タネからハスを育てる(4年目)

このシリーズ、まだ続いておりますヾ(・ω・`;)ノ
結局昨年もハスの花は咲かなかったので、お花の報告が
できませんでした(悲)。
ソメイヨシノの開花宣言前後にはレンコンの植え替えをしなければなりません。

鉢の水を抜いたところ。
腐ったようになって、汚くてぐちゃぐちゃ。

ハスの植え替え1


たらいの中でひっくり返しました。

ハスの植え替え2


こちらは、期待のレンコンを入れて、水生植物用のつぶつぶの軽い土で
植えたもの。
実はねー、昨年レンコンの成長と共に、レンコンが浮いて来てしまいまして
やはり重たい泥で育てなければならないことがよーくわかりました^_^;
浮いたレンコンをまた土に押し込んだりしましたが、結局は
貧弱な新レンコンしかできませんでした。

レンコンの植え替え3


もうひとつの方の泥に植えた鉢は・・・。

ハスの植え替え4


意外にも、期待していなかったほうが成長がよくて。

ハスの植え替え5


新レンコンは一本しか取れませんでしたが、失敗したのと較べると
こんなに肥えてます!
あー、もう育て方がわからなくなりました┐(´-`)┌

もしかすると、練って造った泥んこがいい感じに熟成してきたのかもしれません。

古い土はたい肥を加えて1年寝かせる、というかたもあるようなんですが、
ベランダガーデナーはそんな余裕もスペースもありません。

とっても繊細に栽培されているかたがある一方で、
このように豪快な植え替えを指導されているかたがあるのを
YouTubeで見つけています。




めっちゃアバウト!そして私はこの植え替えに賛同です(*^_^*)
ということで、すかすかになった古いレンコンや傷んだ根っこや茎を取り除き、
ただ、元の土に新しいレンコンを突っ込みました。

ハスの植え替え6


もう、ゴム手袋も何もかも泥まみれで、疲れました・・・。
さて、今年の夏、ハスの花の報告ができるでしょうか(笑)。

あまりにも汚い写真ばかりになりましたので、
お庭で摘んだアネモネのお花です。

アネモネ


関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
コスモスと石の寺 西国薬師 第3番 般若寺 2017/11/13
玄奘三蔵院ご開扉 西国薬師 第1番 薬師寺 2017/11/11
鑑真の情熱を伝える寺 唐招提寺 2017/11/08
うめだ阪急「イタリアフェア」 2017/11/02
大町阿礼作 WEB小説「北円堂の秘密」 2017/10/21
『運慶展』@東京国立博物館(平成館) 2017/09/29
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR