コスモスと石の寺 西国薬師 第3番 般若寺

薬師寺の近鉄西ノ京駅から奈良駅に出てバスで移動。
般若寺にやってきました。

般若寺バス停より。

奈良 般若寺 バス停


南に東大寺大仏殿を眺め見る立地です。
般若寺から北東方向には浄瑠璃寺(ブログ記事)や岩船寺(ブログ記事)へと繋がります。

バス停からすぐのところに法性山般若寺はありました。

奈良 般若寺1


お寺の塀を超えて、石塔がにょきっと見えていました。

境内に入るなり、たくさんのコスモスがお出迎え。

奈良 般若寺2


般若寺はコスモス寺として有名です。
ご住職はブログをはじめツイッターやインスタグラムでもコスモスの開花情報などを
発信されており・・・

奈良 般若寺 インスタグラム


こんな小道具も( *´艸`)

ご住職情報では11月5日時点では満開過ぎ、とのことでしたが、
なんの、まだまだ美しく咲き誇っていました。

奈良 般若寺3


カンマン石

奈良 般若寺 カンマン石


般若寺は石のお寺でもあり、
不動明王が乗ったこのカンマン石の突起部にお腹や背中を押し当てると
健康が増進するそうです。

奈良 般若寺 カンマン石2


何といっても目を引くのが・・・

奈良 般若寺 十三重石宝塔


鎌倉時代の重文、十三重石宝塔。

般若寺は寺伝では、飛鳥時代に高句麗の僧・慧灌により開かれたとされ、
天平7年(735)聖武天皇が都の鬼門を守るため、大般若経を基壇に納め
卒塔婆を建てたのが寺名の始まりということです。
平重衡による南都焼き討ちで廃寺同然となりましたが、鎌倉時代に入って
再興が進められ、現在の石塔は鎌倉時代の再建のものです。

奈良 般若寺 十三重石宝塔2


高さ12.6メートルの、日本を代表する石塔のひとつ。
立派な基壇では受戒式が行われたと推察されるそうです。

東西南北に顕教四仏(けんぎょうしぶつ)、薬師、釈迦、阿弥陀、弥勒の
彫刻が見られます。

奈良 般若寺 十三重石宝塔3


東の薬師如来は西国四十九薬師霊場第三番の札所となっています。

奈良 般若寺 十三重石宝塔5



奈良 般若寺 十三重石宝塔4


昭和39年の大修理の際、塔内からたくさんの宝物が発見され、その中にも
薬師如来の仏像があったそうです。

江戸時代に再建された本堂に参ります。

奈良 般若寺 本堂


本堂前の灯籠は、装飾性に富んだ鎌倉時代の般若寺型石灯籠。

境内は色とりどりのコスモスのお花に溢れていますが、一見地味な本堂。
しかし、本堂の中には驚くべき仏像群が・・・。

お厨子の中にご本尊、鎌倉時代の重文、八字(はちじ)文殊菩薩騎獅像。
般若寺の鎌倉再興期に叡尊が造立した文殊菩薩像が火災で焼失し、
その後、後醍醐天皇の御願成就のため慶派仏師・康俊、康成が造仏。
西大寺展(公式サイト)の大阪展、山口展に出陳されています。
その他、不動明王、四天王、弘法大師のお像など、古い仏像がたくさんありました。
鎌倉時代の大般若経の経箱があり、南朝の大塔宮(だいとうのみや/おおとうのみや)
護良親王(もりよししんのう/もりながしんのう)が
笠置より吉野へ逃れる際に、身を潜め難を免れたと伝わる唐櫃で、
ご住職に、私が横浜から来ていて、鎌倉の護良親王ゆかりの鎌倉宮(ブログ記事)や
護良親王のお墓(ブログ記事)にも訪れたことがあることをお話をしました。

西国薬師第三番札所の御朱印をいただきました。

般若寺 西国薬師 御朱印


「石塔薬師」となっていますね。

宝蔵堂では白鳳秘仏特別公開ということで、白鳳阿弥陀如来などがご開帳に
なっていました。

奈良 般若寺 白鳳秘仏特別公開


宝蔵堂はドラを鳴らすと自動で扉が開くシステムで(というか、中から女性のかたが
開けてくださる)、今にも壊れそうなとても古い建物です。

奈良 般若寺 白鳳秘仏特別公開2


しかし、拝観させていただくだけの値打ちがありました。
秘仏阿弥陀如来は聖武天皇が奉納されたと伝わる金銅製の仏像で、
アルカイックスマイルをたたえ、頭や手の大きな4頭身ぐらいの
かわいらしい子供のようなお姿です。
昭和39年の十三重石宝塔の大修理で発見され、重文となっています。

しかも、台座から平安時代の胎内仏3体(地蔵菩薩、大日如来、十一面観音・重文)
も見つかり、どれも超ミニサイズなんですが、大日如来は総高5.2センチで、
虫眼鏡を使ってはじめてお顔の表情などがわかる、というような精巧なものです。

また石宝塔の納入品の中には、小さな金銅五輪塔や水晶五輪塔もあり、
これは観覧した西大寺展の東京展でも展示されていて、その小ささ、水晶の美しさに
見とれていたもので、またここで再会できるとは思いませんでした。

こちらに阿弥陀如来の御朱印を用意されていたのでいただいたら、
ご本尊の御影もくださいました。

般若寺 文殊菩薩御影 白鳳阿弥陀御朱印


もう少し境内を散策させていただきます。

西国三十三所観音石仏

奈良 般若寺 境内1


笠塔婆(鎌倉時代・重文)

奈良 般若寺 境内2


そこここにフォーカルポイントが・・・。

奈良 般若寺 境内4


楼門(鎌倉時代・国宝)

奈良 般若寺 楼門


京街道に面した楼門は国宝です!
真言律宗の祖・興正菩薩叡尊らによる鎌倉再興期の伽藍。

平重衡 供養塔

奈良 般若寺 平重衡供養塔1



奈良 般若寺 平重衡供養塔2


まだまだ書ききれないこともあるのですがこのへんで。
仏像あり、文化財あり、たくさんのお花にたくさんの見どころ・・・
それほど広い境内ではありませんが、もぐまま的にはパラダイス度の高い
お寺認定でございます(*^^*)

奈良 般若寺 境内3


自称ベランダガーデナーのもぐままですが、コスモスって風雨ですぐ倒れるので
美しく咲かせるには手が掛かるんですよ。
2度の台風や大雨が続く秋でしたが、ここまで咲かせるご努力は
いかばかりかと。
お寺の素晴らしさとともにコスモスのお花にも称賛を差し上げたいと思います(*^^*)
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

現代的な道路越しの東大寺って見慣れないと一瞬「おぉ!(何だ!?)」・・・と驚いてしまいそうだな、と思ってしまいました。

卒塔婆や石塔とそのまわり一面に咲くコスモス。そして桃色がかった夕焼け空。締め括りの画像、厳かでありながら華やかな得も言われぬ佇まいは所謂「極楽浄土」のイメージと重なりました。

ROWさん、こんにちは(^^)

現代人は巨大な建築物には慣れているはずなんですが、
東大寺大仏殿の大きさには改めて驚嘆してしまいますね(´▽`*)
当時は、平城京のランドマークとして、仏教の、そして権力の象徴として、
どれほどのインパクトがあったのでしょうね。

お寺にお花っていいですよね。
最後の写真は、本当に日が沈みゆく西の方角で、インスピレーションを刺激されるような
絵になりました(*^^*)

こんにちは。

お寺さんの境内の中にコスモスとは意外な感じがしましたかなかなかどうして、とても
マッチして綺麗ですね。

それにしてもやはり京や奈良のお寺っていいですね。
いつも散策するお寺さんは廃寺とか廃寺とか廃寺とか。。。 勿論ちゃんとしたお寺さんも多いですか無住のお寺も多くて
地方はやはりさみしいものです。
あと20年若ければ無住のお寺さんでお坊さんになりたかったんですけどね。

そのお寺も南都焼討でですか。
一説では平重衡自身、大火になるとは思っていなかったとか。
それが災いして後々終焉へと突き進んだんですよね。

般若寺と南都焼討

ケイさん、こんにちは(^^)

般若寺、石仏とコスモスがとても絵になると思いました(*^^*)

地方は廃寺や無住がどんどん増えているのですね。
京都や奈良も、守るべき文化財が多すぎて、どこも勧進に頼るしかないみたいです。

お坊さんご希望だったとは(*'ω'*)
私もお寺さん関係の仕事でもよかったかな、なんて思います(笑)。

私、歴史が得意ではないもので・・・その南都焼き討ちの火が放たれたのが
まさにこの般若寺だったのですよね。
記事が長くなるので省略しようと思ったのですが、般若寺に平重衡の供養塔があったので
画像を追加しておきました。

史実に関しては諸説あるようですが、般若寺さんでは明かり採りの火が延焼した、
という説明でした。
糸魚川の火災ではあちこちに飛び火して大参事になったようですが、
いずれにせよ、火事って想定外に火がまわったりするんですね。
般若寺は歴史の舞台ともなったお寺だったんですね。

それがですね

馴染みのお寺のご住職にお坊さんにならないかと言われてるんですよ。
最短の修行で最下位のお坊さんになれるのだとか。 延暦寺にも修行に行かないといけないらしいです。
その後は満山会で無住のお寺へ入れてくれるみたいですがかなり無理があります。
せめて20年ほど前なら出来たかもしれませんけどね。 もう50ですしね。

わたしは史実が好きで少しだけかじってます。
平家が我が家からすぐ近くの壇ノ浦にて滅亡したので昔、調べたりしましたよ。
平重衡、供養塔ありがとうございます。
たしか、重衡の終焉の地は栗東あたりでした。
栄華を極めた平氏政権が僅かな期間で消滅した事に儚さを感じます。

いや、お寺のお話ですよね。
すみません。

ケイさん、
お坊さんのお話、そんなに具体的なお話まで出ていたとは。
最短で最下位といっても、比叡山で修行とは、さすがに楽ちんではないでしょうし、
若くないと厳しいですね。
雪に埋もれた真冬の比叡山を思うだけで辛そうです(+_+)
私も20年前に戻れたらいろいろやり直したいです(^^;

私は歴史は苦手なのですが、お寺を巡っていると歴史から逃げられないですね(笑)。
精神世界には興味があるのですよ、変な意味ではなく。
科学信奉者で、オカルトは嫌いなんで(^^)
仏教に関する本もいくらか読んではいるのですが、いまだ、
これだ!っていう本には出合えていないです~(^^;
プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
東山魁夷展@国立新美術館 2018/11/30
生姜収穫祭 2018/11/29
生姜の収穫 2018/11/22
上野の森に残る江戸 上野東照宮 2018/11/17
京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」展@東京国立博物館 2018/11/09
茅ヶ崎をブラタモリ 2018/11/01
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR