鎌倉 仏像マニアは立ち寄るべし!辻の薬師堂

魚町橋からそのまま小町大路を南下すると、
横須賀線の踏切手前、右手にお堂がありました。
ちょうど遮断機が下りてしまったので、ふと立ち寄ってみました。

辻の薬師1


こういう変形鳥居みたいな門のことを冠木門(かぶきもん)というようです。
明王院常栄寺(ぼたもち寺)にも冠木門がありました。)

遮断機が上がるまでの間、と思っていたのですが、
いやいや、ここ、なかなか趣のあるお堂です!

辻の薬師2


辻の薬師4 辻の薬師3


神亀(じんき)年間(724-29)建立の名越(なごえ)の医王山長善寺(真言宗)が
何度か移転する間、江戸時代には徳川光圀が参詣したとか、霊験ある薬師として
江戸からもお参りが多かったとかいう話はあるものの、
幕末に薬師堂を残して焼失し、廃寺。
薬師堂は、明治22年(1889)、横須賀線の敷設(ふせつ)に伴い、
現在地に移ってきたそうです。
(参照:深く歩く鎌倉史跡散策〈上〉)

なるほど、もともとは真言宗のお寺ですから
南無大師遍照金剛の碑があるのですね。

辻の薬師5


ちょっとお参りしてから、と思って堂内を覗いてみると
立派な仏像が!

かつては、平安後期の欅一木(けやきいちぼく)造りの本尊
薬師如来立像と室町時代作といわれる脇侍(わきじ)の日光・月光菩薩立像、
鎌倉時代・室町時代作の十二神将像が安置されていましたが、
平成5年にすべて鎌倉国宝館に移管されたそうです。
現在、鎌倉国宝館には修復された薬師三尊像と十二神将像の一部が常設展示に
なっているとのことです。

現在の堂内にあるのは、旧像を模した薬師三尊像と十二神将のうちの
迷企羅(めきら)大将、波夷羅(はいら)大将の二体が安置されています。

お堂の中は薄暗いのですが、
お堂の左手のあたりにお賽銭口があり、そこにお賽銭を入れますと、
なんと、仏像ファンへの「ボーナスタイム」(!)となり、
30秒間堂内の照明が点灯しますっ!(≧∀≦)♪

辻の薬師6


いや~、こういった「特殊効果」なぞございますと、仏像ファンならずとも
ちょっとわくわくしちゃいますので、ここをお通りになることがありましたら、
素通りせず、ぜひお参りしてくださいませね~(*´-`)
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
達成感あり!山岳寺院の奥の院 西国薬師 第8番 室生寺(2) 2017/11/22
紅葉真っ盛り 西国薬師 第8番 室生寺(1) 2017/11/21
コスモスと石の寺 西国薬師 第3番 般若寺 2017/11/13
玄奘三蔵院ご開扉 西国薬師 第1番 薬師寺 2017/11/11
鑑真の情熱を伝える寺 唐招提寺 2017/11/08
うめだ阪急「イタリアフェア」 2017/11/02
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR