名越切通 第一切通へ

鎌倉駅から緑ヶ丘入り口行きのバスに乗り終点まで。
降りたところに案内が出ていました。

まんだら堂1


コンクリートの階段を上り、次は石段になった山道が続きます・・・。

まんだら堂2


随分上りました。ふぇ~~、疲れる~~。

道しるべがありました。
「まんだら堂やぐら群」か、「名越切通(なごえきりどおし)第一切通」か、
どちらに先に参りましょう?

まんだら堂3


名越切通の第一切通と呼ばれているところににまず行くことにしました。

(・・・)鎌倉は、南方を海に、それ以外の三方を丘陵に囲まれた要害の地でした。そのため、陸路を鎌倉に入ろうとすると、その多くは細くて急な尾根越えの山道か、危険な波打際の崖下の道であったと思われます。(・・・)
13世紀前半、執権北条氏の権勢が確立する頃になると、鎌倉も政治経済の拠点として発展しますが、頻繁となる物資や人々の往来にとって、それまでの交通路は大きな妨げとなりました。その難渋を除くため、都市の基盤整備の一環として、後に「鎌倉七口」などと呼ばれる切通路が開削されたと考えられます。(・・・)


まんだら堂やぐら群でいただいた逗子市教育委員会作成、平成25年度秋 臨時公開資料より引用

到着です!
通り抜けてみますね。

名越切通1


名越切通2


名越切通3


名越切通4


名越切通は、鎌倉と三浦半島を結ぶ要路であるとともに
幕府防衛のため、敵の侵入を防ぐ目的もあったと言われてきたようですが・・・。

名越切通4


この一番狭くなったところ、大きさ比較のためにもぐぱぱさんに
立ってもらったんですが、約90センチということです。

「これじゃあ人馬は通りにくかったよなぁ」って話していたんですが
まんだら堂でいただいた資料によると、
平成16年度の第一切通の崩落防止工事のための発掘調査で
この部分はかつては270センチ以上あったことがわかったそうです。
また、この路面の下60センチまでの間に少なくとも4回、道路を補修した痕跡が確認され、
最下層の岩盤削り出しの路面上からは18世紀後半以降に作られた焼物の破片が
出土したことで、現在のルートの下に残っている最も古い道は、江戸時代に使われていた
ものだとわかったそうです。

名越切通の第一切通は、江戸時代の後半には現在よりも広い道路であったのが
大地震等で崖が崩落して埋まり、その都度かさ上げしながら道幅を狭めつつ
復旧し使われてきたものと考えられるとのこと。

どうやらこの場所は、鎌倉の防衛の象徴と思われてきたのが
実は中世の姿をとどめたものではないことがわかってきたようです。
歴史の通説っていうのは、調査や研究によって時々変わるものですけれどね。

(※平成21年度の調査では、中世の「名越切通」の本道かどうか判断できないものの
15世紀以前の道路状遺構が発見されています。)

そして、この崖のようになったところの上が展望台になっていました。

名越切通5


海までの眺望です。

いずれにせよ、このダイナミックな地層を見て
歴史の重みに思いを馳せていたのですが
この先、ほんのちょっとだけ行ってみると・・・。

名越切通6


いきなり普通のおうちが見えて、この先が
亀ヶ丘団地という住宅地になるようです。

いやまあ、ものすごいタイムスリップ感を味わえる場所には
違いありません(*^_^*)
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
コスモスと石の寺 西国薬師 第3番 般若寺 2017/11/13
玄奘三蔵院ご開扉 西国薬師 第1番 薬師寺 2017/11/11
鑑真の情熱を伝える寺 唐招提寺 2017/11/08
うめだ阪急「イタリアフェア」 2017/11/02
大町阿礼作 WEB小説「北円堂の秘密」 2017/10/21
『運慶展』@東京国立博物館(平成館) 2017/09/29
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR