円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(5) 松島・瑞巌寺

みちのく四寺回廊巡礼、2日目です。
ホテルの送迎バスで松島海岸レストハウスにやってきました。

松島海岸レストハウス1


まずは、レストハウス内のコインロッカーに荷物を預けました。
ロッカーに入らない荷物はレストハウス内にある松島観光協会で有料で預かって
くださるそうです。

東日本大震災の被害の写真の展示がありました。

松島海岸レストハウス2


調べてみたところ、松島町では他の沿岸市町より被害は少なかったそうですが、
町内で2人のかたが亡くなったということです。

ここは遊覧船の発着場になっていて、たくさんの船、たくさんの観光客が
並んでいました。

松島海岸レストハウス3


桟橋から少し入ったところがもう瑞巌寺の総門です。

瑞巌寺 総門


慶長14年(1609)伊達政宗が建立した薬医門です。

参道の杉並木

瑞巌寺 参道の杉並木


壮観!と思ったのですが、新しく植えられた部分も多く見られます。
東日本大震災の津波の塩害で枯れたので、300本が伐採されたそうです。

境内向かって右手には大規模な洞窟遺跡群。

瑞巌寺 洞窟遺跡群


第三紀凝灰岩層というのを掘った洞窟です。
江戸時代以降の供養塔しかない事から江戸期に掘られたものだということです。
松島は「奥州の高野」と呼ばれ、亡き人の供養が営まれた場所だったそう。

西国三十三所観音巡礼の写し本尊も並びます。

瑞巌寺 洞窟遺跡群2


参道の途中に3・11津波到達地点というのがあります。

瑞巌寺 3・11津波到達地点


その地点に復興地蔵堂が建っています。
沿岸地帯の悲惨な映像をたくさん見ましたが、海に面した瑞巌寺で、本堂にも至らない参道の
途中で津波が止まったのは奇跡的だと思いました。

受付で御朱印帳を預けて拝観させていただきます。

法身窟(ほっしんくつ)

瑞巌寺 法身窟


鎌倉時代中期、執権北条時頼が、後に臨済宗円福寺の開山となる法身禅師と
出会った場所と伝わります。

六地蔵塔と楊柳観音像

瑞巌寺 法身窟2


粘土板の巨岩に刻まれた2体の観音像は、右が楊柳、左が鎮海観音と呼ばれ、
塩釜出身の小池曲江の模写になります。

正面に見えてきたのが中門(国重文)。

瑞巌寺 中門


堂々たる杉の木に圧倒されます。

御成門(国重文)

瑞巌寺 御成門


中門から中を覗いてみます。

瑞巌寺 中門2


本堂

瑞巌寺 本堂


国宝です。
桧、杉、欅は熊野から運ばれ、5年の歳月をかけ、京都、根来の大工衆により
慶長14年(1609)年に完成されました。

瑞巌寺は正式には松島青龍山瑞巌円福禅寺といい、現在は臨済宗妙心寺派の禅寺です。
天長5年(828)淳和天皇の勅願で、慈覚大師円仁により開創され、天台宗延福寺と
称したのが前身と伝わります。
江戸時代初めに伊達政宗が現在の大伽藍を完成させました。

臥龍梅 白

瑞巌寺 臥龍梅 白


臥龍梅 紅

瑞巌寺 臥龍梅 紅


伊達政宗が朝鮮出兵の折に鉢植にして持ち帰り、瑞巌寺落慶の際、手植えされた梅です。

本堂拝観は、国宝の庫裡(庫裏)から入ります。

瑞巌寺 庫裡


平成20年から平成30年にかけて瑞巌寺平成の大修理が行われ、長谷川等伯の弟子の
長谷川等胤による襖絵(レプリカ)(オリジナルは国重文)や意匠の凝らされた欄間の彫刻などの
豪華さは、お寺というよりはまるでお城の御殿です。

松尾芭蕉は塩釜から船で松島に入り、瑞巌寺を訪れています。

雲居禅師の徳化に依て、七堂甍改まりて、金壁荘厳を輝、仏土成就の大伽藍とはなれりける。
「奥の細道」


芭蕉は「十一日、瑞巌寺に詣づ」と書いているのですが、曽良の日記によると、
5月9日に松島に着いて瑞巌寺にお参りしています。

松島や 鶴に身を借れほととぎす
曽良



本堂仏間には本尊の聖観音菩薩立像が安置されています。
上段の間は伊達政宗をはじめとする歴代藩主の部屋で、上々段の間は天皇を迎える
部屋で、明治天皇も利用しています。
上段の間、上々段の間は、今はなき仙台城本丸大広間にも設けてあり、仙台城の
豪華さ彷彿とさせるようです。

係のかたが、本堂から外の撮影はできますよ、と教えてくださいました。

御成玄関の彫刻

瑞巌寺 御成玄関


天皇、皇族、藩主専用の玄関です。

「葡萄に栗鼠」の彫刻。

瑞巌寺 御成玄関の彫刻


本堂北側の庭園

瑞巌寺 庭園


御朱印を受け取りました。

瑞巌寺 御朱印


ここでもぐ娘が「四寺回廊」を結願です。

瑞巌寺 結願の色紙


結願の寺院のご住職によるミニ色紙がいただけます。
これはとっても良い記念になりますね!(*^^*)


(8月27日参拝)
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

由緒と格式あるお寺の美しく整然とした佇まい、堪能させて頂きました。「お城や御殿」を彷彿させつつ、日光東照宮とはまた趣が違うようで、凝った造りの彫刻も控えめにあしらわれている様子に独特の奥ゆかしさを感じました。

ROWさん、こんにちは(^^)

内部は本当に煌びやかで、伊達政宗像が鎮座していたり(オリジナルは宝物館で拝見)、
なかなか見応えのある寺院でした。
山寺に続き、瑞巌寺も一生に一回の価値ありでしたよ(*^^*)
プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(8) 旧沼田家武家住宅 2019/09/19
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(7) 瑞巌寺・五大堂 2019/09/18
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(6) 松島・円通院 2019/09/13
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(5) 松島・瑞巌寺 2019/09/11
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(4) 立石寺・五大堂 2019/09/09
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(3) 立石寺・奥の院 2019/09/07
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR