鑑真招来の観音さま 坂東観音第5番 勝福寺

次に向かったのは、小田原市飯泉にある勝福寺、通称飯泉(いいずみ)観音。

勝福寺1


仁王門

勝福寺2 勝福寺4 勝福寺3


宝暦8年(1758年)に造営された仁王門で
八脚門としては県下で最大級だそうです。
骨太の力強い仁王様ですね。

金堂(観音堂)

勝福寺5


奈良時代の創建で、宝永3年(1706年)に再建。
鑑真和上が招来した十一面観音が安置されています。

勝福寺6


欄間彫刻

勝福寺7 勝福寺8


みとれてしまうようなカラフルで美しい彫刻です。
ご本尊の十一面観音は33年に一度開帳される秘仏ですが
11月1日から5日まで、開創壱千二百五十年記念開帳大法会で
ご開帳されるようです。
御前立観音は拝観できるはずなんですが
御簾が降ろされていて、拝見することはできませんでした。

坂東のお寺はどこも深いご由緒があって
しかも見応えのある建築物ばかりですね。

青銅水鉢

勝福寺9


勝福寺10  勝福寺11


水鉢の龍も観音様も素晴らしいです。

かながわの名木100選、勝福寺の大イチョウ

勝福寺12


樹齢700年と推定される雄株。
かつて乳イチョウと呼ばれて、乳の出ない婦人が願をかけたそうです。

二宮金次郎初発願之像

勝福寺13


二宮尊徳が少年時代に旅僧から観音経を聞き、
一念発起した地といわれています。

また、このお寺には土俵があり、
江戸時代の相撲興行の際、名力士雷電が力持ちの乱暴者を
投げ飛ばしたという逸話が残るそうです。

勝福寺14


御朱印をいただきました。

坂東五番
飯泉山 勝福寺
十一面大悲閣
二宮尊徳先生初発願霊場
午年結縁

勝福寺15


お寺巡りってどうしてこんなに楽しいんでしょう(*^_^*)
12月17、18日の歳の市(だるま市)も有名だそうです。
ここから4.5キロ離れたところに曽我梅林があります。
昔に訪れたことがあります。
小田原厚木道路のパーキングで曽我の梅を使った梅干をおみやげに買いました。
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
コスモスと石の寺 西国薬師 第3番 般若寺 2017/11/13
玄奘三蔵院ご開扉 西国薬師 第1番 薬師寺 2017/11/11
鑑真の情熱を伝える寺 唐招提寺 2017/11/08
うめだ阪急「イタリアフェア」 2017/11/02
大町阿礼作 WEB小説「北円堂の秘密」 2017/10/21
『運慶展』@東京国立博物館(平成館) 2017/09/29
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR