「芭蕉の池」発祥地 西国三十三所 第12番 正法寺(岩間寺)

年末ですが、西国三十三所 第十二番札所 岩間山(いわまさん) 正法寺(しょうほうじ)
通称岩間寺(いわまでら)を訪れました。
今回は車があるのでドライブ巡礼です。
というのも、この岩間寺にお参りしようとすると、JR、京阪石山駅からバスに乗り、
下車後徒歩50分、もしくは、毎月17日のご縁日に出るシャトルバスに乗るしか
行きようがないからです。

岩間寺は標高450mの山寺です。
山に上る途中で琵琶湖が見えました。

正法寺岩間寺1


林道のような道を走ります。

正法寺岩間寺2


徒歩50分コースでお参りされるかたがどれくらいあるのかわかりませんが、
いずれにしても、大変な登山になるのは間違いないと思われます。

駐車場に車を置きました。

正法寺岩間寺3


この眺望です!

境内図

正法寺岩間寺4


山寺にしては広いですし、琵琶湖も近いんですね。
調べてみましたら、琵琶湖の水面の標高が84.371m(ウィキによる)だそうで、
琵琶湖はそもそもかなり標高の高いところにあるんですね。

終(しまい)観音と初観音の案内が出ていました。

正法寺岩間寺6 正法寺岩間寺5


岩間寺は、ぼけ封じ近畿十楽観音霊場第四番札所、
びわ湖百八霊場湖西二十七古刹第二番札所でもあります。
本堂に行くまでに、ぼけ封じ観音さまがいらっしゃいました。

正法寺岩間寺7


ぼけ封じ 近畿十楽観音霊場めぐり

正法寺岩間寺8


第一番札所は、洛陽観音、西国三十三所の札所でもある今熊野観音寺
第六番札所は、西国の総持寺です。
岩間寺では、年2回の法要で、もぐさを置いたほうろく(素焼きの皿)を頭に乗せる
ぼけ封じほうろく灸の儀式が行われるそうです。

後ろの鐘楼は撞いてもよい鐘でした。
鐘を撞いたんですが、低音がものすごくよく響く鐘で、
長い間余韻を聞くことができました。

ぼけ封じ観音の前にある「白姫龍神」。

正法寺岩間寺9


「ぬりかべ」みたいな(笑)巨大な四角い岩なんですが、
なんとこれが「美人祈願」の岩なんですって!

白姫(白山比咩)龍神
開山泰澄大師が加賀の白山で修行中 白馬に乗った美女に会って 尋ねられると 「余は白山妙理大権現である。」と言われ ありがたく感じた。大師は当岩間山に白姫龍を勧請された。女人がこの神を崇めると美女になると伝承されている。


(立て札より)

仁王像のある参道

正法寺岩間寺10


大きなイチョウの木のある稲妻龍王社が見えてきました。

正法寺岩間寺11


稲妻龍王は岩間山の護法善神で、この銀杏に住んでいて
水を司り、雷難、火難を除き、大魔から護ってくださるそうです。

大師堂(昭和60年再建)

正法寺岩間寺12


開山泰澄(たいちょう)大師と宗祖弘法大師がお祀りされています。
後ろが崖になっており、プチ懸造り仕様です^^

手水舎

正法寺岩間寺13


お寺は龍神とご縁があるのですよね。

本堂

正法寺岩間寺14


本堂は天正5年(1577)の再建。
養老6年(722)に泰澄大師が開山した勅願寺です。
元正(げんしょう)天皇の病気を治し、勅を受けて、霊地を求めた泰澄が
この地で桂の大樹と出会います。
その樹から、仏教の呪文である千手陀羅尼(せんじゅだらに)が聞こえて霊力を感じ、
千手観音を刻みました。
元正天皇の念持仏を胎内に納め、本尊としてお祀りしたのが始まりです。

正法寺岩間寺15


向かって左手の納経所で入山料を納めます。
ご本尊は創建時の胎内仏で秘仏。高さ15cm程のエンブダゴン(印度エンブ川より
採れる砂)金銅千手観音立像です。
エンブダゴンというと、そう、善光寺御開帳で額にいただいた御印文がエンブダゴンで
できていたのですよね。
金色に輝くお前立ちの千手観音さまは拝見できます。
脇侍として、泰澄大師が桂の樹に刻んだという一木造りの婆蘇(ばそ)仙人(千手観音
の眷属二十八部衆の一)、吉祥天もおられます。

ご本尊は「汗かき観音」とも呼ばれ、毎夜厨子を抜け出て、本堂下から山腹に抜ける穴を通り、
衆生救済ため、136の地獄を駆け巡り、日の出頃汗びっしょりで戻られるそうです。
度々の落雷に苦しめられていた岩間寺ですが、泰澄が法力で雷神を封じ込め、
落雷がなくなったという伝説があり、雷除け観音、厄除け観音の信仰もあるそうです。

お参りを終え、御朱印をいただきました。

正法寺岩間寺 御朱印


本堂脇には池があります。

正法寺岩間寺17


「観音霊験記」によると、松尾芭蕉が岩間寺に数日籠り、ご本尊の霊験を得て、
焦風を確立したと伝わるそうです。

正法寺岩間寺19


「古池や蛙飛び込む水の音」を詠んだ「蛙池」です。

正法寺岩間寺18


現在の池には小さな滝があって、「静寂の池」というわけではなかったです( ´艸`)

本堂前の「夫婦桂」

正法寺岩間寺16


「御本尊出現之霊木」の三代目となるそうです。

本堂前にはこんな案内が。

正法寺岩間寺20


この先に、千年余りの歴史を現代に伝える桂の大樹群があるそうです。
ほんとうに桂がたくさん茂る場所なんですね。
これは行ってみなければ(*^_^*)

桂谷大樹

正法寺岩間寺21


これですっΣ(゚д゚;)
冬なので葉が落ちて、元気なのか枯れているのかわからない状態ですが、
逆に、巨大な株となり、その枝の密な茂り方がはっきりと見て取れました。
深い谷になっており、谷の底には小さなお社があるのですが、
その気になれば、株の近くまで行けるのかもしれませんが、
危険が伴いそうですし、神聖な場所のようなので、上から眺めていました。
圧巻ですよ!
日本一の長寿桂として、宇治の名木百選に指定されています。
(岩間寺は住所は大津市なんですが、宇治市との境界にあり
この場所は「宇治」なのかもしれません。)

そしてこんな標識が。

正法寺岩間寺22


「上醍醐寺」!
なんと、この森を通ると第11番札所の上醍醐に抜けることができるんですね。
つまりは古来の巡礼道でしょうか。
他の標識には6kmとあったように思います。
意外と離れていないんですね。

それから奥宮神社にはびわ湖展望台がある、ということなんですが、
徒歩10分とか。
行こうと思えば行けなくはないんですが、駐車場に車を止めた時は
暖かくて助かるなぁと思ったのに、この谷へ入ってくると急激に寒さを感じました。

なんたって・・・

正法寺岩間寺23


ここ、氷張ってますわ~^_^;
地面もザクザクに霜が降りていて。
足元から冷えてきてしまったので、無理はしないで
ここでお参りを終えることにしました。
岩間寺、地味なお寺と思いきや、意外と見所満載でしたね(^_-)
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

岩間寺

もぐままさん、こんにちは^ ^

ガイドブックに徒歩で1時間とありましたが、平地ではなくて上り坂になるのですか?
同じ1時間でも平地と登りでは大違い(~_~;)

西国の札所は楽させてくれませんね〜(^^;;

大変です・・・

よくろべさん、こんにちは。

京阪バス「中千町」バス停を地図で見てみると、車で走った道を
徒歩で、ということのようです。
ハイキング道のような別の道はなさそうです。

徒歩になりますと、恐らく住宅地のようなところにあるバス停から
この写真にあるだらだら坂道車道を歩くということになるのだと思います。
あまりスピードを出さず坂道を上って走ったので、車でもけっこう時間がかかりましたよ。
(徒歩50分より、1時間以上、というほうが正しいかもしれません。)
あまりお勧めできないかんじです(汗)。

もぐぱぱにも尋ねてみましたが、シャトルバスが出る日でなければ、
ここはレンタカーを借りて走るほうがいいのじゃないか、と。
レンタカーで岩間寺、石山寺、三井寺と、一日で回れば
効率はいいですね。
岩間寺をバス+徒歩にすると、この三つのお寺を一日で回るのは
無理かと思われます(>_<)

ほんと、西国は厳しいお寺ばかりですね^^;
プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
鎌倉 杉本寺の四万六千日(散華撒きと大法要) 2017/08/12
鎌倉 長谷寺の四万六千日 2017/08/10
8月10日は「鳩の日」 鳩サブレー、今年の限定商品は… 2017/08/08
「最後の浮世絵師」月岡芳年@横浜市歴史博物館 2017/08/03
快慶作の文殊菩薩 安倍仲麻呂と安倍晴明ゆかりの寺 安倍文殊院 2017/07/19
桜井遺跡散策 メスリ山古墳から安倍寺跡へ 2017/07/14
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR