三十三所観音巡りの山道 西国薬師 第24番 神積寺

大阪市内から車で、西国四十九薬師霊場・第二十四番札所の妙徳山神積寺(じんしゃくじ)に
やってきました。

神積寺 山門


人影もない(!)静かなところです。

白くて、古くて、長い塀伝いに参道を歩くのですが・・・

神積寺 参道


どこにお寺の本堂があるのでしょう(・ω・。≡。・ω・)

塀の切れるところに、あったあった、立派な門。

神積寺 悟真院唐門


えーっと、江戸時代中期の悟真院唐門となっています。

入らせていただきます。

神積寺 悟真院 境内


え?

がらんとしてて、なんか、本堂みたいなの、ないんですけど( ゚Д゚)

左手のお堂にいらっしゃるのは「ふれ愛観音」さま。
よくわからないけど、とりあえずお参り(汗)。

神積寺 悟真院 ふれ愛観音


******

「ふれ愛観音」さまってヒットの兆しなのかな。
あちこちで増殖中のような気がします(^^;)

鎌倉長谷寺、京都清水寺の「ふれ愛観音」

鎌倉 長谷寺 ふれ愛観音 京都 清水寺 ふれ愛観音


バージョン違い?
秩父三十四観音・第十二番札所 野坂寺の「ふれあい観音」

野坂寺 ふれあい観音


こちらは「ふれあい観音」?
いずれもおさわりOKな観音さまね。

(追記)

長谷寺、清水寺などのふれ愛観音は、仏師で愛宕念仏寺の住職であった西村公朝氏の
手によるものだそうです。

そうだ 京都、行こう。
ふれ愛観音

テレビ局から、目の不自由な女性が国宝の仏像に触れる場面を撮りたいのだが、どこの寺も許可してくれないーと公朝さんに相談が。(・・・)公朝さんは、触れられる仏像の制作を思い立ち、1991年に1年がかりで完成させた。原型像から鋳造され、現在は北海道から九州までおよそ60カ所で祀られているという。



******

と・・・脱線しましたが、寺務所のような建物があり、御用の方はお向かいの
本寿院にお越しくださいとのこと。

神積寺 悟真院 寺務所


本寿院の入り口にはかわいらしい水琴窟があり・・・

神積寺 本寿院 水琴窟


水を流し込むと、竹筒を通して美しい音を聞くことができました。

奥に入ってみると、ご住職でしょうか、お寺の方でしょうか、お庭のお手入れをなさっており
(ここに来て、やっと人に会いました!)
「今から向こうに参りますから」。

先ほどの寺務所で、「神積寺は参道の突き当りですよ」と。
こちらの悟真院も本寿院も神積寺の塔頭なのでしょう。
札所の寺院の本堂がなくなってる!なんて、とんだ勘違いで失礼を致しました(^^;)

神積寺の納経はこの寺務所で合っていて、お参りの前に御朱印をいただきました。

神積寺 御朱印


お薬師さんなので「医王殿」です。

弁財天がお祀りされた池を抜けると・・・

神積寺 弁財天社


小高い丘のようになっており・・・

神積寺 長生き地蔵1


長生き地蔵というお地蔵さんがお祀りされています。

神積寺 長生き地蔵2


石段を上がると・・・

神積寺 本堂


広々とした境内に本堂です。

右手には立派な鐘楼があります。

神積寺 鐘楼1


「出鐘」はよろしくないので、お参りの前に、鐘がつけるかどうかチェックです。

入れそうです。

神積寺 鐘楼2


鬼追式のポスター。

神積寺 鐘楼4


成人の日に行われる追儺式です。
本尊の薬師如来が山ノ神に姿を変え、お供に赤鬼(日光菩薩)、青鬼(月光菩薩)を従えて、
松明を振りかざし、燃え終わった松明を空中に投げ上げ、参拝者は松明を奪い合うそうです。

鐘はつけます!

神積寺 鐘楼3


「絶対に連打しないでください。」
わっかりました~(^^)/

神積寺 鐘楼6


下層が末広がりになった鐘楼を袴腰(はかまごし)鐘楼というそうですが、
鐘が高い位置についていて、下からの眺めにぐっときます!

「南無本尊薬師如来」

神積寺 鐘楼5


ゴーン!

本堂です。

神積寺 本堂


神積寺は、比叡山延暦寺の慈恵大師良源の弟子・慶芳(けいほう)上人が巡錫の折、
この地に薬師如来をお祀りするよう文殊菩薩から告げられ、一条天皇の勅願により
正暦2年(991)に開かれたと伝わります。
一時は七堂伽藍と五十二院を持つ大寺となり、書写山、法華山と並び、播磨六山に数え
られました。

ご本尊の木造薬師如来坐像は藤原時代のもので国の重要文化財、
慶芳上人の作と伝わります。
お厨子は閉まっていましたが、勅封の秘仏として60年に1度、勅使によりご開扉されてきた
ということです。

脇侍に、文殊菩薩、毘沙門天、日光・月光菩薩、十二神将が祀られ、文殊菩薩は
「田原の文殊さん」と慕われているそうです。
山号の「妙徳」は文殊の異名なのだとか。

その裏山の妙徳山は、西国三十三所観音巡りの道となっており・・・

神積寺 西国三十三所石仏1


行ってみましょう。

神積寺 西国三十三所石仏2


それが、石仏のお顔がなかったり、挿げ替えられているものもあり・・・

神積寺 西国三十三所石仏3


これらは明治の廃仏毀釈の荒波を乗り越えてきた仏様がたなんでしょうね。

いくつかは新調されておりました。

神積寺 西国三十三所石仏6



神積寺 西国三十三所石仏5


草木の生い茂るうっそうとした山道であり、もぐぱぱも一緒だからよかったのですが、
一人で行ったらヤバそうなところですわ(^^;)

神積寺 西国三十三所石仏4


ちょっとした運動になりました^^

神積寺 妙徳山古墳


画像ではわかりにくいのですが、妙徳山古墳です。
古墳時代後期、7世紀頃のものと思われる円墳で、直径20メートル、高さ3メートル、
石室が納められていましたが早くに盗掘され、遺物はなくなっています。

神積寺の南西約1キロのところに民俗学者の柳田国男の生家があります。
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
上野の森に残る江戸 上野東照宮 2018/11/17
京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」展@東京国立博物館 2018/11/09
茅ヶ崎をブラタモリ 2018/11/01
「花と鳥のエデン」小原古邨展@茅ヶ崎市美術館 2018/10/31
秩父・横瀬町 寺坂棚田の彼岸花(2) 2018/10/10
再び参拝 秩父観音 第25番 彼岸花の久昌寺 2018/10/08
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR