鎌倉幕府跡巡り 江戸時代の道

頼朝の墓の隣には、こんな立派な木が生えています。
相当古いですね。

頼朝の墓の木


その横には墓標のようなものが・・・。

石塔道


その時、地元のボランティアのかたが
声を掛けてくださいました。

「地元のものです。それ、お墓みたいに見えますよね。
でも、実は、お墓じゃないんです。」

その石碑にはこのように刻まれています。

『元祖島津豊後守忠久石塔道』

「道しるべみたいなものですね。
島津忠久のお墓に続く道ですよ、と。
江戸時代に作られた道です。
100メートルほどの道ですから行ってみられるといいですよ。
やぐらのお墓が三つあって、一番右が島津忠久です。
その下に、広い公園のようなものが見えますが
発掘調査で、北条義時の法華堂跡とわかりました。」

島津忠久っていう人は、鎌倉幕府の御家人で
1186年(文治2年)、南九州の大荘園である島津荘の地頭職を与えらた。
島津氏初代。
(ああ、石碑の『元祖』とはそういう意味なんでしょうね。)
島津家の史料では、
「摂津大阪の住吉大社境内で忠久を生んだ丹後局は
実は源頼朝の側室で、忠久は頼朝の落胤」とあるそうですが
否定的な意見が多いらしいです。
この頼朝の墓一帯は、1779年(安永8年)に、薩摩藩主島津重豪によって整備された
ということです。

江戸時代の道1


江戸時代の道とな。
娘、ヒール履いているけど行けるのかな?
「行ったことある。すぐそこ。大丈夫。」

石段でもなく、土でもなく
岩盤を削ったような、がたがたでつるつる(?)の
バランスを崩してしまうような、とても歩きにくい道です。

江戸時代の道2


何か道の上にぽちぽち落ちてますし、
上から何やらぱらぱら落ちてきます。

「何、これ?」

頭上を見上げると
「あ、犯人はおまえか!!」


にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)


江戸時代の道犯人


またおまえか・・・。

[広告] VPS


こいつが削ったんでしょ。

ボランティアのかたが、「この周辺は、自然の景観を守るために
住宅などが建てられないように制限があるんです」
っておっしゃっていたのですが
ここに自然破壊してるのがいますよ。
食べているのか、趣味なのか、木の皮がこんなに剥げちゃって。

ああ、やっぱり。
鎌倉では、タイワンリスは害獣扱いなんですね(´・ω・`)
関連記事

テーマ : 史跡巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
達成感あり!山岳寺院の奥の院 西国薬師 第8番 室生寺(2) 2017/11/22
紅葉真っ盛り 西国薬師 第8番 室生寺(1) 2017/11/21
コスモスと石の寺 西国薬師 第3番 般若寺 2017/11/13
玄奘三蔵院ご開扉 西国薬師 第1番 薬師寺 2017/11/11
鑑真の情熱を伝える寺 唐招提寺 2017/11/08
うめだ阪急「イタリアフェア」 2017/11/02
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR