横浜 三溪園の三重塔 旧燈明寺を探して

浄瑠璃寺の茶屋で思いがけなく横浜・三溪園(三渓園・さんけいえん)の
三重塔のお話を伺い(ブログ記事)、京都府木津川市で旧燈明寺を探します。

JR加茂駅の東側、まず御霊(ごりょう)神社を見つけなければなりません。
カーナビには御霊神社は出ておらず
(この時点でどうしてググらなかったのだろう(苦笑))
しかし、加茂駅の東側の山が「燈明寺山」と出ていて、
このあたりに燈明寺があったのは間違いないでしょう。

JR関西本線に突き当たり、見つからないねと戻りかけると、
山側の住宅街の中にちらりと白い鳥居らしきものが見えました。
「鳥居があった!」

加茂 御霊神社1


「朱色」を意識していたので意外でした。
車を下りてみました。

御霊神社というのですから、御霊信仰により、非業の死を遂げた「怨霊」の霊を鎮め、
「御霊」として祀ることで、その絶大なネガティブパワーをポジティブの方向に転換して
繁栄を祈る、そういう神社である可能性があります。

加茂 御霊神社2


御祭神は崇道天皇(すどうてんのう)(=早良親王(さわらしんのう))他7柱となって
いるので、やはり怨霊をお祀りしているのですね。
桓武天皇の同母弟、早良親王は長岡遷都の政争で暗殺事件の嫌疑をかけられ、
無実を訴え絶食し、淡路への配流の途中で憤死したのでした。
その後、桓武天皇の周囲で不幸が続き、また疫病や洪水などが起こったため、
早良親王は崇道天皇と追号され、淡路から大和へ移葬されました。

御霊神社のご由緒の石碑は見つかったものの、鳥居だけで本殿は見当たりませんし、
燈明寺の手掛かりもありません。
困りました (´・ω・`)

しかし、この鳥居から東の山の方向にまっすぐに、遊歩道のような、参道のような
道が続いているので、これを行くと御霊神社の本殿があるのかもしれません。
もぐままは周囲にも気を配りながら歩いて行ってみます。

結局、川に出てしまったのですが・・・

加茂 御霊神社3


あーっ、川の向こうの山(きっと燈明寺山)の麓に神社が見えます。
もぐぱぱも川のほとりにちょっと車を置かせていただいて、一緒に行ってみます。

加茂 御霊神社4


石段の先に鳥居です。
しかし、これは御霊神社だろうし、燈明寺跡はどこにあるのでしょう。
御霊神社に行ってみてわかるとよいのですが・・・。

石段のところに地元のおばさまがいらしたので声を掛けてみました。
「ここは御霊神社ですよね。燈明寺というお寺のあったところを探しているのですが。」
「燈明寺は御霊神社の横よ。」
あっさりと判明(^◇^)

運動不足解消のために寺社散策を始めた頃、何も知らない私は、お寺の中に
鳥居を発見した時はとても違和感を覚えたものですが、神仏習合の、
寺院と神社がセットで存在するのを多々見てきたので、そうではないかな、とは
思いました。

ともかく石段を上がります。

なかなか立派な神社です。

加茂 御霊神社5


何がしかの建物はあっても神職さんなどの人影はありません。

手水舎はありますが・・・

加茂 御霊神社6


水は出ていません。

ひっそりとしています。

ともかくまず御霊神社をお参りです。

加茂 御霊神社7


お参りしてびっくり。
立派なはずです。
御霊神社本殿は国の重要文化財!

加茂 御霊神社8


もと燈明寺の鎮守社として奈良氷室神社の古社殿を移建したと伝えられる。
本殿は南北朝期創建の三間社流れ造檜皮葺。

本殿を守っている茶色い狛犬さん。
木製のようにも見えますが、焼き物のようです。
珍しいですよね。
そして本殿の両脇に見えるのは「脇障子舞楽図」。
説明板があり、向かって左側が「納曽利(なそり)」の舞い、
右側が「蘭陵王(らんりょうおう)」の舞いだということです。
どちらの裏側にも力士が描かれているそうです。

加茂 御霊神社9



加茂 御霊神社 狛犬


こんなに人気(ひとけ)もなく、しかし素晴らしい穴場的神社を発見した時点で、
やったー!という気分です(*^_^*)

燈明寺跡は左手のようです。
行ってみます。

ありました!これが全体像です。

燈明寺跡6


意外にも、燈明寺本堂跡も国の重要文化財!

燈明寺跡4


柵で囲われた場所はそれほど広くはありません。
奥はおそらく収蔵庫で、敷地の中心に石灯籠。

燈明寺型石灯籠(模作) 江戸時代中期
火袋や中台の側面の意匠の特徴から燈明寺型と呼ばれる名物灯籠。鎌倉時代に作られた当初のものを三井家に売却したときに模作したもの。



旧燈明寺本堂跡(要約)
かつてここに旧燈明寺の本堂が建っていた。桁行5間、梁間6間、屋根は入母屋造り、本瓦葺の建物であった。大正10年(1921)に「特別保護建造物」(のちの重要文化財)に指定。
寺伝では、賢昌房忍禅が康正3年(1457)頃に建てたとされているが、建築史的には室町時代初期頃の建立。江戸時代の寛文3年(1663)藤堂家の支援で修理、寛延4年(1751)日賢により改修。
20世紀になり荒廃、昭和23年(1948)頃の台風で壊滅的被害。その後解体され、部材はここで保管されていたが、昭和56年に横浜市の三渓園に寄贈され、翌年から移築修復工事、昭和62年に竣工。
何度かの改修で建物の構造は少しずつ変わって行ったようだが、三渓園ではほぼ創建時に復元された本堂を見ることができる。



敷地の脇に、改修を行ったという日賢の名が刻まれた石碑がありました。

燈明寺跡1


梵鐘は生きて(!)いました。

燈明寺跡3

梵鐘 貞享5(1688)年
貞享5年4月に、住職日進と檀家が協力して鋳造した旨の銘がある。鐘楼は御霊神社右の高台にあった。



石碑

燈明寺跡5


燈明寺本堂が三溪園に移築後、その跡に東京都の正法護持財団が
収蔵庫を造り燈明寺の観音像5躯を収め、平成元年に
川合京都仏教美術財団が引き継ぎ保存することとした、旨のことが
記されています。

三溪園に移築された燈明寺三重塔

三溪園2016秋18


燈明寺本堂

三溪園春8


自宅でいろいろ調べているうちに、三溪園のHP内の「三溪園だより」に
燈明寺についての記述があるのを見つけたので、参考のために
リンクを置いておきます。

2013/05/10
公開される建物情報<第1回>「旧燈明寺三重塔」

2013/05/13
公開される建物情報<第2回>「旧燈明寺三重塔 その2」

2013/05/15
公開される建物情報<第3回>「旧燈明寺本堂」


「三溪園だより」にある絵図によると、三重塔は御霊神社の社殿の右手裏、
鐘楼は御霊神社境内を挟んで本堂と向かいあうように建てられていたと
見られますね。
執筆者のかたが燈明寺の場所がわからず、地元の若いかたに聞いてもわからず、
年配のかたが「御霊神社のことだ」と教えていた、という記述に、
我々の場合、近くに年配のかたがいらしてくださって助かりました(^◇^)
また、木津川観光ガイドのHPによると、毎年11月3日に、
灯明寺の収蔵庫と御霊神社本殿の一般公開が行われるとのことです。

ちょっとした立ち話のご縁から、楽しい「お寺探偵」の時間となりました(*^_^*)

三溪園春10
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます🎉

もぐままさん、こんばんは(^_^)v

見事に探し当てましたね。
これで、完全に歴史が繋がりました。

この一連の話は、なかなか知るチャンスがないと思うので、その情報を知り得たもぐままさんともぐぱぱさんは凄いなぁ〜って思います。

これからも色々な情報を得てブログにアップして下さいね\(^o^)/

じじまるさん、こんばんは(^^)/

お茶屋さんで、「あー、そうですかー」で終わって、もうひとつお寺巡りをしてもよかったところですが、
何か心にひっかかるものがあると、そっちへ行っちゃうっていう (・・*)ゞ
寄り道の多い人生でした(爆)。

境内の様子が古い絵図のまんまだったり、鐘は戦争で供出されることもなく残っており、
時間が止まっているような・・・。
土地と建物が残されて、横浜市と木津川市で時空の旅をさせてもらいました。

未来には行けませんが、過去を辿ることはできますね。
寺社巡りはそういう観点もありますから、おもしろくってやめられそうにありません(´~`ヾ)

はじめまして。
奈良氷室神社で検索中に立ち寄りました。
2年前にここ御霊神社に行きました。ここは駅からだと不便なところですよね。
ところで燈明寺三重塔跡はご覧になりましたか?
ここから道なりに登って行くとすぐに跡がありますよ。

ジバゴさま、はじめまして。
コメントどうもありがとうございます(^^)

車がなかったら行っていなかったと思います(^^;)
燈明寺三重塔跡も近くにあると思われたのですが、
時間的に余裕がなく、本堂跡を見つけて満足してしまいました。
上がっていく道があったのですね、ありがとうございます。

時空を超えて、過去と現在のつながりを見つけるのはおもしろいですね。
京都、奈良、鎌倉など、〇〇の跡って史実の痕跡がたくさん見つかりますが、
歴史ファンのかたなどは、それだけでいろいろな事柄がつながって
感慨が深くなるのでしょうね^^
プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
上野の森に残る江戸 上野東照宮 2018/11/17
京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」展@東京国立博物館 2018/11/09
茅ヶ崎をブラタモリ 2018/11/01
「花と鳥のエデン」小原古邨展@茅ヶ崎市美術館 2018/10/31
秩父・横瀬町 寺坂棚田の彼岸花(2) 2018/10/10
再び参拝 秩父観音 第25番 彼岸花の久昌寺 2018/10/08
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR