義経が「腰越状」を書いた寺 鎌倉 満福寺

江ノ電「極楽寺駅」からのりおりくんで「腰越駅」に移動です。
歴女もぐ娘がかねてから行きたかった満福寺(まんぷくじ)を訪れるためです。

鎌倉 満福寺 1


江ノ電の線路を渡ると満福寺です(*^_^*)

満福寺(真言宗大覚寺派・龍護山医王院満福寺)は天平16年(744)
行基が開山と伝わり、御本尊は薬師三尊です。
東国で疫病が流行し、行基が腰越で霊威を得て薬師如来を刻みました。
そのお薬師さまをお祀りすると病は去ったということです。
満福寺は病気平癒のお寺として信仰されてきました。

満福寺は、讒言(ざんげん)を受けた源義経が兄の頼朝との和解のため
鎌倉に入るべく、一時宿所とし、兄への手紙を書いたお寺です。
その手紙は「腰越状」と呼ばれます。

もぐ娘の目的は、もちろん義経ゆかりの地を訪れることと、
満福寺で、その「腰越状」が売られているらしいから欲しい、というのです 「(ーヘー;)?

もぐまま、何度も申しておりますが、歴史オンチでございまして、
その腰越状のことは最近テレビ番組で見て、初めて知った次第でございます。

階段を上がったところには山門。

鎌倉 満福寺 2


そして江ノ電が走るのが見えます。

鎌倉 満福寺 3


本堂です。

鎌倉 満福寺 5


右手には慈悲観音さま。

腰越状は弁慶が下書きをしたためたと伝わり、
本堂にはその様子を表した立派な欄間彫刻がありました。

鎌倉 満福寺 6


寺紋は源氏のゆかりを示す笹竜胆(ささりんどう)。

鎌倉 満福寺 8


御詠歌がかかっていて、満福寺は弘法大師相模二十一ヶ所霊場
第十五番札所ということです。

鎌倉 満福寺 9


札所はお馴染みのお寺が多く、これは巡礼できそうです(^^)/

弁慶が力試しに用いたといわれる「弁慶の手玉石」。

鎌倉 満福寺 7


こちらは義経と弁慶を彫刻で。

鎌倉 満福寺 4


後ろには「弁慶の腰掛石」というのがありますね。

200円で本堂内を拝観できます。
「御朱印はありますか?」と尋ねると、
「今書き手がいないので、書き置きになりますがよろしいですか?」と。
御朱印、ありました!
もちろんそれで結構です(*^_^*)

いただきました。

奉拝 義経 腰越状 
本尊 薬師如来
龍護山 満福寺

鎌倉 満福寺 御朱印


蓮の花の朱印で素敵です!

本殿内のショーケースの中に弁慶の筆による腰越状がありました。
また、弁慶の椀、錫杖(しゃくじょう)や、江戸時代の腰越状の実物大の
版木もありました。

本堂には、鎌倉彫の技法を取り入れ、義経の物語を描いた裏表32面の漆画、
位牌堂の格天井には色とりどりの花などが描かれていて実に煌びやかでした。
写真は・・・と思ったのですが、禁止とも書かれていないのですが、
その位牌堂などは恐らく檀家さんのプライベートな空間で、
まあ、「空気読んでね」という感じが漂っていましたので、撮影はしませんでした。
(娘にもたしなめられたし(苦笑)。)
客殿のようなところも拝観させていただけて、襖に鎌倉彫がどーんとはめ込まれていたりして
見応えがありました。

堂内の様子は満福寺のHPで、
もしくはNHK映像マップみちしるでご覧ください。

そうそう、もぐ娘所望の「腰越状」は・・・
200円でいただけました(*^_^*)

鎌倉 満福寺 腰越状レプリカ


江戸時代の版木による腰越状の縮小レプリカのようです。
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

こちらからも。

あの義経の腰越状が認められたお寺とは由緒ある歴史、をこれ以上なく感じますね。しかも開山が行基とは更にスケールが大きい。ぱっと見はコンパクトに収まっているんですが、背負っているオーラ、が途轍もなく広大ですね。様々な魅力側面を濃密に詰め込んでいる、という印象です。

石段の先にちらりと覗く線路と通過する江ノ電の、余すところなく敷地を活かし程好い密度に溢れた景観もまた私にはたまりません(ノ´∀`*)

おまけにまるで狙い澄ましたかのような件の腰越状の縮小されたレプリカに私の心はとどめを刺されました。いや参りました。素直に降参です(←されても困ると思う)。

今回の記事、色々な意味で「ギュッと濃縮」されてますね。何て綴っていたら濃縮還元されたポンジュース飲みたくなったり(←それ関係ないから)。

人気のお寺ではありませんが・・・

ROWさん、

満福寺は、いわゆる観光地化された鎌倉のお寺と違い、
参拝者は我々以外はおらず、静かに拝観できました。

檀家さんのための小さなお寺の風情でありながら、
背負っている歴史の大きさは、さすがは武士の都、鎌倉ですね!

鎌倉の定番観光地を訪れたら、次はこういった歴史旅、
いいですよね(*^_^*)

ROWさんの、のりつっこみ、恐れ入りました ゞ( ̄∇ ̄;)
プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
田んぼの土からキモかわいい生物発生!ホウネンエビ 2017/09/22
「月百姿」月岡芳年@太田記念美術館 2017/09/18
名作お寺番組再放送『古都浪漫こころ寺巡り』 2017/09/09
浄土庭園構想・・・ 2017/09/03
ハスの鉢増し、そしてこれからの庭作り 2017/09/02
横浜 三溪園の三重塔 旧燈明寺を探して 2017/08/31
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR