江ノ電で「極楽寺」から「鎌倉高校前」へ

もぐままともぐぱぱ、江ノ電の「のりおりくん」で乗車していたので
「タンコロまつり」見学の後、まあ、あちこち回りましょう、と。

もぐぱぱさんは、極楽寺駅周辺に来たことがなかったので
ちょっくら案内。

極楽寺駅前。
私が訪れる時は、いつも人がいっぱいで、なかなか無人にならないのですが
初めてのシャッターチャンス!と一枚ぱちりと撮ったら
もぐぱぱさんひとり入ってました。
(「もぐぱぱ、どけ~~!」と心の叫び。)

再びチャンスが訪れました(*^_^*)

極楽寺駅


極楽寺駅は、1999年10月に関東の駅百選に選ばれています。

まず極楽寺にお参り、そして、「このあたりが極楽寺坂の切通しだよ~」と
言いながら、成就院へ。

6月には紫陽花見物の人々でごったがえしていますが
冬枯れに入る頃の物淋しいお寺もいいものです。

成就院境内


一番高いところからの眺め。

成就院からの海


風が強くて、めちゃくちゃ寒い!
気になる塔もきれいに見えています(*^_^*)
名越(なごえ)に行った時、バスからこの「塔」が見えました(笑)。

極楽寺駅に戻り、江ノ電で鎌倉高校前まで行くことに。

鎌倉高校前1


ここが江ノ電沿線、鉄道マニアの撮影スポットのひとつであることを
もぐぱぱさんはよくご存じで。
私も初めて下車しました。

ものすごく主張してますね(笑)。

鎌倉高校前2


江ノ電が入ってくるところ。
駅員さんが敬礼。

鎌倉高校前3


ここの坂道が写真でよく登場するところですね。

鎌倉高校前4


海岸のほうに出てみます。
結構な波ですよ。
お二人連れが絵になる砂浜ですね(*^_^*)

鎌倉高校前6


しかし、こんな寒い日でもたくさんのサーファーがいらっしゃったのには
オドロキ(´・ω・`)

江の島。
素晴らしい眺めですね!

鎌倉高校前5


ここでどれだけの江ノ電の往来を見たでしょうか。

鎌倉高校前7


次はお隣の腰越(こしごえ)に行ってみます。
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
『運慶展』@東京国立博物館(平成館) 2017/09/29
横浜の地下迷宮!定泉寺「田谷の洞窟」 2017/09/28
岩手復興支援でグルメ満載!「大船 to 大船渡」 2017/09/24
田んぼの土からキモかわいい生物発生!ホウネンエビ 2017/09/22
「月百姿」月岡芳年@太田記念美術館 2017/09/18
名作お寺番組再放送『古都浪漫こころ寺巡り』 2017/09/09
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR