円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(11) 骨寺村荘園遺跡

我々のみちのく四寺回廊の旅、最終日の4日目、山王山温泉・瑞泉郷から平泉に向かう
途中、骨寺村(ほねでらむら)荘園遺跡を通ります。

骨寺村荘園交流館・若神子(わかみこ)亭に立ち寄りました。

骨寺村荘園交流館・若神子亭1


一関市厳美町の本寺(ほんでら)地区はかつて「骨寺村」と呼ばれ、中尊寺の経蔵(きょうぞう)
を維持する費用を賄う土地(荘園)として藤原清衡から認められました。
在家と呼ばれる人々は、米、栗、立木(たてぎ)、油、漆などを中尊寺経蔵に納めていました。

鎌倉時代に描かれた「陸奥国骨寺村絵図」は、仏心絵図(簡略絵図)と在家絵図(詳細絵図)の
2枚の絵図で、信仰した神仏、田んぼや道などの様子が描かれています。

骨寺村荘園交流館・若神子亭3


その絵図により、骨寺村は900年の間、変わらぬ農村風景を残しているのがわかるのです。

骨寺村荘園交流館・若神子亭2


そのことが評価され、平成17年に絵図と現地との対比が可能な堂社や岩屋等の9つの区域が
国史跡「骨寺村荘園遺跡」として指定されました。

しかし、骨寺村とは、まるで横溝正史の小説にでも出てきそうな不思議な名前ですよね。
絵図に「骨寺跡」「骨寺堂跡」という文字と建物が描かれています。
絵図の描かれた鎌倉時代にはすでに廃寺であったわけですが、亡くなった人々の骨の一部を
納める場所であったとか、墳墓堂であったともいわれているそうです。

中世の荘園の面影…といっても、道路から見える景色はありふれた田園風景です。

骨寺村荘園遺跡


でも、骨寺村荘園交流館で見せていただいた、モーター・パラグライダーによる空撮の映像が
とっても美しくて見とれてしまいました。

こちらは「空から日本を見てみよう plus」のヘリの映像。



骨寺村荘園交流館~駒形根神社~栗駒山~山王窟~峠のイワナ屋


さて、また車を走らせて、四寺回廊の旅、最終日も張り切ってまいります(*^^*)
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
生姜の収穫 2019/11/06
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(14) 中尊寺 2019/10/04
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(13) 毛越寺 2019/10/02
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(12) 厳美渓の郭公だんご 2019/08/29
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(11) 骨寺村荘園遺跡 2019/08/29
円仁創建、芭蕉の足跡を辿る旅 みちのく四寺回廊(10) 達谷窟毘沙門堂 2019/08/28
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR