坂東三十三観音霊場デビュー!

今日日曜日もお出掛けしないともったいないほどの陽気。
鎌倉観音巡りの続きをしたいところでしたが
もぐ娘はどうも朝から出かけるのが苦手らしい。
鎌倉観音巡りを無理強いするのもどうかと思い、少し思案。

いえね、実は、過日、江ノ電の鎌倉駅で
こんな冊子をいただきました。

坂東三十三観音巡り1


電車で行く「坂東三十三観音巡り」
午歳特別結縁冊子
「平成二十六年は十二年に一度の特別な年、観音様に会いに行こう」

馬が観音様の眷属(けんぞく)とのことで、
午の年は観音霊場にとって特別な年のようです。

観音巡礼の慣習は、平安時代に西国で始まったものですが
源頼朝が熱心な観音信者であり、源実朝もまた
観音信仰を行ったことから、実朝が西国を模範として
坂東において札所を制定したと伝えられているそうです。

たまたまこの冊子を手にしたこと、そして今年は坂東三十三観音巡礼にとって
特別開帳や特別行事など特別な年・・・
とくれば、もぐまま、じっとしていられなくなりました(*^_^*)

坂東は首都圏の1都6県に点在しており
札所の地図を見たところ、車で行くほうが便利なところもあるようで。
うーん、これは車を運転するあの人を巻き込むしかあるまい( ̄ー ̄)ニヤリ

坂東三十三観音巡り2

(画像は坂東三十三観音 公式サイトからお借りしました。)

冊子をちらりと見たもぐぱぱ。
「西国よりもむしろこっちのほうが回り易いんじゃない?」

言いましたね( ´,_ゝ`)

「今日、いい天気だよね~♪
鎌倉、行かない?」

「まあ、行ってもいいけど・・・。」

もぐぱぱさんを坂東に絡めて巡礼を始めることを
決定いたしました♪~ <( ̄ε ̄)>

西国三十三箇所(デビュー済み)、坂東三十三箇所、
そして、秩父三十四箇所を合わせて日本百観音といわれているのですが
わたくし、もぐまま、心の中でめらめらと野望が目覚めたのでございます( ̄ー ̄)

本日、坂東にデビューいたしました!
第一番札所は鎌倉の杉本寺です。
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
コスモスと石の寺 西国薬師 第3番 般若寺 2017/11/13
玄奘三蔵院ご開扉 西国薬師 第1番 薬師寺 2017/11/11
鑑真の情熱を伝える寺 唐招提寺 2017/11/08
うめだ阪急「イタリアフェア」 2017/11/02
大町阿礼作 WEB小説「北円堂の秘密」 2017/10/21
『運慶展』@東京国立博物館(平成館) 2017/09/29
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR