歴代の武将が信仰 坂東観音第15番 長谷寺

わたくし、もぐまま、暑い夏の巡礼はキツイので控えます、と
宣言いたしました。
関東地方、梅雨が明けました。
「梅雨明け十日」といって、安定した晴天が続き、猛暑に見舞われることも
あるそうです。

2001年7月24日に、40.0度というとんでもない記録を叩き出した
群馬県前橋市のお隣の市、高崎市に来ちゃってます。
なんでまたこんな時にこんなところへ来たんやろ。
どういうお導きなんでしょう、
ともかく一年で最も暑い時期に、猛暑スポットにいるのです。

もぐぱぱさんと早朝に横浜を車で出発し、坂東三十三観音第十五番のお寺、
長谷寺(ちょうこくじ)、白岩(しらいわ)観音に到着しました。
榛名富士の麓で、そこそこ標高があり、眺めの良いところです。

お寺の前の駐車場に車を停めて外に出ると、
ジリジリと照りつける太陽の光、
湿気を含んだ息詰まるような重い空気に包まれました。
車の外気温の温度計では途中35度のポイントがありました。
風もなく、体感温度的には40度以上の感じです(汗)。

駐車場から見た長谷寺

長谷寺1


装束に身を包み、ホラ貝を吹いているかたがいらっしゃいました。
お寺のお坊さまかと思ったのですが、どうやら巡礼者のようです。
このかたのお参りのスタイルのようです。

こちらは駐車場への通用口のようですので
仁王門のほうに回ってお参りしたいと思います。

長谷寺2


仁王門

長谷寺3


いつものように金剛力士像にご挨拶です。

長谷寺5 長谷寺4


なかなかの肉体美です。

山号の白岩山というのは、修験行者が白い巨岩を運ばせて
この地に修行の場を作ったという伝説に基づいているそうです。
噴き出す汗に、我々もまったく、灼熱地獄の修行を行っているような気分です。

寺伝では、延暦・大同(782-810)の頃に、
伝教大師、弘法大師が来錫(らいしゃく)し、
文徳天皇(851)の御代、在原業平が堂宇を修営したとのこと。
後に、源義家、新田義貞などの武将が信仰し、
天文元年(1532)、上杉憲政が伽藍を整えたそうです。
周囲に特に何かあるというところではないのですが、
ともかくものすごいご由緒のあるお寺なのはわかります。

長谷寺では鐘楼の鐘をつくことができたので
お参りの前にゴーンとひとつ鳴らしました。

長谷寺6


本堂(観音堂)

長谷寺8


長谷寺は、永禄6年(1563)、武田信玄の箕輪城攻めの兵火で焼失、
現在の観音堂は信玄の子、勝頼が再建しました。

唐破風の向拝の彫刻

長谷寺7


色彩のある彫刻が見事ですね。

観音堂の天井画・天人奏楽

長谷寺9


大きなお寺ではないのですが、大変に意匠が凝らされています。

拝観料ひとり200円で堂内に入ることができます。
ご本尊の十一面観音立像は平安時代後期(藤原時代)の作とされ、
総高230センチ、像高180センチ、榧(かや)材の一木割矧造(いちぼくわりはぎづくり)、
目は彫眼で素木仕上げの秘仏です。
常時拝観できる御前立ちの十一面観音立像は、総高270センチ、像高186センチ、
桧(ひのき)の寄木造、目は玉眼で、全体に金箔が施され、鎌倉時代の作とされています。

堂内でお参りしました。
立派な御前立観音は黄金に輝き、優雅な気品を放っていました。
後ろに大きなお厨子があるのですが、
よく見てみると扉が開かれているような・・・。
そして、ちらりと人間大の黒い影が。
秘仏が御開帳されていたようです。
御前立の後ろで、まったく影のようにしか見えなかったのですが
ものすごくありがたい気持ちになりました。

御朱印をいただきました。

坂東十五番
白岩山 長谷寺
大悲殿
午歳結縁

長谷寺10


お参りを終えた頃には暑さでフラフラです。
いや~、参った、参ったヾ(・ω・`;)ノ
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

長谷は長谷でも群馬県なのですね(^_^;)v-278猛暑の中炎上するが如き赤き寺v-42暑さ倍増です(^_^;)(^_^;)
素晴らしいお寺ですね。ただせっかくの素晴らしい彫刻や天井画の前に無粋な金網はちょっと残念ですね(>_<)(仕方ないのでしょうがもうちょっと何とかならないかと思ってしまいますね・・・)

Naoさん、こんにちは。

読み方は「ちょうこくじ」ながら、日本三長谷のひとつ、と書いてあるガイドブックもあります。
調べてみましたら、1.奈良、2.鎌倉、三つ目は日本全国の100か所以上の長谷寺が
「うちです」と主張しているようです(^◇^)
日本三なんちゃらの三つ目は、たいてい微妙ですよね(笑)。

「ぐっとくるお寺」(笑)というのは規模じゃないですね。
小さくても魅力のあるお寺はあるものですね。

金網はあちこちのお寺で見かけますね。
たいていお寺は山中にあるので、鳥が巣を作ったり、フンの害で
建造物が汚されたりするのでしょうね。
殺生するわけにもいかず(笑)、いたしかたないのでしょうね。
仁王門の仁王様の前もたいてい金網が張られています。
カメラのレンズを金網にくっつけて、なるべく金網が入らないように撮影しています。
金網に合わせて不自然にカメラを向けることがあるので、
仁王様のアングルがヘンテコだったりします^_^;
プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
快慶作の文殊菩薩 安倍仲麻呂と安倍晴明ゆかりの寺 安倍文殊院 2017/07/19
桜井遺跡散策 メスリ山古墳から安倍寺跡へ 2017/07/14
天平のイケメン仏像 国宝十一面観音 聖林寺 2017/07/12
秘仏・談峰如意輪観音の特別公開 談山神社(4) 2017/07/05
大阪 都島神社の大祓式 2017/06/30
期間限定御朱印と紅葉おみくじ 談山神社(3) 2017/06/28
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR