玄奘三蔵院ご開扉 西国薬師 第1番 薬師寺

西国四十九薬師霊場巡礼、これまで昆陽寺花山院四天王寺興福寺久米寺浄瑠璃寺と、
すでに6ヶ寺を回ってようやく第一番札所の薬師寺にやってきました。

興楽門

薬師寺 興楽門1


近鉄西ノ京駅からの最寄りの門はこちらになります。

薬師寺に着いて初めて気づいたのですが・・・

薬師寺 興楽門2


9月16日から11月30日まで玄奘三蔵院伽藍と大唐西域壁画が公開中で
それが目的の一つだったのですが、5日は偶然にも玄奘三蔵のご縁日だったとは。

拝観券をいただく時、「ちょうど今玄奘三蔵院で法要をやっています、急いでください」
と言われたのですが・・・

薬師寺 玄奘三蔵院1


664年2月5日に玄奘三蔵法師は亡くなり、毎月5日の13時から法要が行われている
そうなのですが、残念・・・多くの人が出てきて、ちょうど終わったところのようでした。

薬師寺 玄奘三蔵院2


玄奘塔

薬師寺 玄奘三蔵院3


「不東」の扁額がかかっています。
この扁額は薬師寺元管主・高田好胤師によるものです。

堂内には、右手に筆を、左手には貝葉(ばいよう・インドのお経)を手にして、
お経の翻訳に勤しむ玄奘三蔵の御像が祀られています。

薬師寺 玄奘三蔵院4


浅学のもぐままは、以前から玄奘三蔵の「不東」とはどういう意味なのか、
言葉としてなんだか変な感じ・・・って思っていたのですが、
玄奘は天竺(インド)へと、仏跡の巡礼と仏教の研究のため密出国、
陸路、灼熱の砂漠や険しい山脈など苦難の旅となり、くじけそうになりながらも、
「天竺に至るまでは一歩も東には帰るまい」と心に誓ったのでした。
その不屈の精神を「不東」というのですね。

玄奘は帰国後、持ち帰った経典の翻訳に人生を捧げ、従来の誤りを正し、
法相宗の開祖となりました。
薬師寺は興福寺と共に法相宗の大本山です。

昭和17年(1942)南京に駐屯していた日本軍が玄奘三蔵の頭骨を発見しました。
日本で奉安されたのが、さいたま市岩槻区の慈恩寺(ブログ記事)で、
昭和56年(1981)薬師寺にも分骨され、平成3年(1991)玄奘三蔵院伽藍が
建立されました。

玄奘塔北側の大唐西域壁画殿には、平山郁夫画伯による、玄奘の旅をたどる
「大唐西域壁画」。
シルクロードの風景は朝から夕に移ろい、ラピスラズリの群青色の天井には
太陽、月、星が描かれています。
壁画殿のご本尊とされるのが「西方浄土須弥山(しゅみせん)」。
雪を頂いた険しい山々・・・これはヒマラヤ山脈なのでは?と思ったら
やはりモデルはそうで、西方浄土にはこのような霊峰がそびえたつのでしょうか。
玄奘三蔵院伽藍のご開扉の日に薬師寺に訪れると、
玄奘三蔵とともにシルクロードの旅を体験できるのです(*^^*)

ご開扉の時にだけいただける御朱印です。

薬師寺 玄奘三蔵院 御朱印


以前からこの玄奘の御朱印がとっても欲しかったのですが(^^)
玄奘三蔵院伽藍の出口付近にひっそりと置いてあるだけなので、
うっかり見逃してしまいそうでした(^^;

薬師寺は天武天皇により発願(680)、持統天皇が本尊開眼し(697)、飛鳥の藤原京に
堂宇が完成、その後、平城遷都に伴いこの地に移されました。

薬師寺が、江戸時代後期仮再建の金堂、講堂、創建当時の東塔のみであったものを、
1960年代以降、高田好胤師が中心となり、写経勧進による白鳳伽藍復興事業が
進められました。
1976年に金堂が、西塔(1981)、中門、回廊の一部、大講堂(2003)などが再建成りました。
だからどのお堂もとても新しいのですね。

2017年5月に完成した食堂(じきどう)。

薬師寺 食堂


ちょうど特別公開中でした。

薬師寺 食堂2


2時から3時まで法話があるとのことで、ちょうどその頃食堂を参拝したのですが、
用意された座席はほぼ満員で、般若心経が一斉に唱えられているところでした。
実はもうひとつ訪れたいお寺があるので、般若心経だけご一緒し、
その場を失礼しました。

大講堂

薬師寺 大講堂


大きい!
正面は41メートルもあるそうです。
本尊は弥勒三尊像(白鳳時代・重文)。
御朱印所はこちらにあります。

西国薬師第一番札所の御朱印と、今まで探していた納め札を
(札所のお寺ならどこでも置いていたのかもしれませんが(苦笑))
いただきました。

薬師寺 西国薬師 御朱印


それから、玄奘三蔵院の御朱印ですが・・・

薬師寺玄奘三蔵御朱印 唐招提寺鑑真御影


御朱印帳に貼ってみたら、玄奘三蔵と唐招提寺の鑑真和上がちょうど対になって
いい感じです(*´ω`)
隣り合うふたつのお寺に平山郁夫と東山魁夷の絵が奉献されているというのも
この地が特別な場所に感じられます(*^_^*)

東回廊

薬師寺 東回廊


「凍れる音楽」と表現される白鳳時代の国宝・東塔は平成21年から解体修理に入っており
平成32年6月頃に修理が完了する予定だそうです。

東院堂

薬師寺 東院堂


建物は鎌倉時代の国宝で、堂内に白鳳時代の国宝・聖観世音菩薩が
お祀りされていて、お堂に上がってお参りすることができます。

中門

薬師寺 中門


二天王像

薬師寺 中門 二天王像1 薬師寺 中門 二天王像2


中門から金堂を望む。

薬師寺 中門から金堂


西塔

薬師寺 西塔


享禄元年(1528)に戦災で焼失、昭和56年(1981)創建当初の白鳳様式で
復興されました。

金堂

薬師寺 金堂


壮観ですね!
1976年の再建、白鳳時代の国宝・薬師三尊像が薬師寺のご本尊です。
納め札を納めて、お参りすることができました。

さて、西ノ京を離れて、もうひとつお寺を参拝いたしますよ(^^)/
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
上野の森に残る江戸 上野東照宮 2018/11/17
京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」展@東京国立博物館 2018/11/09
茅ヶ崎をブラタモリ 2018/11/01
「花と鳥のエデン」小原古邨展@茅ヶ崎市美術館 2018/10/31
秩父・横瀬町 寺坂棚田の彼岸花(2) 2018/10/10
再び参拝 秩父観音 第25番 彼岸花の久昌寺 2018/10/08
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR