鎌倉 杉本寺の「四万六千日」 鎌倉地蔵尊第4番、第6番

8月10日、鎌倉の寺院の大きな行事に「四万六千日」(しまんろくせんにち)が
あります。
観音さまの「功徳日」(くどくび)として、鎌倉では坂東三十三観音巡礼の札所の
杉本寺(HP)、安養院、長谷寺(HP)で「四万六千日」の行事が行われます。

「四万六千日」に関しては、坂東観音霊場第13番札所の浅草寺のサイト
説明文があります。

観音さまのご縁日は「毎月18日」ですが、これとは別に室町時代以降に「功徳日(くどくび)」と呼ばれる縁日が新たに加えられました。月に一日設けられたこの日に参拝すると、百日分、千日分の参拝に相当するご利益(功徳)が得られると信仰されてきました。中でも7月10日の功徳は千日分と最も多く、「千日詣」と呼ばれていましたが、浅草寺では享保年間(1716~36)ごろより「四万六千日」と呼ばれるようになり、そのご利益は46,000日分(約126年分)に相当するといわれるようになりました(この数については「米一升分の米粒の数が46,000粒にあたり、一升と一生をかけた」など諸説ございますが、定説はありません)。


浅草寺での「四万六千日」は7月9日、10日とのことです。

覚園寺の黒地蔵縁日(ブログ記事)のお参りを終えて、徒歩で杉本寺に向かいました。
鎌倉宮を経て、天神前のバス停の手前を左折、第二小学校の脇を通り抜けると
金沢街道に出ます。東の方向へ少し歩けば杉本寺です。

到着です。

杉本寺 四万六千日1 杉本寺 四万六千日2


到着した時には11時を回っていて、
なんたって大好きな覚園寺で長居していたからなぁ(´~`ヾ) ポリポリ・・・
10時からの三十三観音大法要も終了していたようです。
拝観受付の窓は閉じられており、本日の入山は
法要後でも無料のようです。

仁王門です。

杉本寺 四万六千日5


もぐまま定番撮影の金剛力士像。

杉本寺 四万六千日3 杉本寺 四万六千日4


あちこちのお寺で仁王像を撮影するもので
手慣れてきたと思います( ´艸`)

杉本寺 (2013年1月2日の様子)
杉本寺 (2014年5月18日の様子)
杉本寺 (2014年12月7日の様子)


仁王門の先には有名な「苔の階段」。

杉本寺 苔の階段1


苔は保護されているので、左脇にある石段から本堂に向かいます。

これまでは季節や機会に恵まれず、青々とした苔の階段を見ることが
できなかったのですが、今日はこの通り。

杉本寺 苔の階段2


石段を上がって本堂に到着です。
本堂(観音堂)は県の重要文化財です。

杉本寺 四万六千日6


五輪塔群前には施餓鬼供養の塔婆が並べられていましたが
これも片づけられつつありました。
覚園寺で雨粒を1滴ほど感じたのはあったのですが、
杉本寺、お昼近くにまたこのピーカン!
もう、暑くて暑くてフラフラです。
手水(水道ですが)で少し体を冷やし、本堂へ。

本堂内は撮影禁止なのでこのあたりから。

杉本寺 四万六千日7


今日は「四万六千日」の奉納旗が出ています。
あら、誰かが落としたお帽子がかかっています。

入口付近で般若心経をあげました。
納め札も持っていたので納めさせていただきました。

実は、今日は観音さまの縁日の「四万六千日」ではありますが、
もぐままは鎌倉二十四地蔵尊の巡礼で伺ったのです。
杉本観音の御本尊は三体の十一面観音です。

鎌倉二十四地蔵尊の「札所本尊」は二体のお地蔵様です。
本堂奥、左手に二体いらっしゃいます。
本堂左手隅にいらっしゃるのが運慶作と伝わる室町時代の地蔵菩薩立像、
その右手にお立ちなのが(水子地蔵となっている)安阿弥(あんなみ)(快慶)作と伝わる
鎌倉時代の地蔵菩薩立像(市文)です。

杉本寺は坂東観音第一番霊場、鎌倉観音、鎌倉地蔵などの札所ですので
御朱印をいただくかたが多く、たいていはしばらく並ぶことになるのですが、
お参りもしつつ、御朱印所に人がいない時を見計らって
そっこーで鎌倉地蔵の御朱印をいただきました。

鎌倉二十四地蔵尊 第四番 杉本寺 身代(みがわり)地蔵尊

鎌倉二十四地蔵尊 第四番 杉本寺 身代地蔵尊 御朱印


鎌倉二十四地蔵尊 第六番 杉本寺 尼将軍(あましょうぐん)地蔵尊

鎌倉二十四地蔵尊 第六番 杉本寺 尼将軍地蔵尊 御朱印


観音様のご縁日ですが、地蔵の御朱印にも「四萬六千日」と
印を押してくださって、記念日となり感激です!

第5番は光触寺の塩嘗(しおなめ)地蔵尊(後日のブログ記事)なので、
鎌倉地蔵専用にしている御朱印帳(鎌倉地蔵公式御朱印帳は存在しません)の
1ページを飛ばしてふたつ書いていただきました。
同日に光触寺にお参りできればよかったのですが、おそらく8月中はお休みですので
またの機会に。

で、この御朱印に書かれているのは、身代地蔵と尼将軍地蔵です。
もぐまま、お地蔵さまがおふたりいらっしゃるのは存じていますが、
どちらがどちらなのかわかりません。
それでお寺のかたに伺ってみましたら、ご丁寧に前まで案内してくださって
左手奥隅の運慶作の(とても慈愛に満ちた表情の)お地蔵様が身代地蔵尊、
水子地蔵となっている(きりりとしたお顔立ちの)お地蔵様が尼将軍地蔵尊だと
いうことでした。

お寺の御本尊の三体の観音様は本堂一番奥のガラス張りの向こうに安置されています。
左には三体のうち最も古い、行基自ら刻んだという十一面観音(市文)、
中央の観音様は仁寿元年(851)の慈覚大師(円仁)の作、
右の観音様は寛和2年(986)に恵心僧都(えしんそうず)(源信)の作とのことです。
秘仏本尊は三尊同殿という扱いで、中央と右の二体は明治32年に国宝指定、
現在は重要文化財となっています。

いつもでしたら、この奥まったところの観音様は柵の手前からしかお参りできないのですが、
法要の片づけをなさっていて、その方が、「どうぞ、こちらまで」とガラス扉のまん前まで
誘導してくださいました!
やはりご縁日に伺うと良いことが待っています。
いままで遠目から暗がりを眺めているだけだったのですが、こんな間近から拝見できるとは!
それでも非常に暗いので、観音様のお顔が判別できるほどではないのですが、
今まで疑問だった一番左の、通称覆面(下馬)観音さま(ブログ記事)。
杉本寺でいただく御影では覆面をされているのですが、実際の観音様には
お顔の様子はわからないものの覆面はありませんでした。
これは今回の発見です!

仏像ワンダーランドの杉本寺、それぞれの仏像のディテールをつぶさに拝見するには
一日でもいられるのですが(笑)
あまりじろじろと見て長居していると怪しまれると思うので、
本堂の中を2周ぐらいしてお寺を後にするようにしています(*^_^*)

本堂脇の六地蔵です。

杉本寺 六地蔵


右端の石仏は三浦義明の長男杉本太郎義宗(よしむね)が
守り本尊とした地蔵菩薩と伝わるそうです。

鐘楼脇を通って本堂から下って行きます。
石段の途中、杉本寺から東のほうを望んだ遠景です。

杉本寺より遠景


天気予報、悪かったはずなのになぁ(笑)。
仏像を拝観している間に、随分体力が回復したのですが、
再びの暑さ。
第五番の光触寺が「お休み」(?)のことを確認しに歩いて行ってみようかという
思いも吹き飛び(笑)
(お寺のご予定は例年のことでしょうから、今年は開いています、ということもないでしょう)
手持ちの水も底をついてきたので、無理はするなということでしょう、
バスで鎌倉駅まで戻ることにしました。
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

二回目のコメント投稿

二回目のコメント投稿をさせていただきます。

杉本寺の存在を、貴ブログを拝読して初めて知りました。

ここの仁王像は、すばらしいですね。伝・運慶作とされているようですね。まさに、寺を護られる威厳と力強さが備わっていると感じます。

このお寺におられる仏様の作者を見ると、運慶、快慶、恵心僧都等、有名な人の名前が次々とありますね。

ここは次回、鎌倉に行った時には、ぜひとも行ってみたいと思いました。

尼将軍地蔵、あの北条政子さんに縁の深いお地蔵様かと思い、ネットで調べてみましたら、よく分かりませんでした。

苔の階段、梅雨シーズン中の頃も、きれいでしょうねぇ。雨が降った直後の晴れ間の時などは、特にすばらしいのではないでしょうか。

「杉本寺から東のほうを望んだ遠景」、鎌倉の谷戸のうちの、二階堂谷 と呼ばれている地域でしょうか。

再訪、ありがとうございます

runningWaterX 様

杉本寺は、その佇まいも仏像も、とても素晴らしいです。
杉本寺のパンフレットによると、仁王像は「運慶作」となっており
またご本尊の観音様などの作者に関しても、○○御作とはなっているものの
作者と実際の制作年代が合わないようです。
ひとつには、信仰において、本当の作者が誰であるかは
それほど大きな問題ではないのでしょう、
これだけお寺巡りをしていますと、
弘法大師御作の○○、というのをとてもよく目にしますし、それが本当なら
弘法大師は分身の術を使っていたに違いない、とツッコミを入れたくなりますし(笑)、
また、運慶作といっても、大きな仏像になりますと、実際に「ひとり」で制作したとは考えにくく
弟子を含めた一派で制作したとか、技術を継承した後の弟子たちで制作した場合もあると
思いますので、お寺の言い分と学術的な見解の相違があっても
それはそれ、と思って「見仏」しております(*^_^*)

鎌倉は初夏から梅雨の季節はとてもいいと思います。
たとえ雨が降っても、紫陽花と苔はさらに美しく映えますし。
ただし、人出も倍増し、駅周辺が大混乱となります。
(でも、こういう時期に「隠れた名刹」に行くと、とても素晴らしい経験ができます!)

鎌倉の地理には詳しくないのですが、二階堂と呼ばれるところは広くて、
杉本寺も地名は二階堂で、
杉本寺の前に訪れた覚園寺も二階堂ですが、
覚園寺のあたりは薬師堂ガ谷といったそうで、
今ちょっと調べたところ、鎌倉宮や永福寺跡のあたりのことを
二階堂谷といったようですね。

また杉本寺に戻りますが、杉本寺は「坂東三十三観音巡礼」第一番札所であり
(鎌倉観音巡礼の1番でもあります)
この「坂東」の「坂」は足柄や箱根のあたりの坂のことを意味するそうで、
そちらから東にあるお寺の巡礼になります。
関西には「西国巡礼」がありますよね。
西国が巡礼の始まりであり、頼朝が観音信仰していたことから関東でも
坂東が制定されたということです。
西国が貴族の巡礼、坂東は武士の巡礼、秩父は庶民の巡礼といわれるようで、
すべて合わせると百観音。
特に西国と坂東の札所は選びに選び抜かれた寺院ばかりだと思いますので
杉本寺は坂東第一番として、威厳に満ちたお寺に間違いないと思います。
プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
岩手復興支援でグルメ満載!「大船 to 大船渡」 2017/09/24
田んぼの土からキモかわいい生物発生!ホウネンエビ 2017/09/22
「月百姿」月岡芳年@太田記念美術館 2017/09/18
名作お寺番組再放送『古都浪漫こころ寺巡り』 2017/09/09
浄土庭園構想・・・ 2017/09/03
ハスの鉢増し、そしてこれからの庭作り 2017/09/02
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR