鎌倉観音第6番 瑞泉寺 (本堂)

花の寺、瑞泉寺拝観受付前です。

瑞泉寺1


とても鮮やかなピンクの花をつけた木がお出迎えです。
受付で尋ねましたら、「緋寒桜(ヒカンザクラ)」だそうです。
うつむき加減で、謙虚な感じの桜の花ですが
本格的な桜の季節を予告してくれているようです。

拝観受付を入ったところあたりの梅は
まだなんとか間に合ったかな(;-ω-) =3

瑞泉寺2


お天気が良かったので青空に白が映えますね。

瑞泉寺3


男坂と女坂。

瑞泉寺4


左が古い参道の男坂、右が新しい参道の女坂、
どうも男坂はすでに危険な状態なのか、通行止めのようになっていました。

瑞泉寺は、1327年(嘉暦2年)に夢窓国師が創建。

瑞泉寺5


沿道の緑が美しい・・・。

竹やぶも。

瑞泉寺6


シダも。

瑞泉寺7


松陰吉田先生留跡碑。
1853年(寛永6年)、吉田松陰は、江戸に向かう途中で
伯父の竹院和尚が住職を務めていた瑞泉寺を訪れました。

瑞泉寺8


やっと山門に着きました。

瑞泉寺9


本堂です。
2層屋根の本堂は、昭和50年に再建されたものだそうです。
ご本尊の釈迦如来坐像、
徳川光圀寄進の千手観音坐像が安置されています。

すこーしだけ扉が開いていて、そこからそっと覗かせていただきます。

あ、それから手前の木は、市指定天然記念物 オウバイ(黄梅)となっていますが
ああぁぁ、残念なことにまったくお花は残っていません(´・ω・`)

瑞泉寺10


御朱印、いただきました。

「千手観世音」

瑞泉寺11

関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
最新記事
都の裏鬼門を守護 国宝 石清水八幡宮 2018/02/15
日野家菩提寺、親鸞誕生の地 西国薬師 第38番 法界寺 2018/01/18
羅怙羅(らごら)尊者の顔出しパネル 都七福神 萬福寺(3) 2018/01/18
時を知らせる雲版と開梆(かいぱん) 都七福神 萬福寺(2) 2018/01/18
まるで中国 金ぴか布袋様がお出迎え 都七福神 萬福寺(1) 2018/01/18
宇治・伏見1dayチケットで… 2018/01/18
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR