園城寺 三井寺が御井の寺たる由縁とは

三井寺、霊鐘堂。

三井寺 弁慶の引き摺り鐘1


「弁慶の引き摺り鐘」 奈良時代 (重文)

三井寺 弁慶の引き摺り鐘2


奈良時代の梵鐘、通称「弁慶の引き摺り鐘」。
俵藤太秀郷が三上山の百足退治のお礼に竜宮から持ち帰り、
三井寺に寄進したと伝わります。
後に、山門(延暦寺)との争いで、弁慶が奪って比叡山へ引き摺り上げて
撞いてみると「イノー、イノー」(関西弁で帰りたい)と響いたので、
弁慶は怒って、谷底へ投げ捨てました。
その時の傷痕や破目などが残っているということです。

伝説に伝説を重ねるようなお話ですが(笑)、
それほど弁慶は力持ちだったんでしょうね。
(→三井寺名物、三井寺力餅。)

閼伽井石庭

三井寺 閼伽井の石庭


三井の霊泉、閼伽井屋の隣にあるとても小さな石庭。
仙人が住み、不老不死の地といわれた蓬莱山を形取った石組です。
日本最古の石庭と書いてあるのですが、とても古いものであるのは
間違いないようです。
中央より、人、神仏、鶴、亀と配されているそうですが、
どれがどれでしょうね(*^_^*)
手前の大きいのは亀っぽいような^^

閼伽井屋 桃山時代 (重文)

三井寺 閼伽井屋1


金堂の脇に建つ閼伽井屋。

三井寺 閼伽井屋2


狭いので写真が撮りにくいのですが、
天智、天武、持統の三天皇の産湯に使われたという泉が湧く、
三井寺の名前の由来(御井の寺)となった霊泉です(三井の霊泉)。
三井寺に来たからには、ここはお参りしなければなりません。

内部は・・・

三井寺 三井の霊泉


暗いので十分には確認できないのですが、絶えず、ボコッボコッと
水の湧く神秘的な音が響いていて、三天皇の時代から絶えることなく
今も泉が湧いているのを目の当たりにすると、
これこそ伝説の証人になったような、感慨深い気持ちが湧き上がって
くるのでありました。

この閼伽井屋の上部には左甚五郎作といわれる龍の彫刻があります。

三井寺 閼伽井屋 左甚五郎作 龍の彫刻


わかりますかね?
とぐろを巻いた龍が右から左に向かって顔を向けていますね。
夜な夜な琵琶湖に出て暴れるので、目玉に五寸釘が打たれています。

金堂(本堂) 桃山時代 慶長4年(1599) (国宝)

三井寺 金堂(本堂)


出ました!国宝!です。
あまりに大きいので、バックして、バックして、写真を撮影している間に・・・
お坊様の出入りがあり・・・
ああっ、拝観終了の5時まであと10分ぐらいなんですが・・・
本堂の扉が・・・
閉じられました (´~`ヾ)

三井寺の総本堂、ご本尊の弥勒菩薩は天智天皇が信仰され、
絶対秘仏としてお祀りされています。
現在の建築は、豊臣秀吉の北政所により慶長4年(1599)に再建されました。
秘仏は拝見できないとしても、
内部の仏像が結構すごいらしくて、残念なことをしました。
でも、最近、もぐまま、お寺に心残りがひとつふたつあっていいと
思うようになりました。
西国は、二巡目をますます回りたいと思うようになり、
その時のお楽しみを残しておかなくちゃねぇ(*´-`)

そうそう、映画のロケですが、この金堂前で、
映画『利休にたずねよ』の「北野茶会」のシーンが撮影され、
200人のエキストラを伴って、市川海老蔵さん演じる利休と
大森南朋さん演じる秀吉が対決するという豪華絢爛なお茶会が
再現されたそうです。
これはぜひ見たいです(*^_^*)

三井寺 利休に尋ねよ ロケ


鐘楼(三井の晩鐘) 桃山時代 (重文)

三井寺 三井の晩鐘1


近江八景のひとつの三井の晩鐘。

三井寺 三井の晩鐘2


三井の晩鐘は「日本三銘鐘」の一つだそうで、 形の平等院、銘の神護寺、
音の三井寺といわれるようです。
また、環境庁による「残したい日本の音風景100選」にも選定されています。
拝観時間終了間近で、ゆっくりと拝見することもできなかったのですが、
この偉大で、日本一美しい音色の鐘、なんと300円で撞くことができるみたいです。
(これも次回の宿題です~(笑)。)

釈迦堂(食堂) 室町時代 (重文)

三井寺 釈迦堂


5時を告げる鐘の音が聞こえてきました。
もしかするとあの三井の晩鐘でしょうか。

大門(仁王門) 室町時代 宝徳4年(1452) (重文)

三井寺 仁王門1


湖南市石部町、常楽寺の門が秀吉によって伏見に移され、
慶長6年(1601)に家康によってここに建てられたそうです。

三井寺 仁王門3 三井寺 仁王門2


秀吉と家康に護られた園城寺・三井寺。
立派な大寺でございました。

しかし、もぐまま、「拝観最後の一人」率、めちゃくちゃ高いです( ´艸`)

仁王門を出ると、時空の旅から現代に帰還です。
大津の街に、ものすごく大きくて美しいお月さま。

大津の街


琵琶湖の上を昇りゆく、ほぼ満月のお月さま。
なるほど、三井寺が観月の名所であるのが頷けます。
石山寺と三井寺参拝、たくさん歩いてくたくたでしたが、
旅の最後に最高のご利益をいただいた気分です(*´-`)

ご詠歌

いでいるや 波間の月を 三井寺の
鐘のひびきに あくる湖
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
コスモスと石の寺 西国薬師 第3番 般若寺 2017/11/13
玄奘三蔵院ご開扉 西国薬師 第1番 薬師寺 2017/11/11
鑑真の情熱を伝える寺 唐招提寺 2017/11/08
うめだ阪急「イタリアフェア」 2017/11/02
大町阿礼作 WEB小説「北円堂の秘密」 2017/10/21
『運慶展』@東京国立博物館(平成館) 2017/09/29
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR