善光寺御開帳 山門(三門)

善光寺の、いわゆる「境内」と言うべきエリアに入っていきます。
善光寺の案内所に「牛」がいました。

善光寺案内所の牛


六地蔵

善光寺六地蔵


我々衆生が輪廻を繰り返す六つの世界(六道)に現れ、
迷いや苦しみから衆生を救ってくださる菩薩です。
向かって右から、地獄界、餓鬼界、畜生界、修羅界、人界、天界の菩薩様で、
地獄界の地蔵菩薩が蓮台から片足を踏み出しているのは、
一刻も早く衆生を救いに行こうというお気持ちの顕れだと言われています。

なるほど、左足がこちらに出ていますね。
できればお世話になりたくないお地蔵様です^_^;

その向こうにおわしますは、濡れ仏(重要美術品)。

善光寺濡れ仏


享保7年(1722)に完成した延命地蔵菩薩坐像。
高さ約2.7mの銅像で、境内を移転の後、現在地に据えられる際に
露座になったため、「濡れ仏」と通称されています。


山門(三門)

善光寺山門


ここでとうとう予想はしていたものの雨粒が・・・。

高さ約20mの山門は、寛永3年(1750)に建立され、
門前町が一望できると大人気だったそうです。
老朽化のため長い間登楼できませんでしたが、
平成14-19年の大修理で、建立時の姿が復活し、
登楼参拝もできるようになりました。

善光寺山門「鳩字の額」

善光寺山門 鳩字の額


5羽の鳩は見つかりましたか?(*^_^*)

山門をくぐります。


(4月19日)
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
材木座海岸と和賀江島をブラタモリ 2018/04/02
鎌倉 光明寺の観桜会(2) 大聖閣と山門公開 2018/03/31
鎌倉 光明寺の観桜会(1) 寺集(てらつど) 2018/03/31
月見と花見 2018/03/29
ハスの植え替え 今年こそ花を咲かせます! 2018/03/25
「仁和寺と御室派のみほとけ」展@東京国立博物館 平成館 2018/03/03
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。1日1回どちらかのバナークリックが有効です。応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です

子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR