路傍のつる草

こんにちは。お花探偵(?)のもぐままです(*^_^*)
シルバーウイーク中、せっかくお天気には恵まれたのですが
鎌倉は大混雑であろうと、お庭の雑草引きをやっていました。
雑草といっても、自分にとって雑草なだけで、
草ひとつひとつには名前があり、名前のわからない雑草を
ネットで調べたりしていました。

ポーチュラカの葉っぱに似た多肉の丸っこい葉っぱの雑草が生えるのですが・・・

ポーチュラカ




その雑草の名前はスベリヒユ。
ああ、スベリヒユね。
ポーチュラカの和名がハナスベリヒユでしたね。
放っておけば綺麗な花でも咲かせるのかと
しばらく放置していたのですが、たいしたお花もつけず、
はびこるばかり。

しかーし!

何でも調べてみるものです。
スベリヒユを抜いてしまった後で知ったのですが(笑)、
スベリヒユは食用になるそうです。

食べられる雑草の最高峰「スベリヒユ」

ナヌ?こんなにパッとしない雑草が食べられるとな?!
雑草、野草の類には食べられるものもいろいろあるので、
災害の多い今日この頃、サバイバルのために
覚えておいて損はない豆知識ですね( ´艸`)

そんなことをしていると、お買い物に行く途中に
やはり名を知らない雑草を見かけると、
気になって仕方ありません。

近所の空地のフェンスに絡みついている蔓性植物のお花。

マルバルコウソウ


お花の特徴からネットで調べてみたらマルバルコウソウというそうです。
ルコウソウなら種を蒔いて育てたことはあるのですが、
葉っぱが全然違います。

ルコウソウ




そして、このオレンジのマルバルコウソウと絡み合うように
よく似た白い蔓性の小花が咲いています。

マメアサガオ2


マルバルコウソウに白花があるのかと思いましたが違うようです。

マメアサガオ1


どうやらマメアサガオというらしいです。

ところで、10年以上前の話になるかと思いますが、
ある日、家の中がとてもクサイ!
ベランダに出てみるも、悪臭が漂っているわけではない。
家の中のどこかだ。
各部屋を調べてみるが突き止められず、しかし、間違いなく
クサイのだ。
うっかり猫ちゃんに入られて○○○されちゃったんじゃないかとも
思いました。
子供たちに尋ねてみても、知らない、わからない、と。
で、玄関に行ってみると、つる草が無造作に置いてある。
ヘクソカズラじゃないかーっ!
もぐ息子、おまえかー!!
ということがございました(笑)。
(小学生の少年は何でも拾って帰ってきますよねぇ。)

ヘクソカズラ

ヘクソカズラ


「屁糞葛も花盛り」という諺があって、
『いやなにおいがあってあまり好かれない屁糞葛でも、
愛らしい花をつける時期があるように、
不器量な娘でも年頃になればそれなりに魅力があるということ』
という意味だそうです( ´,_ゝ`)

今の季節は実がなっていて、しかしこの実には薬効があって、
絞り汁はしもやけに効くそうです。
根を煎じると、下痢や肝臓病に効くとか。
有用植物なのに、あまりにもあまりな名前ですよねぇ(´~`ヾ)

ご近所で見つけた蔓植物をもうひとつ。

ヤブガラシ


私の知らない植物だったのですが、なんとか画像検索で突き止めました。
ヤブガラシという名前です。
とてもかわいらしい花をつけていたので目に留まったのですが
ウィキを見てみると、
『和名は藪を覆って枯らしてしまうほどの生育の旺盛さを示している。
別名ビンボウカズラ(貧乏葛)とも呼ばれ、その意味としては、
庭の手入れどころではない貧乏な人の住処に生い茂る、
あるいはこの植物に絡まれた家屋が貧相に見える、
またはこの植物が茂ったことが原因で貧乏になってしまう、
などの意味に解釈されている。』

お願い、うちの庭には生えないでぇ~~ヾ(・ω・`;)ノ

ヘクソカズラといい、ビンボウカズラといい、人さまは植物に
酷い名前をつけるものですねぇ^_^;
もうひとつ挙げるとすれば、オオイヌノフグリですよね( ´艸`)
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

畑をやっていると、種蒔いて芽が出るのを待っている植物と頼みもしてないのに勝手にわらわらと生えて来る植物を差別してしまっているのは人間のつまらんエゴだな〜とつくづく思います。雑草食は20年位前にちょっとやってみましたがいざとなれば食べれない植物の方が少ないように思います(^_^;)考えてみれば人類がこうやって生き延びて来られたのは野生にそれだけ食べれるものが溢れていたおかげなわけで〜(^_^;)更に言えば医食同源でありますね!(*^_^*)
雑草に比べると人の手にかかった植物(所謂農作物)は本当にひ弱ですね(人間も(^_^;))

Naoさん、こんにちは。

雑草と植木を自分で選別しながら、「これ、家族に頼んでも絶対にできないな。
雑草かどうか、植物を植えた人しか、何がなんだかわからないよね」(笑)
と、自分でノリツッコミしながら抜いています。
せめてもの「供養」に、と、「雑草」の名前を調べます(笑)。
道端にはススキなど風情のある雑草も目立ってきて、
雑草は雑草で寄せ植えにしてみてもおもしろいのではないか、
などとも考えたりもします(*^_^*)

雑草食・・・(≧∀≦)♪
私はせいぜいつくしやノビルぐらいですが、ハーブなんてのも
そもそもは雑草ですね。
人間も動物も、野山に生える植物の食べられる部分を食べて
命を育んできたのですから、雑草と呼ばれてしまう
実はちゃんと名前のある植物にも感謝ですね。
抜いても刈り取ってもしつこく根っこが生きている雑草魂、
あやかりたいと思います(´~`ヾ)

こんばんは。


色とりどりの花、形も様々でどれも個性的で美しいですね。私も暫く花の写真を手掛けていないのですが、何れまた撮影してみたい、と思いました。

しかし見た目は美しいのに名前からして文字通りの酷い臭いを放つ花、があるんですねえ・・・。それにしても当時のもぐままさんの息子さん、よく持ち帰る事が出来ましたね。ある意味武勇伝、とでも言うべきでしょうか・・・(違)。有効成分、が救いにはなりましたかね。

ビンボウカズラ、に纏わる言い伝えの一つはまるきり座敷童の逆を行っていますね^^;その当の花にとっては何もかもどこ吹く風、を決め込んでいると思うと中々シュールな気分にも陥ります。

ROWさん、こんばんは。

野の花は見た目が地味だからか、不当な扱いをされるのが多くて
かわいそうですよね。

ヘクソカズラについて調べていたら、そんなに臭くないじゃないか!と
書いている人もいて、うち、庭にも普通に生えてくるので時々抜くのですが
その時はそんなに臭わないんですよね。
でも、確かに、家の中にあった時はとんでもなく広範囲に異様な臭気が
漂っていましたヾ(・ω・`;)ノ

『折ったり切ったり揉んだりして組織が傷つくと、
中の成分が酵素で分解されて揮発性の成分になり、悪臭を放ちます』
ということなので、ちぎってきたものをしばらく放置した後、臭いが
出たのでは、と思われます。

雑草と呼ばれ、どこにでもはびこる草は、生き残るためのしたたかな、
つまり優れた生存能力があるのでしょうね(*^_^*)
プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
田んぼの土からキモかわいい生物発生!ホウネンエビ 2017/09/22
「月百姿」月岡芳年@太田記念美術館 2017/09/18
名作お寺番組再放送『古都浪漫こころ寺巡り』 2017/09/09
浄土庭園構想・・・ 2017/09/03
ハスの鉢増し、そしてこれからの庭作り 2017/09/02
横浜 三溪園の三重塔 旧燈明寺を探して 2017/08/31
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR