西御門 八雲神社

来迎寺の道案内を曲がると、正面に来迎寺が見えました。

でも、そのすぐ手前に「八雲神社」という
あまり目立たない神社なのですが、道すがら
せっかくですからお参りしました。

至って簡素で、いささか放置されている感のある
八雲神社。

八雲神社1


でも、ちゃんと説明書きの立て看板があります。

八雲神社2


西御門 八雲神社

祭神 須佐男命(スサノウノミコト)

建立は定かではありませんが『風土記稿』に因れば宇大門の
天王社がもとだと考えられます
現在の社殿は天保三年の建造だと言われています
須佐男命は『古事記』『日本書紀』でも知られる神様で
特に須佐男命は乱暴で天照大神が怒って天の岩戸に隠れた
神話や八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治した伝説はよく知られています


天保三年というと1832年、長きに渡り、社殿が残っているのですね。
スサノオノミコト、久しぶりに聞いた名前だなと、ちらりと調べてみると
そもそも全国にある八雲神社は、祭神はスサノオノミコトであると。
そして、総本社は京都の八坂神社である。
ほぉ~、なにげないことでも、調べてみると面白い発見があるものですね。

さすがは鎌倉。
こんなに小さくて目立たない神社にも
鎌倉市指定の有形文化財があるんですね。

八雲神社3

(延宝8年は1680年。)

八雲神社4


こういう寂れた感じの建物に
どういうわけか魅力を感じます(*^_^*)

八雲神社5

八雲神社6
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
快慶作の文殊菩薩 安倍仲麻呂と安倍晴明ゆかりの寺 安倍文殊院 2017/07/19
桜井遺跡散策 メスリ山古墳から安倍寺跡へ 2017/07/14
天平のイケメン仏像 国宝十一面観音 聖林寺 2017/07/12
秘仏・談峰如意輪観音の特別公開 談山神社(4) 2017/07/05
大阪 都島神社の大祓式 2017/06/30
期間限定御朱印と紅葉おみくじ 談山神社(3) 2017/06/28
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR