『京の冬の旅』徳川家菩提所、浄土宗総本山 知恩院

浄土宗総本山知恩院の『京の冬の旅』拝観受付は午後3時40分まで。
バスを知恩院前で降りて、余裕!と思っていたら、知恩院は「懐」が深い(汗)。

三門(国宝)

知恩院2


わが国現存の木造建築として最大級の二重門です。
「華頂山」の額の大きさは畳二畳以上あるそうです。

三門のところにある賽銭箱

知恩院3


堂々たる三つ葉葵。
徳川家は古くから浄土宗に帰依していて、家康は知恩院を永代菩提所とし、
現存する大伽藍の多くは徳川家によるものです。

三門の向こうに見えるのは急な石段の男坂。

石段を上がったところに御朱印所がありました。
拝観後では御朱印所が先に閉まってしまうのではないかと
(確認したところ4時10分頃に閉まるとのこと。三門が閉じられるのが4時20分)
先に御朱印をいただきました。

知恩院 御朱印


3種類あるのですが、一番ポピュラーな「法然上人」で。

さて、今回の『京の冬の旅』で公開されるのが、
大方丈(おおほうじょう)、小方丈(こほうじょう)、方丈庭園です。

知恩院1


法然上人御堂が拝観入口です。

知恩院4


お彼岸の法要も執り行われています。

重文の大方丈、ガイドのかたによる最終回の説明中だったようで、最初のほうを聞き逃して
しまいました。

知恩院6


大方丈は寛永18年(1641)三代将軍家光が創建。
「鶴の間」は54畳の広さ!狩野派による障壁画で彩られています。
「菊の間」の狩野信政による襖絵、「抜け雀」といって、数羽の雀が描かれた
跡のようなものしか残っておらず、あまりに上手に描かれたので
飛び去ってしまったといわれています。

鴬張りになった廊下をキュッキュッと鳴らしながら小方丈へ。
小方丈(重文)は寺院というよりお城のお部屋かと思うような佇まい。

知恩院7


部屋によって、格天井(ごうてんじょう)、折上格天井、二重折上格天井と
対面者の格式によってお部屋の仕様が違えてあります。

方丈庭園に出てみます。

唐門

知恩院5


唐門の後ろが「忘れ傘」が有名な御影堂ですが、平成24年から31年まで
大修理中です。

大方丈

知恩院8


↓画像左手にあるのが昭和天皇お手植えの松。

知恩院9


方丈庭園は、小堀遠州と縁があったという僧・玉淵(ぎょくえん)の作庭と伝わります。

↓こちらは三代将軍家光公お手植えの松。

知恩院12


三代目だそうですが・・・。

二十五菩薩の庭

知恩院10


知恩院所有の「阿弥陀如来二十五菩薩来迎図」を基にしたもので、
臨終の際の浄土へのお迎えの様子を表したものだそうです。
石が阿弥陀如来と二十五菩薩、植え込みが来迎雲です。

奥に見えているのは権現堂。

権現堂

知恩院11


徳川家康、秀忠、家光の霊を祀る廟宇です。

そうこうしている間に参拝時間終了のお知らせのアナウンスがありました。
女坂から下ります。

知恩院13


『京の冬の旅』、スタンプラリーも行われていて、3ヶ所回ると
「ちょっと一服」の接待が受けられます。
前回訪問と合わせ、スタンプが埋まったので、せっかくですから・・・( *´艸`)



ミルフィーユってなってたんですが、パイ生地じゃなくて、ブリオッシュのパンみたいな
ものでした(*^^*)
関連記事



にほんブログ村に参加しています。
今日の記事がおもしろかったら、ぽちっとお願いいたします。
励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

ツイッター始めました!
神社仏閣、鎌倉情報を中心に「ツイート」「リツイート」しています。
よろしかったらこちらにもお立ち寄りくださいね(*^_^*)

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

知恩院

もぐままさん、こんばんは(^_^)

知恩院、中に入った事がないのですよ〜。
何時もちょっとそれた方に行ってしまいます。

だから、ブログにあげて頂くととっても嬉しいです\(^o^)/

いづれは行くと思うんですが〜。
それまでのお預けって事で(=^ェ^=)

じじまるさん、こんばんは(^^)

いやいや~、実は私も今回初参拝で^^;
「総本山」や「大本山」と呼ばれるような大きな寺院は信徒さんのための寺院という
色彩の濃いところもあり、「観光寺院」ぽくないところもありますよね。
こういった特別公開イベントで一般人があまり訪れることのできない場所を
拝観させていただけるのはとてもありがたいです。

知恩院が徳川家の菩提寺であるというのも、三つ葉葵を見て初めて
わかったというか・・・(^o^)

いろいろと知らないことだらけ、お寺巡りにはいろんな発見があるというのが
また楽しい部分でもありますね。
京都はやっぱりいいです!
気持ちをさっぱりとリフレッシュすることができました(*^^*)
プロフィール

もぐまま

Author:もぐまま
大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、幕末歴女のもぐ娘や鉄分多めのもぐぱぱを道連れに、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
ツイッターはこちらから。
*追いかけ更新をしている時がございます。ご了承くださいませ。
*画像の個人利用はご自由に♪転載の場合はお声掛けください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
大町阿礼作 WEB小説「北円堂の秘密」 2017/10/21
『運慶展』@東京国立博物館(平成館) 2017/09/29
横浜の地下迷宮!定泉寺「田谷の洞窟」 2017/09/28
岩手復興支援でグルメ満載!「大船 to 大船渡」 2017/09/24
田んぼの土からキモかわいい生物発生!ホウネンエビ 2017/09/22
「月百姿」月岡芳年@太田記念美術館 2017/09/18
最新コメント
Twitter
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。当ブログは以下のカテゴリーに参加しています。一日一回どちらかのバナークリックが有効です。何かお役に立つ情報がありましたら応援クリックが励みになります。ありがとうございます。
検索フォーム
お探しのお寺などの名称を入力してください
月別アーカイブ
神奈川の天気予報

鎌倉情報・巡礼情報リンク
OKADOさん、リスペクトです!
ブロとも一覧

東京ぶらぶらり

御朱印もとめて鎌倉散歩

行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

よくろべ(じじまる)のお寺さん巡り
鎌倉情報 注目記事
子宮頸がん予防ワクチンを受ける前に
私はひとりの女の子の母親として、子宮頸がん予防ワクチンに疑問を持っています。 もし、ご家族に女の子がいらっしゃいましたら、ぜひみかりんさんのブログにお立ち寄りいただき、お読みいただけましたら幸いです。
みかりんのささやき
お勧めガイドブック

頼りになる地図はこれ!


鎌倉三十三観音巡り<改訂版>


歴史とルートをもっと詳しく

「御朱印」で検索
いらっしゃいませ
あなたは

人目のお客様です
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR