『仏像彫刻 入門』

「仏像女子」ムーブメントが起きている 受講者が全員女性のワークショップとは

Excite Bit コネタ 2015年8月30日 10時00分
ライター情報:寺西ジャジューカ

個人的に、みうらじゅんさんの書籍を愛読しています。特に、いとうせいこう氏との共著『見仏記』は、かなり印象深かった。仏像を"ロック"や"アート"として見る視点は、紛れもなく新鮮でした。

そして今、全く新しい角度から仏像を愛でるムーブメントが女性の間で巻き起こっているらしい。その名は、「仏像女子」! 略して「仏女」です。

現在、そんな彼女らにある体験講座が人気を博している模様。フェリシモが7月より販売を開始しているのは、『仏像彫刻 入門』(税抜3,800円)。

(・・・)



もぐままみたいなのを「仏女」というのか(*^_^*)
実態は「仏婆」だが・・・。

ただ一言。

「やりたい!」(´゜,_ゝ゜)

カルチャーセンターに習いに行こうかなぁ、と思ったこともあるのですが
彫刻刀とか道具から揃えないといけないんですよねぇ。


フェリシモ
佛師に習うにっぽんのいのり わたしの秘仏 仏像彫刻入門レリーフ編の会[3回予約ワークショップ]
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

良いですねー。こういう創作活動は見ているだけでもワクワクしますね。道具の調達など色々と手間もかかるとは思いますが、寺院仏閣巡りに並々ならない情熱を注ぐもぐままさんには是非自身の思い描かれる「仏女」道を突き進んで欲しいと思います。

・・・って勝手に言ってすみませんヾ(´▽`;)ゝ

仏像を彫る

ROWさん、こんにちは。

仏像彫刻の「通信教育」があるとはちょっと驚きですね(*^_^*)
カルチャーセンターで「仏像を彫る」というコースがあって
「あー、いいなぁ」と思って真剣に考えたのですが(笑)
日程が週末の土日か何かで、そこは巡礼の日だから、と(笑)。
でも、やってみたいんですよねぇ。
無心になって創作活動をするっていいですよね。
実は、生まれ変わったら仏師になりたいと内心思っているぐらいなんです(*^_^*)
プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
コスモスと石の寺 西国薬師 第3番 般若寺 2017/11/13
玄奘三蔵院ご開扉 西国薬師 第1番 薬師寺 2017/11/11
鑑真の情熱を伝える寺 唐招提寺 2017/11/08
うめだ阪急「イタリアフェア」 2017/11/02
大町阿礼作 WEB小説「北円堂の秘密」 2017/10/21
『運慶展』@東京国立博物館(平成館) 2017/09/29
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR