座間「七不思議の寺」 坂東観音第8番 星谷寺

やや日暮れが早くなったと感じる今日この頃、
朝夕は多少涼しさを感じる時もありますが、
お昼はやっぱり30度超えの猛暑です。

今日は大阪で豪雨の荒れ模様だったようですね。
今年はことさらゲリラ豪雨の多い年のように思います。
痛ましい事故のあった地域のみなさまには
心からの哀悼を表し、お見舞いを申し上げたいと思います。

さて、横浜では曇りがちではあるものの
そこそこ安定したお天気でした。
今日もまた祈りの巡礼、坂東三十三観音巡りへと出かけました。
本日は横浜からお近くの座間へおざま、じゃなくておじゃま。
小田急線座間駅近くにある星谷寺(しょうこくじ)、星の谷(ほしのや)観音を
訪れました。

星谷寺1


仁王門はなく、仁王像が立っていました。
左手は鐘楼。大木が見えますが、手前はおそらくマキの木で、
奥が巨大なイチョウです。
そして正面奥が本堂(観音堂)です。

天平年間(729-749)、行基がこの地を訪れた時、
「見不知森」(みしらぬもり)の中に法華経を説話している声を聞き、
それは古木の根洞にいらっしゃる観音像だったそうです。
行基は一宇を建立し、それが星谷寺の開創とのこと。
妙法山という山号の由来ともなっています。

鎌倉時代の兵乱で、伽藍の多くと観音堂を失い、
本堂が再建された後、歴代北条氏の保護を受けました。
また徳川家康により座間郷に寺領の寄進を受けました。

本堂(観音堂)

星谷寺2


ピンクのフヨウの花が咲いています。
立派な本堂です。
ろうそくとお線香を上げ、お参りです。

本堂外陣の天女の彫刻

星谷寺3


色鮮やかで美しいですね。

ご本尊は聖観世音菩薩です。
お厨子がありましたが扉は閉じられていました。
通常非公開のご本尊ですが、10月18日にご開帳の予定のようです。
通りのポスターに、ご開帳に際し稚児行列が行われる旨
掲示されていました。

星谷寺4


さて、この星谷寺には「七不思議」があるそうです。

星谷寺5


2番の「根下り紅葉の老木」は観音堂の中にありました。

星谷寺6


これに触れるとお乳の出が良くなるそうです。

好奇心全開のもぐまま、ここから七不思議探しです(*^_^*)
1番の、国の重要文化財「撞座一つの梵鐘」。

星谷寺7


嘉禄3年(1227)鋳造で、東日本最古の梵鐘。
普通は撞くところが2つあるのに、ひとつしかないという
珍しいものなんですね。
確かに反対には撞くところはありませんね。

5番、「咲きわけの散り椿」。

星谷寺8


弘法大師像の脇にありました。
「椿寺」として知られる京都の地蔵院から移植したもので
花は、純白、紅色に斑入模様、淡紅、濃紅、白色に紅の斑入りと
5通りに咲くそうです。
また、椿でありながら、花びらが一枚ずつ散るところから
「咲き分け散り椿」と呼ばれるそうです。
冬にまたぜひ見に来たいです。

4番の「星の井戸」。

星谷寺10


昼でも星が映るといわれています。

7番の「不断開花の桜」は裏のほうから一旦お寺を出て
墓地の中にありました。
季節外れにお花が咲くそうです。

七不思議の不思議の地図(笑)が、なかなかわかりにくくて
ようやくこれだけ探し出しましたが、
6番「楠の化石」はどうやら現在ではお寺の中で保管されているらしいです。
手に持って振ると、水の音がするそうです。
3番の「観音草」、これも、あると思しきところに発見することが
できませんでした。
中風に効く薬草のようですね。
まあ七不思議ですからね、見つからないものがあっても
仕方がないのかもしれません(*´-`)

御朱印をいただきました。

坂東八番
妙法山 星谷寺
聖観世音
午歳結縁

星谷寺11


御朱印所にお守りなども売られていたんですが
「八体仏塗り絵」というのを見つけてしまい、
とっても欲しくなってしまいました(煩悩)。

干支によって自分の護り本尊というのが決まっているのですよね。
その仏様が八体あり、それの塗り絵です(*´-`)

星谷寺12


はい、今、手元にございますよ(^-^)
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

お近くにいらしてたのですね(*^_^*)
ちょっと素敵な名前のお寺さんだなぁとは思っていましたが行った事はありませんでした。身近にある物なんですねぇ、今度覗いてみます。

Naoさん、
座間におじゃましておりました。
横浜から近いです(^^)/

門前に駐車場があります。
お車の場合はお参りしてくださいね。
「無断駐車は即刻参萬円いただきます」と大きく書いてありました(笑)。

お寺の由来や寺伝に、ここの仏様は○○上人が彫ったもので、とか、
いろんな奇跡みたいなことが標榜されていたりするのですが、
まあそういうのも1000年の歴史、などを鑑みると、
ここのお寺の「売り」は何か?と、かえって楽しんでしまっています(笑)。
プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
コスモスと石の寺 西国薬師 第3番 般若寺 2017/11/13
玄奘三蔵院ご開扉 西国薬師 第1番 薬師寺 2017/11/11
鑑真の情熱を伝える寺 唐招提寺 2017/11/08
うめだ阪急「イタリアフェア」 2017/11/02
大町阿礼作 WEB小説「北円堂の秘密」 2017/10/21
『運慶展』@東京国立博物館(平成館) 2017/09/29
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR