靖国神社から千鳥ケ淵戦没者墓苑へ

プライベートなお参りのため、靖国神社で玉串を捧げてきました。

靖国神社


靖国神社本殿への参拝を昇殿参拝と言っていたように思うのですが、
HPを見てみると、正式参拝と表現されています。
今年は9月中旬に入ってぐっと涼しくなりました。
本殿の大きな鏡の前で神官による祝詞が奏上され始めたとたん、外からふわーっと
涼やかな風が何度も吹き込んできて、ちょっと神秘的でした。
今年はセミの声は聞こえませんでした。
参拝後、赤い杯にちょこっといただくお下がりの日本酒がおいしいです(*^^*)

ブログ記事 
靖国神社 永代神楽祭
靖国神社 秋季例大祭

靖国神社を出て、千鳥ケ淵戦没者墓苑へ初めて足を延ばしてみました。

千鳥ヶ淵緑道

千鳥ヶ淵1


そろそろ彼岸花ですね。

千鳥ヶ淵ボート場

千鳥ヶ淵2


ボートに乗っている人は見かけませんでした。

ボート場のお向かいに千鳥ケ淵戦没者墓苑はありました。

千鳥ヶ淵戦没者墓苑1


どことなくエキゾチックな雰囲気が漂います。
千鳥ケ淵戦没者墓苑は昭和34年に日本国政府により建設された戦没者慰霊施設です。
第二次世界大戦で国外で死亡した日本の軍人、軍属、民間人の遺骨のうち、
身元不明や引き取り手のない遺骨を安置します。

昭和天皇御製の碑

千鳥ヶ淵戦没者墓苑2


くにのため いのちささげし ひとびとの
ことをおもへば むねせまりくる

今上陛下御製の碑

千鳥ヶ淵戦没者墓苑5


いくさなきよを あゆみきて おもひいづ
かのかたきひを いきしひとびと

六角堂

千鳥ヶ淵戦没者墓苑3


遺骨を安置する納骨堂です。
中央には古代の豪族の寝棺を模した陶棺が設置されています。
第二次世界大戦時の日本の主な戦場から石を採取し、それを材料として
高熱で焼き上げ陶器の棺としたもので、陶棺の中には昭和天皇より下賜された
骨壺が納められています。

とても美しく祭壇が整えられていて、また、1本100円で菊の花をお供えできるように
準備されており、ここで誰でも献花することができるんですね。

8月15日には日本武道館における政府主催の全国戦没者追悼式典に先立ち、
安倍内閣総理大臣が参拝し、また菅官房長官、加藤厚生労働大臣、中川環境大臣らも
参拝されたそうです。

千鳥ヶ淵戦没者墓苑4


休憩所前のさざれ石と大賀ハス。

千鳥ヶ淵戦没者墓苑6


靖国神社とはまた違う感慨を抱きました。
今後靖国神社にお参りする際はできるだけこちらにも参拝しに来たいと思いました。
しかし、こちらの無名戦没者の墓地には政府要人が参拝するというのに、
英霊の眠る靖国神社に普通に参拝できないというのはどういうことでしょう。
戦没者の慰霊問題は一日も早く解決していただきたいと思います。
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記


コメントの投稿

非公開コメント

靖国参拝でしたか。

数年前に地元のお祭りである
戸畑祇園山笠 http://tobatagion.jp/
の奉納に行きました。。。 いや、私は所要にて行けずでしたが
自称、日本の戦争反省会会員としましては参拝したいと
思っています。 日本全土から多くの方々が戦地にてちってしまい
今もなお御遺骨すら帰還できていない状態を思うと
靖国の存在は余りにも大きいと思います。
もぐままさんのご親族のの方もそうなんですね。
うちは南方コロンバンガラ島に今も眠っています。

あっ、昨日こちらではかなり有名な「英彦山神宮」へ
参拝してきました。
http://hikosanjingu.or.jp/
太古の昔からの修験道の霊山です。
小学生の頃、子供会から行ったきりで45年振りくらいでしたが
変わらない所がいいですね。

ケイさん、こんにちは(^^)

戸畑祇園山笠、豪勢で賑やかなお祭りのようですね!
祇園とつくお祭りは結構各地にあるのですね。
疫病封じが始まりなのでしょうね。

英彦山神宮、こちらも立派ですね。
修験道ということは神仏習合だったのですね。
京都の寺社番組はBSでやたらとやっていますが(笑)、
九州の寺社はケイさんに教えていただいて、素敵なところがたくさんあるのに、
テレビでじっくりと放送されることは少ないです~(-"-)

靖国神社はいつでも誰でも参拝できるのに、政治問題化されているのは
とても残念です。
大ごとにしたい人たちに利用されているだけです。
行きたい人はさくっと参拝です^^
プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
東山魁夷展@国立新美術館 2018/11/30
生姜収穫祭 2018/11/29
生姜の収穫 2018/11/22
上野の森に残る江戸 上野東照宮 2018/11/17
京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」展@東京国立博物館 2018/11/09
茅ヶ崎をブラタモリ 2018/11/01
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR