドクロがAmazonのダンボーに見えたり(違)・・・



宝箭(矢)は「よい友人と早く出会える」って素敵だ!って思ったり、
持物が失われた手に目を見つけたり、
なんたって、頭の上の化仏のうち、お厨子に入っていらしたら絶対に見られない
後頭部にある暴悪大笑面・・・後補の化仏がある中、これはオリジナルで残っており、
表情豊かに大きな口を開けていらっしゃるお顔が見られて大感激でした!

ところで、最近、古い仏像の展覧会に行くと、もぐまま、くしゃみが止まらなくなります。
マスクはしているのですが、ハウスダストだかカビだかのアレルギーみたいです(>_<)
葛井寺の千手観音でくしゃみのピークが来て、お姿をしっかりと瞼に焼き付けて、
会場を後にしました。


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術


プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
原三溪の美術 伝説の大コレクション@横浜美術館 2019/08/15
IKEA港北 99円朝カレー 2019/08/03
DIYでダイニングチェアの座面の張り替え 2019/08/02
開花4日目、ドラマの終幕 2019/07/25
ハスの開花3日目、西方浄土感ある花の色 2019/07/24
ハスの開花2日目、綺麗に咲きました! 2019/07/23
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR