鎌倉観音第13番 魚籠を持った観音様 別願寺

鎌倉三十三観音第十二番の教恩寺を出て、
同じく大町の安養院のほんの少し手前に
第十三番札所の別願寺(べつがんじ)があります。

安養院をお参りする時に、ちょっと民家風のお寺だなぁ、と
いずれ観音巡りで来るはずなので、いつも通り過ぎていた
藤のきれいなお寺です。

別願寺1

(藤の花の写真は2013年4月27日撮影)

本堂

別願寺2


別願寺は僧公忍が弘安5年(1282)一遍に帰依して
真言宗の能成寺(のうじょうじ)から時宗に改めたのが始まりです。

ご本尊は室町時代の阿弥陀如来立像ですが
お厨子に魚籃(ぎょらん)観音をお祀りしています。

鎌倉三十三観音で、手に魚かごを下げた魚籃観音をお祀りしているのは
別願寺だけで、漁業に携わる人々の信仰を集めているそうです。
海に面した鎌倉らしい観音さまですね(*^_^*)

室町時代には足利基氏、氏満、満兼の菩提寺として栄えました。
これまで表を通るだけだったので気づかなかったのですが
境内の奥のほうに、満兼の長男、持氏の供養塔とされる
石造宝塔がありました。

別願寺3


相輪(最上層の屋頂に立つ最上端部)を除く総高が256cmもあり
鳥居を浮彫りにした堂々たる石塔です。
意外にも、珍しい観音様がいらっしゃる、由緒あるお寺であることに
びっくりです。

御朱印をいただきました。

魚籃観音

別願寺4
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
ショウガ始めました 2018/04/23
材木座海岸と和賀江島をブラタモリ 2018/03/31
鎌倉 光明寺の観桜会(2) 大聖閣と山門公開 2018/03/31
鎌倉 光明寺の観桜会(1) 寺集(てらつど) 2018/03/31
月見と花見 2018/03/29
ハスの植え替え 今年こそ花を咲かせます! 2018/03/25
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR