『天皇家のお葬式』(大角 修・著)

京都・泉涌寺は、仁治3年(1242)に四条天皇が泉涌寺に葬られて以来、
歴代天皇の山陵がここに営まれるようになり、皇室の菩提寺として
御寺(みてら)と呼ばれます。

泉涌寺1


ブログ記事 洛陽三十三所観音 第20番札所 泉涌寺 2013-11-23


私が泉涌寺に初めて訪れたのが2013年、観音巡礼を始めたばかりで、
日本の宗教についてもさっぱり無知で、当時、泉涌寺は皇室の菩提寺であることを
漠然と知っただけでした。

泉涌寺4


しかしその後知ったのは、泉涌寺の寺域には天皇陵があり、霊明殿には天智天皇と
光仁天皇から昭和天皇に至る歴代天皇皇后の位牌が安置され、また、現在に至るまで、
天皇皇后のご参拝があり、秋篠宮殿下も「御寺泉涌寺を護る会」の総裁として
度々訪れていらっしゃると。

私がテレビで見たりして知っているのは、神道式の儀式を行う天皇皇后、皇族の姿のみでした。
一方で、京都には門跡寺院と呼ばれる数々の寺院があり、皇族が住職を務めてきました。

明治時代に入り、新政府により神仏分離が行われたことは理解しますが、ではいったい、
天皇や皇族の仏教への帰依の信心はいったいどうなってしまったのか、それが長らく
知りたいことでありました。





「天皇家のお葬式」では、日本の歴史を振り返りつつ、天皇のお葬式のありようが
語られていきます。
知らなかった事実がとても興味深いです。

初めて火葬された天皇は持統天皇。
僧の読経で送る現在の葬儀の始まりになったのは聖武天皇。
歴代天皇で唯一散骨されたのは淳和天皇。
日本最初の法皇は宇多天皇@仁和寺。
冒頭にも書いたように、泉涌寺で最初の葬儀をしたのは四条天皇。
などなど。

江戸時代までは天皇は庶民の前に現れない存在でしたが、明治以降は
どんどん身近な存在として感じられてきます。

そして…

"昭和二十六年五月、貞明皇后が急死した。その御舟入り(納棺)の様子を、三笠宮崇仁親王妃百合子らがインタビューに答えて語っている。それによれば、柩が置かれたのとは別の部屋に墨と硯が用意されており、皇族から女官から誰から、ちょっとでも時間が空けば全員が南無妙法蓮華経とか南無阿弥陀仏と書くのだという。紙は半紙を一〇センチ×二~三センチに切って、書いたものをおひねりにし、それらをいっぱいためてクッションのようにして柩にいれる。そして貞明皇后以降もした記憶がある。たしか高松宮宣仁親王のときだったか、と。"



貞明皇后は大正天皇の皇后です。
この一節だけでも、この本に出合った価値があったというものです。
皇室の心の深い部分に触れられた気持ちになりました。

日本において天皇はどういう存在であったのか、天皇家のお葬式の変遷と共に、
学びを与えてくれる良書でした。


(追記)

著者の大角 修 様からじきじきにコメントをいただき、新刊本をご紹介いただきましたので、
こちらにリンクを入れておきたいと思います。



関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデン(マンション)へ
にほんブログ村

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術


コメントの投稿

非公開コメント

御礼

拙著『天皇家のお葬式』をご紹介くださり、ありがとうございます。
最近、地人館E-booksで『皇室典範』をリリースしました。『天皇家のお葬式』と重なる部分がありますが、 chijinkan.com のサイトにデモ版をのせましたのでご覧いただければ幸甚です。

こちらこそありがとうございます

大角修 様

著作者様じきじきにコメントをいただき、また、稚拙な読書感想文で恐縮です。

お寺巡りをする中で、疑問に感じてきたこと、知りたいと思っていたことに関して、
たくさんの答えが見つかり、非常に有意義な読書となりました。

新刊本のご紹介、どうもありがとうございました。
Kindleにて拝読させていただきたいと思います。
(「天皇家のお葬式」もKindleで、たくさん線を引かせていただいて、Kindleの便利さを実感しました。)

記事内で新刊本も紹介させていただきますね。

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
Twitterで話題、夏野菜の簡単おかず 2021/07/28
今夜の『せみ銀座』の様子 2021/07/22
先祖返りした「ししとう」 2021/07/19
近所の『せみ銀座』 2021/07/15
シシトウの葉に白い紙っぺら? 2021/06/27
ベランダ栽培のハスの様子 2021/06/22
最新コメント
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR