鎌倉観音 延命寺に再訪 「狸の伝説」

もぐまま、鎌倉三十三観音巡礼の11番から13番までは
すでに御朱印をいただいていますので、もぐ娘にお付き合いですが
プチ情報を追加してまいります。

鎌倉三十三観音
第十一番札所 延命寺(えんめいじ)
(上のリンク先は2014年9月12日に参拝した前回の記録です。)

下馬四つ角の交差点から滑川の延命寺橋を渡ったところが延命寺。

延命寺2015-1


9月には青々と茂っていたイチョウは葉を落とし、
でもわずかに新芽が見えていました。

延命寺2015-2


こぢんまりとした境内ですが、このイチョウの木は意外と大きいものであると
落葉していてこそ感じました。

本堂は季節が違っていてもそれほど変わりはなく・・・

延命寺2015-3


もぐ娘とふたり、本堂前で般若心経をあげました。
少し開いた扉から、内部をそっと覗かせていただきます。
こちらの寺宝である、法衣をまとった女性の姿の身代り地蔵は
(薄暗くて距離があるのではっきりとお顔までは識別できませんが)
やはり異彩を放っていると言えるでしょう。

仏像群はこのような並びになっています。

延命寺2015-4


そして前回見逃していたポイントがひとつ!
本堂の裏が墓地になっているのですが、「古狸(こり)塚」という碑が
あるというのです。
もぐ娘が御朱印をいただく際、お寺のかたに伺ってみました。
「ああ、ございますよ。お花をお供えしてありますので、すぐにわかります。」

本堂裏手のすぐのところにありました。

延命寺 古狸塚


江戸時代の終わり頃、この寺に棲みついた狸が酒好きの和尚のために
酒を買いに出かけたりして町の人々からも愛されていたというが、
その狸が死んだ時に葬って供養した塚であるという。
(参照:深く歩く鎌倉史跡散策〈上〉)

心なごむような伝説がこのお寺にはあったのですね。
いや、もしかすると、かごをくわえてお買い物をする、お使いわんちゃんのような
ことができたのかなぁ、などと、空想が膨らみます(*^_^*)

プライベートな墓地の中にありますので、御朱印の時にでも、
お寺のかたに一言声を掛けてからご覧になられるのがよいかと思います。
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
レトロな街並み散歩とB級グルメ 秩父・番場通り 2018/04/25
花と仏像の寺 秩父観音 第12番 野坂寺 2018/04/24
色鮮やか!秩父・羊山公園の40万株の芝桜! 2018/04/23
ショウガ始めました 2018/04/23
材木座海岸と和賀江島をブラタモリ 2018/03/31
鎌倉 光明寺の観桜会(2) 大聖閣と山門公開 2018/03/31
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR